キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・五反野】飲み歩き大好きな仲良し夫婦が営む隠れ家 『東京カラおでん&カフェまーさん』

 東京都足立区五反野駅に2017年3月新たにオープンした「東京カラおでん&カフェまーさん」。下町ど真ん中という地理的特性もありアットホームなお店が多く軒を連ねる五反野に相応しい、何か懐かしい気分にさせてくれるお店である。暖簾をくぐると地元の常連さん達が何やら楽しそうに会話している。決してオープン半年とは思えないこの雰囲気も、オーナーご夫妻の人柄がにじみ出ているのだろう。

自分たちが通いたいお店を

 初めて名前を聞いた人は、「カラオケ?」「おでん?」「カフェ?」と頭の中にはてながよぎるかもしれない。しかしこの様な名前になったのは理由がある。それは単純に、オーナーの誠さんが唐揚げとおでんが好きであり、奥様の正恵さんが気軽に利用できるカフェの様な雰囲気にしたいという思いがありこの様な名前になった。理由は単純だが、ここにこのお店の良さがぎゅっと凝縮されている様に筆者は感じた。

 お二人は昔から飲み歩くのがとにかく好きだったので「毎日飲み歩くなら自分たちの通いたいお店を作ってしまおう」と今のお店をオープンした。そんな経緯もあり、とにかく自分達の好きなメニューを提供し、「店名にも好きなメニューを入れてしまおう」といったわけだ。要するに唐揚げ×おでん×カフェの組み合わせが一風変わっていることなんて二人には関係ない。マーケティングやコピーライティングなども興味なし。自分たちの好きなメニューを出して、好きな雰囲気を作り上げ、且つ楽しければそれでいいというスタンスである。お店に行った際もまず二人が楽しんでいて、リラックスしているため、常連さんも楽しみ、アットホームな感覚に陥っている様に感じた。

コストパフォーマンス抜群の「看板」メニュー

 まず最初に誠さん一押しの唐揚げが運ばれて来た。と同時にメニューを読み返してしまった筆者。とにかく大きくて迫力があり、このボリュームで390円は考えられない安さである。これには誠さんも「正直唐揚げに関しては相当頑張っている」と眉を八の字にしていたのが印象的であった。カリッカリの衣を噛み砕くと中から溢れるばかりの肉汁がジュワッと飛び出してくる。その量は想像の3倍くらいだろうか。この唐揚げ、実は秘密の施しがある様で「うちに来たら教えるよ~」と誠さんは笑みを浮かべる。とにかく、衣と中身のギャップが病みつきになる唐揚げである。注文が入ってから作る手作りタルタルソースをかけたタルタル唐揚げと、衣にもカプサイシンを練りこんだ激辛唐揚げもおすすめの様だ。

 おでんは関西風を意識しており、優しめの味付けが口の中に広がる。前々からおでん屋さんになりたかったという誠さん。味付けのイメージは自分のお気に入りの銀座の外れにある、とあるおでん屋さんの様だ。この優しい味付けが仕事帰りの誠さんをいつも癒してくれた様で、熱燗を飲みながらホッと一息つくのが何よりの安らぎであった。確かに良く味は染み込んでいるがくどい感じではなく、箸が止まらない。こんな美味しいおでんを仕事あがりに食べられたらどんなに幸せなことかと想像が膨らむ。

居酒屋であり、地域密着型カフェでもありたい

 正恵さんは、「ご近所の方がお子さんも連れてこられるお店にしたい」という。確かにお店の雰囲気はコテコテの居酒屋というよりは、どこかカフェの様な雰囲気がある。インテリアはほとんど正恵さんが手がけた様で、お子様からお年寄りまで老若男女くつろげる様な店内になっている。その努力はインテリアのみでなく、勿論メニューを見ても感じ取ることができる。

 それは酒好きが喜ぶ粋なつまみが豊富な一方、意外にも子連れのお母さんやお子様が喜びそうなメニューまでもが豊富なのだ。現にお子様も連れの方もよく来る様で、一番人気は、「目玉焼きデミグラスソースハンバーグ」490円と「ちょこっとパフェ」230円だと言う。せっかくなのでどちらか頼もうと考えたが、ボリュームたっぷりの唐揚げとおでんを平らげたばかりなので、名前も可愛らしい「ちょこっとパフェ」を頼むことにした。しかしこれもまた提供された時に驚く。そう、全く「ちょこっと」ではないのである。そしてパフェとしてのクオリティが非常に高い。たかが居酒屋のパフェと思われない様に、丁寧に作り上げられた「ちょこっとパフェ」からは正恵さんの想いが強く伝わる。

仲良し夫婦の共存

 このお店の良さは何と言っても仲の良い夫婦の思いが共存していることにある。普通であれば、メニューやお店の構成で好みが分かれる場合、どちらかが折れたり妥協することもあるだろう。しかしこのお店は、「それなら両方取り入れよう」という夫婦共存があくまで基本的スタンスである。ここで最初に聞いた「自分たちの通いたいお店」というのを思い出す。自分たちの通いたいお店で、自分たちが楽しみ、それによって居心地のいい雰囲気が作り出されている。開店6ヶ月で早くも地域から愛されている秘訣はここにあるのだろう。

■文、写真・片岡力也

店舗名 東京カラおでん&カフェ まーさん
住所 東京都足立区足立4-13-6 五反野ダイヤモンド マンション1F
電話番号 03-6759-1557
アクセス JR五反野駅から徒歩8分
営業時間 18:00-23:00
定休日 月曜・火曜
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13207639/
店舗詳細はこちら