【東京・池袋】『小樽焼肉 ぶいぶい 池袋本店』ではお肉をスープだれにくぐらせて食べる!?一風変わった焼肉スタイルが東京に初上陸!

 子どもから大人まで、男女問わずみんなから愛されている焼肉。全国各地にはさまざまな焼肉店があり、どこも工夫を凝らしたこだわりのお肉やタレを提供しています。今回ご紹介するのは池袋駅西口にある『小樽焼肉 ぶいぶい 池袋本店』。北海道・小樽ならではの焼肉スタイルを東京にも広めようと、2018年6月に満を持してオープンしました。同店では、おいしい焼肉を一風変わった食べ方で楽しく味わうことができます。一体どのようなものなのでしょうか。小樽焼肉の食べ方やこだわりについてお話を伺ってきました。

“好き”だからこそできること

 代表・藤倉さんが同店をオープンした理由は、“肉が好き”といういたってシンプルなものから。しかし、その気持ちがなければお店を続けていくことも、お客様が飽きないものを提供していくのもなかなか難しいもの。好きだからこそ長く続けることができ、新しいアイデアでお客様を喜ばせられるのだと藤倉さんは考えています。
 その思いを持ち続けているからか、オープン準備やこれまでの営業で苦労を感じたことはないと言います。もちろん物件探しや営業が忙しいなど大変なことはありましたが、それを苦労とは捉えていません。“好きでやっている”との考えが、成功の秘訣となっているのかもしれませんね。

目指すは一人でも気軽に来れる焼肉屋

 最近では一人焼肉も定番となりつつあり、カウンターのみの立ち食いスタイルの店やお肉を1枚から注文できる店など、焼肉をより手軽に楽しめる業態の店舗が増えています。しかしそれでもまだまだ少ないのが現状で、いざ行こうと思っても近くになかったり、行ってみたら居心地が悪かったりなんてこともざらにあります。藤倉さん自身、行きたいところがあれば一人でも行ってしまうタイプだったので、そういった人が気兼ねなく過ごせる場所を作ろうと内装にこだわりました。
 カウンターや二人掛けなど一人や二人用の席を多めに用意し、少人数でも落ち着いて食事ができるよう工夫しています。お客様のことを考えるあまり、工事業者への注文は無理を言ってしまったことも多かったのだとか。藤倉さんの熱い思いが感じられますね。
 テーブルや壁などの色合いも、藤倉さんが練りに練って決めたこだわりのものだそうです。改装前は暗いイメージだった店内。同店のイメージカラーである黒と黄色に、クリーム色のようなやわらかい白を合わせることで、明るい雰囲気の店内に生まれ変わりました。

焼肉の新しい食べ方“小樽焼肉”とは?

 そもそも小樽焼肉とはどのような食べ方をするのでしょうか。一般的な焼肉屋では、お肉が焼けたらタレやレモン汁、塩などにつけて食べることがほとんどでしょう。しかし小樽焼肉はそこが少し違い、焼きたてのお肉をスープ状のタレにくぐらせて食べます。全国的にはあまり知られていませんが、小樽で発祥したこの食べ方は小樽市民にとってはポピュラーなものです。同店では味噌だれをベースにした特製のスープを用意しています。少しピリ辛なのがまたやみつきになって、つい食べ過ぎてしまいそうです。苦手な方向けに、辛味を抑えたスープも用意しているので安心してください。
 また、小樽焼肉のもう一つの特徴は最後の締めまで楽しめること。くぐらせた時に肉の脂や野菜のエキスがスープに混ざり、食べ終わる頃には旨味が凝縮された絶品のスープになっています。それを出汁で割ったり、ご飯や麺を入れたりとアレンジはさまざま。注文内容や順番によって少しずつスープの味が変わってくるため、何度来ても飽きずに楽しめますよ。

こだわりが光るメニューの数々

 同店に訪れたらチェックしておきたいのが、名物の“幻のトマポーーーク!!!”。骨の大きさや太さにまでこだわって注文した藤倉さん自慢の一品です。国産なので安心して食べられます。一日限定2本のため気になる方はお早めに。予約も承っているので事前に頼んでおくのをおすすめします。

 最近話題となっている”Uにく(うにく)”もあります。パリパリの韓国のりに新鮮な大葉や濃厚なウニ、炙ったお肉を乗せた、とても贅沢な一品です。わさび醤油を軽くつけてから召し上がってみてください。他には特上カルビを使った“大トロ炙り握り”も人気の高いメニューです。軽く炙っただけで食べれるほど新鮮なお肉をつかっているので、おいしさも格別。自家製の甘ダレを塗るとさらにおいしくなりますよ。

 お肉は脂がのったものが多いため、さっぱりとしたドリンクがあいます。人気なのは“樽詰め生ビール”。関西でしか取り扱っていないものを取り寄せており、とても飲みやすいのが特徴です。また、小樽スタイルの焼肉とあわせて小樽の生ワインもおすすめ。しっかりとワインの風味がありながらさっぱりとした味わいです。

夢は大きく全国展開!そして世界に!

 「小樽焼肉のスタイルは他の地域ではなかなか味わえないどころか、北海道内でもあまり知られていないのが現状です。このおいしい食べ方をもっと広めていくために、全国各地に店舗を拡大していくことを目標にしています。」
 夢を熱く語ってくれた藤倉さん。いずれは日本だけでなく世界中にも小樽焼肉を広めていきたいと考えているのだとか。好きだからこそ情熱をもって取り組み、お客様に喜んでもらえる焼肉を提供することに人一倍こだわっています。
 お肉をスープにくぐらせて食べる小樽スタイル。まだ体験したことがない方は『小樽焼肉 ぶいぶい 池袋本店』へ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。新しいおいしさに出会うことができますよ。

【OPEN特典】
 開店ポータルをご覧の皆様に嬉しい特典のお知らせです。来店時に“開店ポータルを見た!”と言えば、乾杯ドリンクがサービスになります。是非この機会にご利用ください。※掲載日から1ヶ月間有効

店舗情報

店名 小樽焼肉 ぶいぶい 池袋本店
住所 東京都豊島区池袋2-42-8 幸運館ビル 1F
電話番号 03-6709-2276
アクセス JR池袋駅西口から徒歩5分
営業時間 火~日、祝日、祝前日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:30)
定休日 月曜日
URL https://otaruyakinikubuibui.owst.jp/

関連タグ