キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【大阪・本町】香ばしい本格炉端焼きとあたたかなサービスでお酒が進む!金沢港直送の干物が自慢の『本町 ぼんてん』

 目の前で食材が炙られている様子を見ながら、焼きたての香ばしい干物などをいただける炉端焼き。なかなか敷居が高いと感じる方も多いかもしれないですが、『本町 ぼんてん』ではリーズナブルな価格でお腹いっぱい飲んだり食べたりすることができます。

 2018年2月に大阪市中央区にオープンした『本町 ぼんてん』は、店主の橋本さんがこだわって厳選した食材をじっくりと味わうことができるうえに、温かいサービスに心も満足できます。今回は橋本さんに取材させていただき、同店の出店秘話やおすすめの料理を教えていただきました!

人とのコミュニケーションを求めて飲食業へ

 もともとは整骨院にて整体師として働いていたという橋本さん。その頃から患者さんとのコミュニケーションが楽しくやりがいがあったそうですが、独立を視野に入れたときになかなか難しいかもしれないと感じたのだとか。

 そんなときに出会ったのが飲食業。人とのコミュニケーションを大事にできる仕事をしたいと思い、飲食の道へ進んだといいます。焼肉屋さんで6年間働き、店長としても活躍していた橋本さん。お客さまとのコミュニケーションが生まれる場である飲食業に魅せられ、独立を決意しました。

 そうして、お客さまとのより密接な関わりを求めて、業態選びでは炉端焼きをチョイス。
 店名は、炉端焼き発祥の地と言われる宮城県仙台市の武将・伊達政宗の幼名“梵天丸(ぼんてんまる)”に由来しています。

苦労のうえに培われた料理の幅

 橋本さんはいろいろな食材を使った料理を提供したいという想いから『本町 ぼんてん』を開店しました。しかし、実際にはいろいろな食材を扱うことが初めてだったため、大変だと感じることも多かったのだとか。

 「今まで焼肉店で肉しか扱ってきていなかったので、魚や野菜などの料理が初めてで苦労しました。しかし、自分で野菜を仕入れに行ったり、スタッフの出身地から魚の干物を仕入れたりしているうちに、いろいろな食材がもつ魅力や料理の幅に楽しさを感じるようになりましたね。」

厳選食材を炉端焼きで!

 看板メニューは干物の炉端焼き。金沢港から直送された干物は、お酒との相性もバツグンです。値段もリーズナブルで、縞ホッケ半身が800円、ハタハタの一夜干しは350円でいただけます。

 また、焼肉店での経験を活かした肉メニューも人気。ハラミステーキはジューシーで肉汁たっぷりです。また、子どもも大好きな赤ウインナーも炭火で焼くことで香ばしくなり、いつもとは一味違った味わいになりますよ。

 ほかにも、国産のれんこんやしいたけなどの野菜、宇和島から仕入れているじゃこ天、ふっくらした厚揚げなども炉端焼きで提供しています。炉端焼きならではの炭の香りや旨味の凝縮を楽しんでくださいね。

おもしろメニューも開発!

 一品メニューも充実している『本町 ぼんてん』。特におすすめなのが、橋本さんが自信を持って開発したR3(アールスリー)です。どんなメニューなのか尋ねてみました。

 「卵黄ローストライスボールを略してR3!つまり、卵黄を乗せた焼きおにぎりです。普通の卵かけご飯だとおもしろくないなと思って開発したオリジナルメニューです。20分くらいじっくりと時間をかけて焼いた焼きおにぎりと、とろりとした卵黄の相性がバッチリです。」

 これからもおもしろメニューを積極的に開発していきたいという橋本さん。食材の旨みを引き出しつつオリジナリティあふれるメニューが増えることが楽しみですね。

リーズナブルにお腹いっぱい飲み食いを!

 最後に、橋本さんからメッセージをいただきました。

 「立ち飲み居酒屋と同じくらいの値段で飲み食いできるのが魅力の店だと思います。本格炉端焼きと生ビールや大阪の地酒などを一緒に楽しんでください!」

 リーズナブルにお腹いっぱい飲み食いができる『本町 ぼんてん』。本格的な炉端焼き、オリジナリティあふれる一品メニューと共に、温かなサービスで心も満足できるはずです。『本町 ぼんてん』で楽しい一夜を過ごしてくださいね。

店舗名 本町ぼんてん
住所 大阪府大阪市中央区本町1-2-1
電話番号 06-7709-2603
アクセス 堺筋本町駅(1番出口)から徒歩3分
営業時間 17:00~翌2:00(LO1:00)
定休日 日曜
ホームページ https://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27104116/
SNS
店舗詳細はこちら

関連する記事