キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
宮城

【宮城・仙台】からだにも精神にもいい『KADAKA COFFEE』の“白いコーヒー”とは?自然環境で育ったコーヒーで身も心も健康に

 宮城県仙台市長町に“白いコーヒー”を提供するお店があると聞いて、早速お邪魔してきました!「白いコーヒーということは、ミルクたっぷりのコーヒーということなのかな?」という予想は大きく外れ、驚きのコーヒーと出会うことができました。

 そんな『KADAKA COFFEE(カダカコーヒー)』の笑顔の素敵な店主・鹿島さんのお話に、健康な食べ物や飲み物はからだと精神を健康にしてくれるということを改めて実感することができました。

震災復興を機に東北へ

 東京出身の鹿島さんが独立したのは、1989年の29歳のとき。カリフォルニアサンタクルーズ生まれのイタリアンジェラートとエスプレッソのお店『DONATELLO’s』をフランチャイズ展開し、最終的には25店舗を展開するほどの規模になりました。

 その後も飲食店をいくつか経営している中で、東日本大震災が起こります。NPO法人(NPO高麗)の活動に参加している鹿島さんは、炊き出しでNPO高麗のいだきしんオリジナルコーヒーを提供することによって震災で被害を受けた東北の人たちを元気にするために、東北各地を回りました。

 そんな中で出会ったのが、現在の『KADAKA COFFEE』の物件オーナーだったのです。東北を元気づけたいという気持ちと、東北の魅力を再発見したことで、仙台市へ移住することを決意した鹿島さん。こうして、2019年3月1日に『KADAKA COFFEE』が生まれました。

“白いコーヒー”って一体なに!?

 出店の経緯を伺ったところで、早速気になっていた“白いコーヒー”についてお聞きしました!

 「“白いコーヒー”を説明する前に、まずは使っているコーヒー豆のお話から。白いコーヒーで使っているのは、コーヒー発祥の地であるエチオピアで、農薬や肥料などの人工的なものは全く使用せずに自然の恵みだけで育った野生のコーヒー豆“コーヒー・リム”。そのコーヒーリムの豆を、低温でじっくりと炭化しないように極浅煎りで焙煎した豆が、“白いコーヒー”となります。このコーヒーは、復興のシンボルとして昨年3月11日に山元町に建てられた結工房にて、人生の先生であるいだきしんさんによって焙煎された山元町生まれの世界初世界唯一の白いコーヒーです。一杯目は麦茶のような色をしているのですが、二番煎じ、三番煎じをしていくうちに白く透明になっていきます。」

 味は、苦味がほとんどなくすっきり。一口飲むとからだ全体に染みわたって、じわじわと元気になってきたり癒されたりするという声が非常に多いコーヒーなのだとか。

日本では珍しいコーヒーも

 『KADAKA COFFEE』では“白いコーヒー”の他にも、コーヒーの発祥地エチオピアでも飲まれているセレモニーコーヒーをいただくことができます。エチオピアではコーヒーポットに入れてコーヒーを煮込むのですが、同店では南部鉄器でコーヒーを煮だしていきます。エチオピアンスタイルに東北の風が吹きこんで、新しい味わいになっています。

 また、ココナッツバターオイルコーヒーは、他店ではなかなか飲むことのできない珍しいメニュー。ココナッツバターの香りとコーヒーが合わさり、そこにカナダ産のメイプルシロップが入って独特のハーモニーを奏でます。

旨みたっぷりのグラスフェッドビーフステーキ!

 『KADAKA COFFEE』のもう一つの看板メニューが、グラスフェッドビーフを使用したステーキ!

 グラスフェッドビーフとは、もともと草食動物である牛に最も良い食物の牧草のみを与えて育てられた牛のことです。もともとのからだに一番合っている飼育方法で育てられているため、赤身が多い筋肉質で栄養価が高いのが特徴なのだとか。

 『KADAKA COFFEE』では、そのグラスフェッドビーフを低温調理してから炭火で焼き上げているので、旨みが中に凝縮されてとてもジューシー!
テイクアウト可能なので、自宅や職場でいただけるのもうれしいポイントです。また、1キロ単位でブロック肉を全国に発送しているので、バーベキューやアウトドアで『KADAKA COFFEE』のグラスフェッドビーフを味わうこともできますよ。

食べて飲んで健康に

 自然環境で育ったコーヒー豆や牛肉などを使い、からだの中に自然を丸ごと入れられるメニューを提供してくれる『KADAKA COFFEE』。コーヒー発祥地のエチオピアに敬意を払いつつ、同店独自のテイストを取り入れて新しい味わいを作り出しています。

 「食べて飲んで、健康を楽しんでほしい!」と鹿島さんが話すように、『KADAKA COFFEE』で自身の健康を見つめ直すのも、良い時間ですね。

 人々の健康を考え笑顔にしてくれる同店は、今後もさらに東北を元気にしていってくれるでしょう。

店舗名 KADAKA COFFEE(カダカコーヒー)
住所 宮城県仙台市太白区長町8-21-3
電話番号 090-3098-0877
アクセス 長町南駅から徒歩7分
営業時間 11:30~22:00
定休日 不定休
ホームページ https://coffee-steak-kadaka.business.site/
SNS
店舗詳細はこちら

関連する記事