キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
北海道

【北海道・札幌】懐かしさと新しさが調和する『Univers S.』でしか味わえない洋食

 『Univers S.』は、ルイ・ヴィトンのクリエイティブ・ディレクションを手がける河原さんのレストラン『usagi-Tokyo』監修の洋食店。
 2019年2月にオープンしたばかりのまっさらな空気が流れる店内で、オーナーの今平さんに「体に優しい料理」について、お話をうかがいました。

はじまりは札幌芸術祭

 河原さんと今平さんは、2014年の札幌芸術祭で出会いました。きっかけは、ルイ・ヴィトンのサポートによるオフィシャルディナーのプロデュースです。

 その後、河原さんプロデュースのレストラン『usagi-Tokyo』のシェフとして腕をふるい、『usagi-Tokyo』の居心地の良さや世界観をそのまま表現した洋食屋『Univers S.』を北海道にオープンしました。

体への優しさとは

 安心安全を謳い、有機食材などを使った飲食店は数多く存在します。『Univers S.』では、食材や調味料について吟味しています。同店で使われている野菜は、どこの誰が作っているのか、どのような肥料を使っているのかまでわかった上で仕入れたもの。使用している玉ねぎは、生で食べられるほど甘みがあり、それだけでおいしいのだそう。

 もちろん、調味料も同じです。目に見える肉や野菜などの食材だけでなく、目に見えない塩などの調味料も妥協せず、精製されていない塩を使うなど、上質な調味料を厳選しています。

 生産者の顔が見える食材に良質な調味料をほんの少し。たったこれだけで、奥深い味わいのある、体に優しい料理が完成します。

食べたいものを食べる幸せ

 ハンバーグやハヤシライスといった定番のほか、嫌いなもの、好きなものをあらかじめ伝えてからオーダーするおまかせコースなどもあります。スープやお肉などコースを組み立ててオーダーするお客さまも多いようです。

 エビフライは「他のエビフライが食べられない!」とお客さまから好評な定番メニューのひとつ。「今まで食べていたエビフライは何だったのか」と思うほど、年齢を問わず魅了されるのだそう。

 ハンバーグやエビフライといった洋食の定番は、子どもからシニアまで大好きなメニューです。ですが、定番であるがゆえに、手軽で簡単、効率的な作り方にシフトされ、手間暇かける昭和流の丁寧さが忘れられているのも事実です。

 地元の人はもちろん、東京からわざわざ足を運ぶ人もいる『Univers S.』。忘れていた味、知らない味、定番メニューだけれど、新鮮さがここにはあります。

 洋食と一緒に楽しむワインには、世界のベストレストラン20で1位を獲得したデンマークの『noma』で提供されている銘柄も。しかも、リーズナブルに楽しめるようにとグラスで提供しています。あわせてこちらもチェックしてみてください。

「丁寧」に食べる

 丁寧に食材を選び、1ヶ月以上かけて煮込んだデミグラスソースをはじめ、丁寧に作られたメニューの数々。

 器や箸置きは、400年の歴史を持つ文祥窯をはじめ、日本の工芸品などを使用しています。河原さんの作品が展示されたアートな店内、そして、生産者の愛情が込められた食材を使った料理。そのすべてをゆっくりと味わってみてください。

 「Numero」にて「usagiレシピ」を連載中です。食材を選び、丁寧に作ること。それが食べて健康になる第一歩です。『usagi-Tokyo』や『Univers S.』の店内で提供しているメニューのレシピを公開しているので、ぜひのぞいてみてくださいね!

店舗名 Univers S. (ユニヴェール エス)
住所 〒063-0804 北海道札幌市西区二十四軒4条5丁目10-18 ライオンズステーションプラザ琴似1F
電話番号 011-676-7886
アクセス 地下鉄東西線・琴似駅 5番出口から徒歩15秒
営業時間 11:00-20:00
定休日 日曜日
ホームページ https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010204/1060900/
SNS
店舗詳細はこちら

関連する記事