キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
福岡

【福岡・博多】ヤカン営業やってます!『博多一刻堂』は美味しいご飯と人の好さが命

福岡市博多区。中洲川端駅から徒歩5分のところに、深夜3時まで営業している和食居酒屋があります。2017年8月26日オープンの『博多一刻堂』です。入り口には謎のヤカンのオブジェがあり、“ヤカンのお店”として有名なのだとか。今回は代表の山根さんにお話を伺いました。

お客様第一!“スタッフ一人ひとりが店長”のお店

『一刻堂』は、2001年から清川で長年愛されてきた居酒屋です。この度、店舗の老朽化に伴い博多に移転、『博多一刻堂』として看板を掲げ新規オープンすることとなりました。以前の店舗に比べると、この土地は集客が難しい土地柄だと山根さんは考えています。だからこそ、スタッフには一人ひとり「自分が店長という心構えで、責任をもって接客するように。」と指導しているそうです。“おいしいごはん創ります。”をキャッチコピーに掲げ、種類豊富なメニューとスタッフの細かな心配りを大切に営業しています。

ヤカンのオブジェが目印

『博多一刻堂』のシンボルは入り口のヤカンのオブジェ。これはかつて同店が明け方の5時まで営業していたことから“夜間営業”と“ヤカン”をかけたのだとか。現在も18時から深夜3時まで営業しており、この夜間営業は0時を過ぎてから入店したお客様にもゆっくりお食事を楽しんでもらえるようにとのこと。
また『一刻堂』という名前の由来も“お客様の大切なひと時=一刻”から、楽しい時間を過ごしてもらえるようにと名付けられたそうです。全てはお客様のため…同店の心意気が随所に感じられます。

お客様の顔が見えるカウンター

山根さんが大阪での修業時代に培った、今も大切にしている信条のひとつに“お客様の反応を見る”ということがあるそうです。「自分の作った料理を自分で運んで、最初の一口を見てきなさい。」と教わったことから、同店ではお客様の顔や反応をよく見て、その気持ちを察するよう心掛けているのだそう。だからこそ、このカウンターはお客様の顔が見えるように設計されているのだとか。個室は4名席の完全個室が1部屋、4名~12名まで人数に応じた半個室が2部屋あります。和の雰囲気を漂わせる落ち着いたデザインが、ゆっくりくつろげる空間を演出しています。

おすすめが多すぎ!悩める豊富なメニュー

同店のおすすめ料理は種類が多すぎてとても語り尽くせません。日替わりメニューも豊富なので、お客様には迷う時間を楽しんでもらいたいとのこと。その中でも人気のメニューをいくつかご紹介します。

▲くえ(あら)鍋

まずは“くえ(あら)鍋”です。幻の高級魚と呼ばれる“くえ”を一本買いで仕入れ、頭から尻尾まで余すところなく使った贅沢な一品です。くえの旨味とお出汁がベストマッチし、他の具材をより一層引き立てます。くえは肉のような食感の白身魚で、鍋のほかにも炙り、唐揚げ、骨蒸し、煮つけなど様々な調理法で提供しています。同店では一年を通して、くえを味わうことができますよ。

▲あら炙り
▲和牛カルビの肉じゃが

“和牛カルビの肉じゃが”は、和牛カルビをゴロゴロ煮込んだ肉じゃがで、普通の肉じゃがとは満足度が違います。もうお肉がメインなのかジャガイモがメインなのか、そんな贅沢な悩みに苛まれるほどの絶品メニューです。
また、 まろやかでさっぱりした脂の風味が特徴の宮崎県産“日向あじ豚”を使用した、“豚バラの炭焼き”もおすすめです。脂身が苦手な方は多いと思いますが、その脂身こそ一番美味しく味わえる一品です。

▲いかの活け造り

他にもお刺身、イカ、もつ鍋、水炊き、フグ料理など、おすすめの料理は沢山あるものの、迷ったらお味噌汁を飲んでほしいとのこと。同店はお出汁に力を入れており、あご、昆布、カツオなどでじっくり抽出した出汁をお料理に使用しているので、お味噌汁一つをとっても群を抜いて美味しいのです。それでも迷った時は、メニュー表の“オレンジ色の丸”を探してみてください。あまりにも多いので、すぐに見つかりますよ。それらが、日替わりや旬のものなどお店が特に推しているメニューだそうです。

そんなメニュー表に関するお得情報をひとつ。実は、同店ではレシピを公開しているものもあるそうです。山根さんの気まぐれでメニュー表に登場するので、お見逃しなく。お気に入りメニューをお家で再現してみてください。

新店舗オープンを目指して

今後の展開としては、2~3年以内に新店舗をオープンしたいとのこと。新店舗はもう少しスマートな、何かに特化したお店を考えているそうです。「おすすめメニューは何かと聞かれたら一つに絞れないけれど、一番のおすすめはスタッフのサービス精神です。どうぞご意見ご要望をどしどしおっしゃってください。今は無理なことでも考えることはできるので、うちに来たからには我儘を出し切ってください。」と最後に語ってくださった山根さん。お客様との距離も近く、お客様第一の『博多一刻堂』だからこそ言える言葉ですね。
ゆっくり絶品和食の数々を堪能したい時はもちろん、ハシゴ酒の〆にもう一軒!と思った時も、ヤカンが目印の同店に足を運んでみてはいかがでしょうか。出汁が効いたお料理の数々に、幸せな気持ちで帰れるお店です。

店舗名 博多一刻堂
住所 福岡県福岡市博多区古門戸町2-4 KSコモンドビル 1F 
電話番号 092-710-6710
アクセス 地下鉄空港線中洲川端駅から徒歩5分
営業時間 18:00~翌3:00
定休日 火曜日
ホームページ https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40030428/