キーワード・エリア
検索条件選択
オンラインサービス / 種別
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
/市区町村の選択
ジャンル
北海道

【北海道・札幌】南郷7丁目 キッシュがおいしい一軒家カフェ『Shami coffee&b’』に行ってみた!【テイクアウト可】

 札幌市立南郷小学校のほど近くに、花や木が生い茂るお洒落なカフェがあります。それが今回ご紹介する『Shami coffee&b’(シャミコーヒー アンドビー)』です。同店の自慢は、大豆にフォーカスしたヘルシーなキッシュ。そんな特製のキッシュはテイクアウトも可能です。

 店主の沙弥(しゃみ)さんにお話をうかがってきました。

キッシュをメインメニューにしたカフェ

 2018年8月30日、白石区南郷通にオープンした『Shami coffee&b’』。色とりどりの花や木に囲まれたお洒落なお家のようなこのお店は、健康を気にする方から熱烈に支持されている一軒家カフェです。

――『Shami coffee&b’』という店名の由来は何ですか?

 「私の苗字が沙弥(しゃみ)だからです。外国の方のお名前にありそうなんですけど、苗字なんですよ。」

――珍しいお名前ですね!こちらのお店をオープンしたきっかけを教えてください!

 「私自身キッシュが大好きで、キッシュをメインメニューにしたカフェを作ろうと思ったんです。それから、健康を意識して大豆とキッシュを合わせようと思って、大豆にもこだわっています。」

からだに優しい食材へのこだわり

――大豆ですか。なぜ大豆にこだわろうと思ったんですか?

 「大豆って健康食材のピラミッドの頂点にいるすごい食材なんですよ。完全栄養食で、大豆を食べれば栄養のバランスが取れてしまうというくらい。大豆も茹でずに、蒸し大豆にしたり炒り大豆にして栄養素が流出しないようにしています。」

――健康に気をつかっている方も安心してこられるお店なんですね。そのほかにも食材にこだわりはありますか?

 「いろいろありますよ!お野菜は北海道産のものを中心に使用しています。お肉を使ってないので、お肉の代わりに大豆から出来た大豆ミートを唐揚げやザンギ風にしてクリスマスキッシュにしたりしてます。」

大豆クリームをつかった『Shami coffee&b’』オリジナルのキッシュ

――それは本当に健康に良さそうです。『Shami coffee&b’』のキッシュはどのようなキッシュなんですか?

 「生クリームには牛乳の生クリームではなく大豆クリームを使用しています。大豆クリームは、豆乳よりも濃くて、生クリームとして使えるんです。パイ生地は道産バターと小麦粉から作っていて、サクサクですよ。」

――アレルギーがある方でも食べられそう!キッシュプレートもおいしそうです。ご飯は普通の白米ですか?

 「キッシュプレートのご飯は、半分玄米を使用しているんです。玄米は半日から1日ほどお水にさらして、毒素を抜き発芽玄米にしています。残り半分は、胚芽を残して精米したお米と、もち麦と煎り大豆を入れてガス窯でじっくり炊いています。」

――すごくこだわっていますね。おいしそうです。

 「おかずには昆布と醤油麹ときび砂糖で炊いた大豆の甘煮や、紅しぐれ等の大根の甘酢漬けを添えています。すべて手づくりなので、おいしい自信があります!甘さ、香ばしさ、酸っぱさのバランスも楽しんでもらいたいですね。」

――ヘルシーなものは味気ないイメージでしたが、覆されますね。ドレッシングも手づくりなんですか?

 「もちろんです。ハニーマスタードドレッシングを手づくりしてサラダにかけてご提供しています。粒マスタードには抗酸化作用があって、とてもからだにいいんですよ。」

――キッシュもご飯もおかずもサラダも、とことんこだわっているのですね。デザートのパウンドケーキはどんなケーキなんですか?

 「人参をすりおろしたキャロットケーキで、蒸し大豆を入れ甘さ控えめに、シナモンやジンジャー等のスパイスが決め手のケーキです。週末はケーキの注文が多いですよ。」

ドリンクにも大豆をふんだんに使用

――ドリンクのこだわりを教えていただけますか?

 「コーヒーには佐藤珈琲の豆を使用していて、浅煎りの“ゆきやなぎ”と深煎りの“やまもみじ”という2種類のオリジナルブレンドをご提供しています。コーヒーメニューのなかには、豆乳をムースにしてその上に大豆を挽いた粗挽きのきな粉をトッピングしているものもあります。」

――コーヒーにも大豆を使っているなんて驚きです。見た目もおしゃれですね。そのほかにドリンクはありますか?

 「自家製黒豆茶はポットでお出ししています。黒豆を炒って煮だしたお茶ですね。豆自体も甘いので、おいしいですよ。黒豆茶が好きな人は黒豆茶ばかり飲んでいますね。」

石フェチにはたまらない庭園

 色とりどりの花が咲き乱れる見事なお庭も『Shami coffee&b’』の魅力の一つです。花好きにはもちろん、石フェチにもたまらないお庭なのだそうですよ。

――立派なお庭ですね。素晴らしい眺め!

 「前の借主がこの庭を造ったみたいなんですよね。忙しくてなかなか手入れできていないですが、石フェチにはたまらない見事な石が配置されているんですよ。」

――どのようにしてこの物件を見つけたんですか?

 「実はうちの両親の持ち物件なんです。それで前の借主がいなくなったので、私が使うことにしたんです。改装して、私の好きなイメージに統一しました。」

――内装で特に気に入っているポイントはありますか?

 「玄関に青いタイルがあるんですけど、そこが気に入っているので、改装したときもそこだけは残しています。時間の経過を感じられるグラデーションがたまりません。古いガラスや建具も大好きです。それから、奥に社長室もあるんですよ。お気に入りの部屋です。」

メニューは全て手づくり。からだに優しくて安心安全な料理を楽しんでほしい

 沙弥さんの料理はどれも手間ひまかけた手づくりのもの。それにはこんな想いがあるのだそう。

――すべて手作りなんて、すごいこだわりですね。

 「全部が一から手づくりのものだと、安心して食べられるじゃないですか。外食しても、既製品を使っているとすぐわかるんです。なんか変だなという違和感。それが嫌なので、私は手づくりにこだわっています。」

――最後に開店オンラインの読者にメッセージをお願いします。

 「からだに優しい大豆を使用した料理を提供しています。綺麗なお庭を見ながらコーヒーを飲んでゆっくりすごしてください。」

 栄養満点の大豆をふんだんに使用したキッシュプレートが、健康を気にする人の間で大人気の『Shami coffee&b’』。アレルギーが気になる方やベジタリアンの方にもおすすめのお店です。キッシュはテイクアウトにも対応しているので、ぜひテイクアウトも利用してみてください。

~テイクアウトメニュー例~
(2020/07/14現在 内容はかわる場合があります。詳細はお店にお問い合わせください。)
■道産蒸し大豆と野菜のホールキッシュ 18センチ(2,600円)
■道産蒸し大豆と野菜のホールキッシュ 22センチ(3,900円)
※要予約
■ハンドドリップコーヒー(ゆきやなぎ・やまもみじ)(500円)

開店オンライン特典

 最後に、お得な情報のご案内です。「開店オンラインを見た!」と言えば、1,300円以上のご利用でプチサービスいたします。この機会にぜひご利用ください!

店舗名 Shami coffee&b'
住所 北海道札幌市白石区南郷通4北4-30
電話番号 011-863-9775
アクセス 地下鉄東西線・南郷7丁目駅から徒歩8分
営業時間 【水~金】11:30~15:00【土日】12:00~18:00 ※時短営業中
定休日 月曜日・火曜日・第一、第三日曜日
ホームページ https://shamicoffeeb.business.site/
SNS
店舗詳細はこちら

関連する記事