キーワード・エリア
検索条件選択
オンラインサービス / 種別
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
/市区町村の選択
ジャンル
福岡

【福岡・薬院大通】季節の食材で変化する羊のラヴィオリ?隠れ家でワインを楽しむ『フィリペペ』とは

 福岡でもおしゃれなお店が多い薬院大通り界隈。隠れ家的な名店も軒を連ねるこのエリアに、六本松からイタリアンの名店が移転してきたと聞きつけて、早速お邪魔してきました。お話をうかがったのは代表の窪田さんです。

より良いサービスのための移転

――六本松では3年くらい営業されていたそうですね。どうしてここに移転されようと思われたのですか?

 「前の店は客席が1階と2階に分かれていてサービスがしづらかったですし、厨房も狭くて魚をさばくのも一苦労だったので、それで移転することにしました。ここに決めたのは、時を重ねた建物が好きだったからです。」

――確かにこの建物は昭和の趣きがありますね。そこに木を基調とした内装がマッチしていて素敵です。

 「実はおじいちゃんの大工さんに怒られながら、僕も一緒に内装をやったんです(笑)。床の9割は僕が自分で敷いたし、テーブルも作っちゃいました。」

――自分で作ったんですか?床もテーブルも!?すごい、料理人の仕事とは思えない完成度!ご自分で作るのがお好きなんですか?

 「結構好きですね。休みの日にはホームセンターで材料を買って、メニューボードを作ったり…なんだかんだでお店のことをやっています。この店はウォークインのワインセラーがあるのも自慢です。およそ40種類のワインが保管してあります。ボトルにはタグをつけてあるので、ワインに詳しい方はご自分で選ばれたりもするんですよ。」

フレンチとイタリアンを経験

――もともとフレンチの修行もされていたそうですね。

 「最初に入ったのがフレンチのお店でした。その後イタリアンも勉強して、どっちの料理が自分に合うか考えたときにやっぱりイタリアンだと思うようになって、今はイタリアン一本です。」

――フレンチとイタリアンって同じヨーロッパの料理ですけど、やっぱり違うものですか?

 「うーん、どっちかというとフレンチは細かい作業が多いですよね。料理自体も、食べながら「ここにアレがある!」「こんなところにこんなものが隠れてる!」なんていうのを楽しむところがある。その点イタリアンは一皿でどーん!と勝負する感じがします。わりと豪快でわかりやすいところが僕の性に合ってるかなあ、と…上手く言葉にできないですけど。」

――あー、なんかわかるかも!イタリアンって親しみやすさがあっていいですよね。

イチオシは“羊のラビオリ”

――フィリペペのこだわりはどんなところですか?

 「鮮度のいい海鮮系の食材や、手づくりのパスタ、それからデザートですね。以前魚屋さんで働いたことがあって、その時のお店から新鮮な魚を仕入れています。特にカルパッチョなんかは素材が大事ですからね。」

――うわー、おいしそうですね!すごく気になるのがパスタなんですけど、特にイチオシのメニューはどれですか?

 「皆さんに一度は食べていただきたいのが、羊のラビオリです。ラビオリは生地の間に具材が入っているパスタで、半月状のものや餃子みたいなものもあります。羊のラビオリは羊のミンチにスパイスを加えた具材を2枚のパスタで挟んで、ギザギザに切り分けたものです。イタリアンパセリとパルミジャーノとクリームのソースが良く合うんですよ。今日はランチのお客さまが羊のラビオリを召し上がって、そのまま夜のお食事の予約をして帰られました。」

――これはランチでも食べられるんですか?そしてお昼を食べたお店に夜も来たいと思うお客さまがいるなんて、相当おいしい証拠ですね!ランチセットはメインのパスタにサラダとスープがついて、満足感が高そうです。さらにプラス500円でデザートとコーヒーもつけられちゃうなんて、女性にはたまらないですね~!

 「ミルフィーユやババロアなど、デザートも1つ1つ手づくりしています。僕は出身が熊本の天草なので、天草のミカンを使ったデザートもありますよ。全てのデザートに添えるジェラートも手作りです。」

手間を惜しまぬ姿勢に脱帽

――ジェラートもいろいろ種類があって楽しいですね。ところで、このカルダモンのジェラートって初めて見たんですが、どんな味なんですか?

 「カルダモンはカレーにも入れるスパイスなんです。お酒にも合うような構成にしようと思って作りました。口に含むと最後にカルダモンの香りがフワッと来るんですよね。」

――いいですね~、すごくおしゃれ!でもジェラートって普通のアイスと違って、作るのに手間がかかりません?パスタも生地から手づくりですし、大変じゃないですか?

 「全部一人なので否定はしませんが…でも楽しいので(笑)。」

――うっ、今の一言ズキュン!と来ました(笑)。本当に料理が好きなんですね。こういうお店には週末の夜に来たいなあ。愛情たっぷりのイタリアンとワインで癒されたいです!

 「あらかじめご相談いただければ、コース料理のご用意もできますよ。アットホームなお店なので、1杯からでも気軽にいらしてください。ご来店、心よりお待ちしています!」

店舗名 フィリペペ (filipepe)
住所 福岡県福岡市中央区警固3-1-28 3F
電話番号 092-776-8371
アクセス 福岡市営七隈線薬院大通駅1番口から徒歩4分
営業時間 ランチ 11:30〜14:00 / ディナー 18:00〜21:00
定休日 不定休
ホームページ https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40047278/
SNS
店舗詳細はこちら