【東京・西早稲田】手作り餃子が安くて旨い!『餃子酒場たっちゃん 西早稲田店』は夕方から酔えるお店

 今夜は仲間と一杯!ジョッキを片手に頬張りたい、最高のおつまみといえば…?そう、餃子で決まりですよね。今回は、飲んで食べてハジけまくりたい、花金の夜にぴったりのお店をご紹介します。今年8月4日、早稲田通り沿いにオープンした『餃子酒場たっちゃん 西早稲田店』は、安くて美味しい手作り餃子が楽しめる大衆酒場です。16時からのハッピーアワーでは、自慢の焼き餃子と大人気ドリンク・檸檬フィズの鉄板コンボを、驚きの半額で楽しめるのだとか。

『餃子のたっちゃん』が東京に初上陸!

 福岡で数多くの飲食店を手がける『太陽の船株式会社』。その系列店『餃子のたっちゃん』の東京初上陸を飾るのが、『餃子酒場たっちゃん 西早稲田店』です。『たっちゃん』の味に惚れ込んだ方が、オーナーに“東京にもぜひこの味を!”とお願いしたのが始まりなのだとか。代表の越(こし)さんをはじめ、店長も、もう一人のオープニングスタッフも今までは全くの飲食未経験者だったといいます。はるばる福岡まで足を運び、究極の餃子を作るべく修業に明け暮れたのだそうですよ。

ワイワイがやがや、だけどこざっぱり

 餃子をメインに、居酒屋定番のおつまみや一品料理が安く気軽に楽しめる『餃子酒場 たっちゃん』。みんなでワイワイ楽しめる大衆酒場をコンセプトにしており、テーブルチャージ、お通し代もありません。とはいえ、がやがやした大衆酒場は、油でべとついていたり薄暗かったりして、女性なら気が引けてしまうもの。そんなお客様の気持ちもしっかり考えている同店では、誰でも気軽に入れる明るい雰囲気と、気張らず過ごせる居心地のいい空間を意識しています。しっとりした木のテラス席が、なんともいい感じですね。

食べ出したら止まらない!看板メニューの餃子たち

▲焼き餃子 (7個280円)

 “餃子酒場”を屋号に掲げる同店の一押しメニューは、何といっても焼き餃子です。出来合いのものを使わず、肉だねから皮に至るまで一からお店で手作りしています。具にはニンニクが使われておらず、しゃきしゃきの野菜がたっぷり。一つひとつが小粒で軽いので、パクパク食べてしまいます。羽を切り離さず、一気に数個頬張るとこれまた贅沢な満足感が味わえます。タレを付けずに食べてもしっかり美味しいのもニクいポイントですね。


▲肉汁餃子(4個480円)

 鉄板で熱々を提供する、大ぶりの肉汁餃子もおすすめです。厚みのあるもっちりした皮、じゅわっとあふれる具のジューシーさがたまりません。さらに、お口の中に広がる熱々の旨味とつるんとした喉ごしが気持ちいい、豚骨スープの汁餃子も要チェック!お酒のおともに軽くつまむのもよし、たくさん頼んでじっくりと味わうのもよしです。


▲汁(スープ)餃子(5個480円)

餃子だけじゃない!魅惑の一品料理


▲国産ひな鳥の半身揚げ(1/2羽980円、1/4羽680円)

 餃子としのぎを削る人気メニュー、ぜひ食べておきたい絶品が、ひな鳥の半身揚げです。大人気のメニューだからこそ、美味しくなるよう、日々試行錯誤をして改良に改良を重ねているのだとか。皮のパリパリ感、ひな鳥ならではのしっとり、臭みのない柔らかなお肉、そして滴る肉汁…ビールのおかわりが止まらない、疲れもあっという間に吹き飛ぶ一品です。

 北九州のB級グルメ、シャキシャキ野菜とソースの旨味がたまらない“小倉焼うどん”(580円)、言わずと知れた博多っ子のソウルフード、“激辛明太子”(380円)や“明太子モツ鍋”(880円)など、福岡生まれのお店ならではのメニューも揃います。
 関門海峡の潮流に揉まれて育った“関門タコのから揚げ”(480円)は、太くて短い足と引き締まった甘い身に虜になること間違いなし。こちらは仕入れ状況によっては食べられないこともあるそうなので、出会えた時は迷わずオーダーして下さいね。お米、醤油、明太子など、福岡の食材にもこだわっているそうですよ。

ハッピーすぎるハッピーアワー

 レモンを漬け込んだ爽やかな香りの焼酎に、たっぷりのレモン果汁と炭酸を加えた“檸檬フィズ”(380円)は、餃子と一緒に楽しみたい名物ドリンクです。シロップも入って甘くて飲みやすいので、どんな方でも楽しめますよ。16時から18時のハッピーアワーには、焼き餃子が140円、檸檬フィズが190円と半額になります。お酒とおつまみを楽しんでも、ワンコインでお釣りが来るというこの嬉しさ。さらに、レモンライムフィズと生ビールも半額になります。

16時からお待ちしてます!

 「福岡の食材の美味しさをPRする餃子屋さんとしても頑張っていきたいです。“安い、美味しい、手作り”をモットーに、これからも進化していきます!ぜひ、ハッピーアワーから寄ってみて下さいね。」と笑顔の越さん。2号店の出店を目指し、東京での集客と味を安定させるべく奮闘しているそうですよ。安くて美味しい餃子旋風を巻き起こす予感の『餃子酒場たっちゃん』、これからの活躍が楽しみですね。

店舗情報

店名 餃子酒場たっちゃん 西早稲田店
住所 東京都新宿区西早稲田2-18-23
電話番号 03-6457-6829
アクセス 都電荒川線面影橋駅から徒歩5分
営業時間 16:00~翌1:00(LO 24:30)
定休日 無休
URL https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13211613/