キーワード・エリア
検索条件選択
オンラインサービス / 種別
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
/市区町村の選択
ジャンル

【北海道・旭川】ママの笑顔とおばんざいを肴に。住宅街の小さな居酒屋『酔笑酒場 清味ん家』で一杯♪

 旭川市の末広2条通り沿いは、住宅街が広がる穏やかな地域です。その一角に2017年8月12日、小さな居酒屋『酔笑酒場 清味ん家(すいしょうさかば きよみんち)』がオープンしました。“清美ママ”の愛称で親しまれるオーナーの佐藤さんが、お母様と二人で切り盛りしています。ご実家を改装したというアットホームな同店の自慢は、日替わりで登場する手作りのおばんざいや一品料理。素朴な家庭料理をつまみながら肩肘張らずにくつろげる、地域の憩いの場となっています。

定年後の夢を繰り下げて念願のオープン

 佐藤オーナーは、以前は介護職員として働いていました。その中で、“定年したら、主人と一緒に小さな居酒屋でもやりたいなぁ…”と夢を抱いていたそうです。ところが、体力の限界を感じたことから、退職を決意。“定年まで働いてから”という予定を繰り下げ、居酒屋オープンの夢を早々と形にしました。
 「ちょっと早くなっちゃったから今は私ひとりだけど、主人も定年後は一緒にお店に立ってくれるっていうから、楽しみにしています。」と佐藤オーナー。

 住宅街の中に溶け込み、思わず通り過ぎてしまうような場所にある『清味ん家』。実は、佐藤オーナーのご実家を改装したお店なのです。
 「ここはもともと、うちの茶の間だったんです。使ってる場所だったから荷物の片づけが大変で、父とケンカしながらバタバタで開店準備を進めました。」
 塗装業を営むお父様の紹介で、工事の手配ができたこと。知人が備品を譲ってくれたこと。酒屋を営むご主人の友人が、お酒を選んでくれたこと。ご自身の夢を周りのみんなが一緒に叶えてくれたことが、本当にうれしかったそうです。

手作りのおばんざいを肴に一杯

 『酔笑酒場 清味ん家』の名物は、“清見ママ”こと佐藤オーナーが作る、愛情たっぷりのおばんざいです。ほうれん草のごま和え、手羽先と大根の煮つけ、油揚げに卵を詰めてコトコト煮た“玉子のきんちゃく”など、日替わりで5品が登場します。お通しはその中から選ぶことができますよ。全部食べたい欲張りさんには、“5品ちょい食べ”(800円)がおすすめです。
 一品料理は枝豆、だし巻き卵、串焼きなどオーソドックスなメニューが揃います。飾り気はないけれど、どの料理にも心がこもっていて、お母さんが作るおかずのような素朴さにホッとします。

 こちらは一品料理の中で一番人気、じっくり柔らかく煮込んだ“ホルモン煮”(540円)。『清味ん家』オリジナルのカレー風味です。下処理を丁寧に行って臭みを取っているので、ホルモンが苦手な方でも美味しく食べられます。
 「このホルモン煮は父の代から続く実家の味で、私も子どものころから食べて育ちました。お店をやるなら、これだけはメニューに出したいと思っていたんです。」と、佐藤オーナーの思い入れも強い一品です。


▲たけのこの行者にんにくみそ炒め

 淡麗でさらりとした旭川の地酒“風のささやき”をはじめ、日本酒は東北から九州まで6種類の銘柄が揃います。サワーやワイン、焼酎もあり、変わらない安心のラインナップで迎えてくれます。何度も通ううちに、お気に入りの“いつもの”が見つかりますよ。
 店内は意外にも広々としていて、カウンター5席の他、4名掛けのテーブル席も2つ用意されています。グループで来店し、美味しいものを囲みながら心ゆくまで語りあうのもいいですね。

“ただいま”と帰ってきたくなる温かい空間

 だるまや招き猫が迎えてくれる温かい玄関。そして、折り紙や野菜かごが飾られたカウンター。家に帰って来たようなホッとする空間が、『清味ん家』の一番の魅力です。
 「皆さん、近所の方が多いですね。“たまたま通りかかって、ずっと気になってたんだよ!”って来てくれる方とか。母の友達とか、前の職場の後輩も遊びに来てくれますよ。」
 佐藤オーナーが出店の夢を持ったのは、学生のときに居酒屋でアルバイトをしたのがきっかけだといいます。誰かに料理を出した時の“美味しいよ”と喜ぶ笑顔。そんな何気ない幸せが、今の仕事に繋がっているなんて素敵ですね。

 「私の楽しみはね、料理を食べてもらうことだけじゃなくて、それを肴にお客様がおしゃべりして、盛り上って、楽しい時間を過ごして…っていう姿を見ることなんです。だから、これからもそんな温かい空間を大切に、長く愛されるお店を作っていきたいですね。家に帰って来たような気持ちで、ゆっくりくつろいでもらえたら嬉しいです。」と佐藤オーナー。

 思わず“ただいま!”と言ってしまいそうなほどアットホームな『酔笑酒場 清味ん家』。ママ手作りのおばんざいを肴に、今宵もお酒が進みそうです。

店舗名 酔笑酒場 清味ん家(すいしょうさかば きよみんち)
住所 北海道旭川市末広2条6-5-3
電話番号 0166-56-2584
アクセス JR新旭川駅から徒歩54分、車で14分
営業時間 17:00~23:00(LO22:30)
定休日 水曜日
ホームページ http://www.shokokai.or.jp/01/012046S0043/index.htm
店舗詳細はこちら