キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・上野】下町情緒の中で過ごす粋な時間。朝びき鶏の新鮮さが自慢の店『鶏酒問屋 はや川』

 日比谷線・上野駅から徒歩2分のところにある『鶏酒問屋 はや川』は、落ち着いた雰囲気のなかで朝びきの新鮮な焼き鳥や鶏の刺身が味わえます。高級フレンチのお店でシェフを務めていたオーナーの早川さんが、“もっと手頃なお値段で、気軽に楽しめるおつまみを”との思いで1997年に創業しました。北上野で13年間の営業ののち、2010年にこちらに移転・再スタートをきった同店。20年間変わらずに愛されるその味に迫りました。

20年間変わらない正直な味

 『鶏酒問屋 はや川』創業以前は、フレンチのシェフとして働いていた早川オーナー。フレンチは高級すぎて、“美味しいものが食べたい”と思った時に気軽に来てもらえないことに悩んでいたといいます。
「もっとリーズナブルに普段使いできるお店にしたくて、焼き鳥を選びました。たくさんの常連さんに囲まれて楽しく過ごしてきたから、そろそろ、新しい風を入れてみたいと思ってね。」と、サラリーマンの集客を見込んでビジネス街に移転。実直に食材と向き合い、今でも変わらない味を提供し続けています。

下町のレトロな焼き鳥屋さん

 ビジネス街である一方、商店や住宅が立ち並び、下町のゆったりした情緒が残る東上野。その一角に『鶏酒問屋 はや川』はあります。

 扉を開ければ迎えてくれるセピア色の店内からは、昭和時代の古き良き情緒が感じられます。カウンターの招き猫は、『はや川』の歴史の中で、お客様と早川オーナーのおしゃべりをずっと見つめてきたのでしょう。ちょうちんやペナントなど、ところどころに飾られた備品も年々味わいを増しています。

 赤や緑が印象的な団扇は、知人が浅草三社祭のときにお店に贈ってくれたものなのだとか。手書きのメニューの素朴な文字と合わせて、レトロな雰囲気を演出しています。まるで屋台のような気取らなさ、その一方でゆったりと落ち着ける空間は、遅くまで飲み明かしたい夜にぴったりです。

朝びき直送の新鮮な香鳥を味わおう

 同店で提供するのは、宮城県蔵王町のブランド“香鳥(かおりどり)”です。朝一番に処理した鶏が、鮮度を保ったまま真空パックでお店に届けられます。香鳥という名前の通り、炭火でじっくり焼くと良い香りがふわっと引き立ち、食欲を刺激します。他の鶏とは違う身の引き締まりや肉汁の旨みは確かめる価値ありです。

 『はや川』では、どの串も150円~220円とリーズナブルで提供されます。つくねや皮、レバー、砂肝、ささみ、長ねぎ、しいたけ、おくらなど、どれも定番でホッとするラインナップです。中でもおすすめしたいのが、レバーとハツを繋ぐ部位の “ハツもと”。捨ててしまうお店も多いようですが、柔らかな食感と脂の乗りが絶妙な一品です。

 焼き鳥に並ぶ一押しメニューが、新鮮だからこそ味わえる鶏の刺身です。ささみ、ハツ、レバー、砂肝などの盛り合わせは800円、1,300円、1,800円とサイズで選べます。こりこり、ぷりぷり、しっとり、色々な味と食感を満喫できるので、食べ比べの楽しさも2倍、3倍に膨らみます。もちろん単品でオーダーすることもできるので、1種類だけしっかり味わいたい方もご安心を。

 こちらのレバポン(580円) は何人ものレバー嫌いの方を、レバー好きに変えてきたという、同店の自信作です。臭みのない香鳥を使い、さらに新鮮なうちに処理しているからこその美味しさなのだそうです。レバー=生臭い、というイメージがあっという間に覆されますよ。

 “ささみユッケ”、“レバーペースト”(ともに580円)など、他にも試してみたくなるおつまみがたくさん。お気に入りの日本酒に一番合う料理を見つけ、楽しい晩酌時間を過ごしてくださいね。

 〆にはこちらの“タイカレー”(680円)をどうぞ。“焼鳥屋さんになぜタイカレーが…?”という疑問に、「ん?旨いから!!」と笑顔で答える早川オーナー。ココナッツミルクのまろやかさが加わったサラサラのルーが本格的な一皿です。

実はオリジナルTシャツも買えます!

 同店での楽しみは食事だけにあらず、実はオリジナルプリントTシャツやきんちゃくも買うことができるのです。覆面レスラーが焼き鳥を頬張るクールなデザインは、もはや『はや川』ファンの必須アイテムなのだそうですよ。
 米、麦、芋と各種揃う焼酎や、日本各地のお酒も種類が豊富です。早川オーナーが独自にブレンドした焼酎でつくる“特製ハイボール”(330円)の味も気になるところですね。

お客様の喜ぶ顔が見たいから

 「よーし、仕込み終わり~!」そう言って洗い物を始める早川オーナー。ちょっぴり強面だけれど、“お客様の喜ぶ顔が見たい!”その一心で毎日頑張る、優しい大将です。
 懐かしい雰囲気の中で鶏料理を肴にクイッと一杯たしなめば、“明日も頑張るか!”と元気が湧いてくるはず。今宵は『鶏酒問屋 はや川』で、時間を忘れてとっておきの晩酌時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

店舗名 鶏酒問屋 はや川
住所 東京都台東区東上野3-15-10 東観第一ビルB1F
電話番号 03-3831-5881
アクセス 上野駅から344m
営業時間 18:00~24:00(LO22:00)
定休日 日曜日、祝日(年末年始、お盆休みあり)
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13025052/
店舗詳細はこちら

関連するタグ: