キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・茗荷谷】“アロマ”がキーワードのケーキが魅力『Patisserie L’essentielle』で美味しさのキャッチボールを♪

 東京都文京区小石川。茗荷谷駅から徒歩7分。播磨坂の桜並木沿いに、個性的なケーキ屋さんがあります。『Patisserie L’essentielle(パティスリー・レセンシエル)』です。一風変わった香りづけがされた、ただ甘いだけのケーキとは一線を画すスイーツが魅力です。オーナーパティシエの牛島さんにお話を伺ってきました。

若干28歳の若きパティシエの挑戦

 牛島さんは幼少の頃からケーキ屋さんになるのが夢でした。その夢を叶えるために有名パティスリーで修業し、腕を磨いてこられたそうです。パティシエの世界は厳しく、本来なら40歳ぐらいまで修業し、コンクールに出品して名のある賞を受賞するなどし、知名度を上げないと自分の店を持てないのだとか。しかし牛島さんは違いました。「無名の今からでも、挑戦することはできるのではないか。」と考え、必要最低限の設備と自慢のコーヒーマシンを引っ提げ、あえて地元に帰ることはせずに大都会東京で自分の店をオープンしたのです。無名で若い今だからこそ、ここから実績を作っていきたいと考えたら早く行動することが必要だったといいます。「若いからこそ大変なこともあるけれど、若さで乗り切る。自分のアイデンティティはブレずにやっていきたいです。」と熱く語ってくださいました。

桜並木の小さなケーキ屋さん

 ここ播磨坂の桜並木沿いに店を構えた『Patisserie L’essentielle』。地域の人に支えられ、早い段階からリピーターのお客様も多くいらっしゃるそうです。カフェスペースも広く、美味しいケーキとこだわりのドリンクを楽しむことができます。キッチンは牛島さん一人で作業するにはちょうどいいサイズ感だそうで、びっくりするほど少ない設備で作っているそうです。「こんな設備でもお菓子作りはできるんだと伝えていきたい。」とのこと。さらに、エスプレッソマシンにはこだわりがあるらしく、日本には数台しか流通していないラ・マルゾッコ社のストラーダというマシンを使用しているそうです。このマシンを使用することで、クォリティの高いコーヒーを淹れることができるのだとか。

個性的な“香る”ケーキの数々

▲シューアラクレーム

 同店のケーキを語るうえでのポイントは“アロマ”です。すべてのケーキにちょっと変わった香りづけがされています。「香りと味のハーモニーを楽しんだ後、口の中に残る余韻に浸ってほしい。」とのこと。そんなこだわりのケーキをご紹介しましょう。 “シューアラクレーム”は、バニラの代わりにトンカ豆というバニラ系の香りがする豆をフレーバーに使用し、シュー生地の中いっぱいにクリームを詰めた一番人気のケーキです。個性的な一風変わった大人の風味となっています。

▲ニソワ

 “ニソワ”はフランスに渡って修業した思い出がつまった、思い入れの深い一品。南仏・ニースの夏を思わせる、パインとパッションフルーツとバジルが爽やかに香るココナッツのケーキです。ケーキにバジルを香らせるところが、同店ならではです。

▲フロマージュ ユズ

 “フロマージュ ユズ”は柚子をあしらったレアチーズケーキで、山椒がピリリと効いたこれまた個性的なケーキ。和を感じさせる一品です。

 他にも様々なケーキがそれぞれの魅力を放っています。食べてみなければその絶妙な風味は分からないので、是非お好みのケーキを探してみてください。また、香りのほかにも特徴的なのが、この形と見た目。層になっていることで、どこから食べても最高のハーモニーが口の中に広がるのだとか。食べやすく、一口目から完成された味を楽しめるのが特徴です。見た目もとても美しいですよね。これは何度も通って全種類制覇したくなってしまいます。
 同店は、ドリンクメニューも専門店に負けないクォリティで提供しています。ケーキのアロマを引き立てるよう、紅茶はフレーバーティーではなくノンフレーバーの茶葉を扱っています。ケーキとの相乗効果が美味しいハーブティーや、こだわりのコーヒーなどドリンクメニューも楽しんでもらいたいとのこと。

“美味しい“を共有する感動のキャッチボール

 ケーキを作るよりも、食べることのほうが好きだという牛島さんは、美味しいと思ったものを多くの方と共有したいと考えているそうです。理想のケーキ作りは、“美味しい”と感動したものをお客様に投げ、共感してもらうためのキャッチボールだといいます。「売れるものより、自分が信じる美味しい物を作りたい。」だからこそ、『Patisserie L’essentielle』のケーキには独特な世界観があり、ここにしかない味があるのです。「まずは食べていただいて、好きになってもらって、成長を見守ってほしいです。」と牛島さん。まだ挑戦は始まったばかり。その独自の世界観を味わいに、この桜並木のお店に足を運んでみませんか。

店舗名 Patisserie L'essentielle(パティスリー・レセンシエル)
住所 東京都文京区小石川4-16-7 
電話番号 03-6320-8669
アクセス 東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅から徒歩7分
営業時間 10:00~19:00
定休日 木曜日
ホームページ https://www.lessentielle.info/
店舗詳細はこちら

関連するタグ: