【東京・中目黒】食を通して“健康”を発信するイタリアンレストラン『comodo』一皿で、心も身体も生き生き♪

 東急田園都市線・池尻大橋駅から徒歩5分のところに今年5月26日にオープンした『comodo(コモド)』。目黒川沿いの静かな住宅街にたたずむ、カジュアルなイタリアンレストランです。産地直送の食材にこだわった、身体に優しいイタリア料理が味わえる同店は、健康を気遣うお客様の心を掴み、多くのリピーターを獲得しています。今回取材に応じてくれたのは、優しい笑顔が素敵な代表の増山さんです。

優しいぬくもりを感じられるイタリアンレストラン

comodo

 もともと、別のイタリアンレストランで店長を務めていた増山さん。独立してお店を出すにあたって、緑が多く落ち着いた雰囲気の中目黒の街に癒しを感じ、ここを再スタートの地に選んだのだそう。
 それではさっそく、店内をのぞいてみましょう。

comodo
木のあたたかみが感じられる店内は、イタリアの雰囲気を意識しつつ和を感じさせるデザイン。落ち着いていながらも敷居を高く感じることなく、どんな方でも居心地が良くくつろげる雰囲気です。
イタリアの家庭にお邪魔したかのような、優しい明かりが灯るカウンター席。キッチンの様子を見ることができるので、湯気を上げるパスタ、お肉や野菜の焼ける良い香りに、時間を忘れてうっとりしてしまいそうですね。

comodo

身体に優しい食べ物は何よりの薬

 『comodo』のこだわりは、契約農家から仕入れた有機野菜や、シェフの出身・宮城県の三陸から直送される新鮮な魚介を活かした料理。化学調味料を一切使わず、素材本来の旨みをそのまま味わえるのが自慢です。
「僕のいとこは、生まれつき身体が弱かったんです。無農薬の野菜を摂ったり、化学調味料を避けたりしていたら、ずっと悩まされてきたアトピーが治り、そのようなことを身近で見ていたから、どんな医療行為よりも“身体に良い物を食べること”が何よりの薬になると実感しましたので、お店の料理で、体現していければと思っています」と増山さん。食を通じてお客様に“健康”を発信することが、自分の使命だと感じているのだそうです。

comodo

新鮮な素材と本来の味で勝負!

“新鮮な物を仕入れ、素材本来の味を生かして提供すること”がモットーの『comodo』。イタリアンレストランながら、国産食材にこだわっているというのもアピールポイントです。
ここで、増山さんの一押しメニューをご紹介します。

comodo

旬真っ盛りのトマトを使った“水牛のモッツァレラ「ブッファラ」とトマトのカプレーゼ”(1,500円)。太陽の光をたっぷり浴びたトマトと、滑らかで濃厚な味わいのモッツァレラチーズは、見た目にも美しい取り合わせの黄金コンビ。前菜に迷ったときは、ぜひオーダーしていただきたい逸品です。

comodo

こちらは農園から直送される夏野菜を使った、“グリル野菜のマリネ”(900円)。余計な味付けや調理はせずとも、焼くだけで野菜の甘みは充分に引き出されるもの。しっかりと素材の旨みを引き出したら、次はビネガーでさっぱりとマリネに。風味も食感も異なる色とりどりの野菜たちの素直な味を、一つ一つ感じてみてください。

comodo

厳選された海鮮素材を使った“本日の鮮魚のロースト”(1,900円)もぜひ味わっていただきたい一皿です。この日は、ぷりぷり感がたまらない三陸産の水蛸と青森県産スズキを使用。新鮮な魚介の甘みは、一度食べれば忘れられない美味しさが口いっぱいに広がります。

comodo

こちらはバジルの豊かな香りが食欲をそそるパスタ“ジェノべーゼ”(1,800円)。ジェノべーゼの本場、イタリアのリグーリア州で修業したシェフの腕と、無農薬バジルが織りなす絶品パスタをぜひご賞味下さい。

comodo

素材にこだわっているのは、料理だけではありません。人気のビネガードリンクには、愛媛県産の有機ブラッドオレンジを使っています。さっぱりとしたフレッシュな甘酸っぱさで、夏の暑さで火照った身体を一気にクールダウンさせましょう!お酢には疲労回復効果もあるので、夏バテ対策もばっちりですね。

見えないところにこそ野菜の力を

パスタのソースにも、他店とは一味違った深いこだわりがあるのだそう。その秘密は、基本のトマトソースに人参、玉ねぎなどの香味野菜を細かくして混ぜ込んでいることなのだとか。魚介系のパスタに使うソースには蟹の甲羅を粉砕したものを混ぜ込み、より濃厚な魚介の旨みが感じられる工夫を重ねているといいます。
「“野菜たっぷり”をうたうお店でも、SNSなどの写真映えを重視するメニューが多いと思うんです。彩りは綺麗でも、野菜をたくさん乗せただけのものがほとんどで、当店のパスタソースみたいに、隠れたところにも野菜をたっぷり使うお店はあまりないんじゃないかな。綺麗な見た目も大事だけど、気付かないようなところにも野菜の力をたくさん使って、本来の美味しさを感じてもらえるような料理を作っていきたいです」と増山さんは語ります。食材への愛情と健康への熱い想いが、『comodo』の料理には込められているんですね。

comodo

生産者との繋がりを大切に

comodo

 同店で用意しているワインは、イタリアワインと国産ワインにこだわったラインナップ。実家が農家だという増山さんは、国産ワインにスポットを当てることで、農園やワイナリーの方々を応援していきたいのだそう。外国のワインと比べてお店で出会う機会は少ないものの、素晴らしい国産ワインはたくさんあるので、ぜひ試してほしいとのこと。

「身体に優しく美味しいものを食べられるお店として、変わらずに頑張っていきます!皆さんにふらっと来ていただけるようなアットホームなお店にしていくので、お気軽にいらして下さい。」と笑顔の増山さん。
いつも美味しいワインや新鮮な食材を提供してくれる方々への、感謝の気持ちを忘れずにお店に立っている増山さんには今後、農園直送食材を使ったコラボディナーパーティーや、漁港と提携したイベントを開催するなどのビジョンがあるのだとか。
なかなか出会えない、“身体に優しいイタリアン”。あなたも『comodo』の料理を味わいながら、身体に染みわたる栄養と農家の方々の愛情を感じてみてはいかがでしょうか。

comodo

【OPEN特典】
ここで、開店ポータルをご覧の皆さんに、嬉しい特典のお知らせです。お食事をご注文のお客様には、グラスのスパークリングワイン1杯目を半額で提供いたします!ご来店の際にはぜひ「開店ポータルを見た!」とお伝えください。
※期限:掲載日より3ヶ月間

【店舗情報】