キーワード・エリア
店舗検索
業種を選択
場所を選択

※距離から探す場合は、位置情報を許可してください

キーワードの入力
  • で検索する
特集

お得に外食を楽しめるGoToEatキャンペーンがスタート!

新型コロナウイルスの影響で、打撃を受けた経済被害を救済するGoToキャンペーンが実施されています。第1弾の「GoToトラベル」に続き、10月1日からは「GoToEatキャンペーン」がスタートしました。

飲食店をお得に利用できるキャンペーンとして注目を集めています。いつもよりお得に外食が楽しめるので、賢く活用していきたいですよね。

本記事では、お得に外食を楽しめるGoToEatキャンペーンについて、利用方法や注意すべき点などについて詳しく解説してまいります。

GOTOEatとは…?

Go Toキャンペーン事業の一環として実施される「GoToEatキャンペーン」とは、消費者に食事券の発行やポイント還元によって、感染予防対策に取り組みながら頑張っている飲食店や、食材を供給する農林漁業者を支援するキャンペーンです。

まず、Go To キャンペーンは、大まかに下記の4つの施策に分けられています。

 ①Go To Travel キャンペーン(旅行代金等を補助)

 ②Go To Eatキャンペーン(飲食代金等を補助)

 ③Go To Eventキャンペーン(イベント代金等を補助)

 ④Go To 商店街 キャンペーン(商店街支援等)

この中で、飲食店向けの支援策がGo To Eatキャンペーンです。

次項より、Go To Eatキャンペーンの施策内容や詳細についてご紹介いたします。

GoToEatの施策内容

GoToEatキャンペーンの具体的な内容は、2本柱になっています。

①登録飲食店で25%上乗せした金額分を使えるプレミアム食事券の販売

②オンライン飲食予約サイト経由で食事をすると次回から使えるポイントを付与

 (昼食で500円、夕食で1000円分)

食事券とは、各地域の商工会や旅行代理店などが発行するプレミアム食事券のことを指し、購入した金額に25%が上乗せされます。たとえば、1万円分の食事券を購入したら1万2500円まで飲食をすることができるというような具合です。

ポイントの付与は、「ぐるなび」「食べログ」などの予約サイト経由で飲食店に行くと、1人当たり、昼食で500円、夕食で1000円分のポイントが付与されます。このポイントは、次回の飲食店利用時に使うことができます。

GoToEatキャンペーンの対象店舗

GoToEatキャンペーンの対象となっている店舗は以下の通りです。

【対象の飲食店】

・食堂、レストラン、専門料理店(日本料理店など)

・そば、うどん店、寿司店

・酒場、ビヤホール、喫茶店、オーセンティックバー など

【対象外の店】

・店内飲食をメインとしない店(デリバリー専門店、テイクアウト専門店)

・移動販売店舗(キッチンカー)

・他のサービスの提供をメインとする店(カラオケボックスなど)

・接待・遊興などを伴う店(キャバクラ、ショーパブ、ガールズバー、ホストクラブ)

・スナック・料亭(接待を伴うもの)  など

GOTOEat利用方法

GoTOイートの施策内容は、先述の通り、

①25%のプレミアム付き食事券 

②次回の飲食店利用で使用できるポイントの付与

の2パターンとなっています。

それでは、それぞれの利用方法を解説いたします。

プレミアム付食事券の利用方法

①各地域の指定の販売窓口で、プレミアム付食事券を購入します。

②購入した食事券を飲食店に持参し、食事代金を食事券で支払います。

現金と併用しての支払いも可能です。ただ食事券のみで支払うとおつりはでないので、食事券の金額が食事代金を超えないように注意してください。

なお、食事券の販売単位や1枚あたりの金額、プレミアム率は自治体や地域によって異なる場合があります。また、購入場所や購入方法なども、各自治体・地域によって異なりますので、詳しくはGo To Eat 公式サイト(https://gotoeat.maff.go.jp/ )から確認してください。

次回の飲食店利用で使用できるポイントの付与

①オンライン飲食予約サイトで、キャンペーン参加飲食店を予約し、飲食店を利用します。

※付与されるポイントは、食事代金にかかわらず1名の予約あたり、昼食時間帯は500円分、夕食時間帯(15:00~)は1,000円分となります。(ポイント付与の対象人数は1回の予約につき10名分まで)

②来店が確認されるとポイントが付与されます。

③2回目以降も、キャンペーン参加飲食店を予約し、来店すると、1回目でもらったポイント分が割引され、さらに次回使えるポイントが付与されます。

GoToEatを利用する際の注意点

とてもお得に飲食店を利用できるGo To Eatキャンペーンですが、注意点を踏まえておかないと、逆に損をしてしまう場合がありますので、事前に要点をチェックしましょう。

①Go To Eatキャンペーン対象のお店であること

まずは、必ず、Go To Eatキャンペーン対象のお店かの確認を忘れないでください。

飲食店の予約サイトには、Go To Eatキャンペーンを行っていないお店もたくさん掲載されています。Go To Eatキャンペーンに該当する飲食店は、紹介ページに記載が必ずあるので確認をしましょう。

②予約は早めに

Go To Eatキャンペーン対象の飲食店は特に予約が集中するため、来店前日でも予約でいっぱいのケースが少なくありません。

人気店はもちろん、土日祝日の予約は1週間前から予約が殺到しますので、余裕を持った、早めの予約をおすすめします。

③キャンセル規定を確認する

これは、Go To Eatキャンペーンに限りませんが、予約のキャンセルでは、キャンセル料が発生する場合があります。特にコース料理の場合は、前日の予約取り消しから、料金の半分がキャンセル料として発生する場合がありますので、予約時にはきちんとチェックしましょう。

④予約サイトからログインする

予約サイトから、必ずログインをし、自分のアカウントから予約してください。

Go To Eatキャンペーンの利用上の注意欄には、ログインをしていない状態での予約はポイント付与対象外との記載があります。

予約したアカウントに対して後日ポイント付与をするので、ログインをしないとポイントがもらえません。

予約サイトは、ログインをしなくても予約ができてしまう場合があるので、これは必ず注意してください。また、店舗の自社HPやサイトから予約をしても対象外となります。

⑤電話での予約や変更はキャンペーン対象外

電話での予約は、予約サイトからの電話予約でもキャンペーンの対象外です。

必ずネットから予約を完了してください。

また、ネット予約後に時間や人数の変更を電話で行った場合、変更後の人数のポイントが付与されない場合があります。

電話での時間や人数の変更の場合は、Go To Eatキャンペーン利用で予約変更の旨をお店の方に伝え、ネット予約上で変更してもらえるかどうか確認してください。

⑥ポイントには有効期限があるので注意

たくさん予約をして来店をすると、どんどんポイントが溜まりますが、ポイントには有効期限があるので、必ず有効期間内にポイントを利用してください。

さらに、その有効期限も予約サイトによってかなり差があるので、それぞれ把握してポイントが失効されないよう、計画的に使用しましょう。

⑦ポイントを利用する際は「使用申請」が必要

Go To Eatキャンペーンでポイントを利用する場合は、利用したい飲食店を予約する時に、ポイント利用の申請をしておかなければなりません。

予約の際に、名前や人数、予約時間の確認ページでGo To Eatキャンペーンのポイントを利用するか、何ポイント利用するか入力する画面が出てくるので、必ず申請を行ってください。

申請をしていない場合は会計時に利用ができません。

また、利用ポイントの変更もできないので注意してください。

外食に行く前に、開店オンラインで人気店をリサーチしよう!

今回のGo To Eatキャンペーンの実施期間は2020年10月1日~2021年1月31日まで(食事券やポイントの有効期限は2021年3月31日まで)となっています。

政府は、GoToトラベルキャンペーンの実施に関しては、延長する方向性で調整を進めていますが、Go To Eatキャンペーンの期間が延長されるような話題は現在のところありません。(2020年11月4日現在)

Go To Eatキャンペーンは、注意すべき点もありますが、賢く利用して、お得に外食を楽しみたいですね。

ちなみに、Go To Eatキャンペーンでは、テイクアウトで利用が可能なお店もたくさんあります。

開店オンラインでは、テイクアウト情報をはじめ、地域の人気のお店や、新店情報などを掲載しています。

Go Toキャンペーンを利用する前に、是非、開店オンラインで人気店をリサーチしてみてくださいね!

関連するタグ: