キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【大阪・伝法】可愛いパンが目白押し!姉妹で元気良く営業中♪『Pu Pu Pu Petit a Petit』

 『Pu Pu Pu Petit a Petit(プププ プティッタプティ)』は、2017年6月7日、大阪市此花区、伝法駅から徒歩5分のところにオープンしました。こちらは、仲良し姉妹が営んでいるベーカリーカフェです。お持ち帰りはもちろん、お洒落な店内でパンやドリンクを楽しむこともできます。今回は接客・事務を担当している、妹の古川純子さんにお話を伺いました。

姉妹で仲良く営業中♪

 『Pu Pu Pu Petit a Petit』を訪れると、まず目に付くのが可愛らしい外観です。
  実は古川さん姉妹にとって、伝法は縁もゆかりもない土地ということもあり、知人の方から「店舗に空きがあるからお店をやってみないか。」と声をかけていただいた時は不安の方が大きかったそうです。しかし、お二人が思い描くお店のイメージにもピッタリのこの外観が決め手となり、パンと料理を提供する、カフェベーカリーとしてスタートを切ることに。パン作りはもちろんイタリアンの下積み経験を持つ姉の誠子さんが調理を、そして妹の純子さんは笑顔の接客でお店を切り盛りしています。

木の温もりの中、ゆったりと♪

 伝法は住宅街ということで寮や社宅が多い街です。同店は、子育て世代の方や高齢者の方が多く訪れます。地域の人に愛されるお店はどのように作られていったのでしょうか。
 まずは、気になるユニークな店名『Pu Pu Pu Petit a Petit(プププ プティッタプティ)』について伺いました。「Peit a Petitはフランス語で“少しずつ一歩ずつ”という意味です。前についているPuPuPuは笑い声を表し、お客様の笑顔が絶えないお店にしたいという想いを込めました。店名のように少しずつ成長して、お客様に喜んでいただけるようなお店を目指します。」と純子さん。

 こちらの可愛いロゴを手掛けたのも純子さんです。一度見たら忘れられないインパクトと、お店のほっこりした雰囲気が伝わってきますね。

 同店のイートインスペースは、木目調を基調としており、温かい落ち着いた空間に柔らかい雰囲気が漂います。知り合いのデザイナーさんからアドバイスをいただいて仕上げたそうです。なんとテーブルなどの家具も含め、内装のほとんどを自分たちで作ったというから驚きです。木材を購入して磨き上げてパン棚を作ったり、壁の漆喰も自分たちで塗るなど、パン作りに負けないぐらい愛情たっぷりに作りあげました。木の温もり溢れる空間で、ほっと一息つくのがおすすめです。

国産小麦で作られた可愛いパンたち

 常時20~30種類の可愛らしいパンを取り揃えている同店は、素材にこだわったパン作りをしています。外国産小麦ではなく国産小麦を使用しているため、どのパンもよりモチっとした食感になっています。毎日食べるものは、素材そのものをより美味しく、そして身体に良いものを食べて欲しいという想いを込めて、毎日パンを焼いている同店。そのお客様を想う心は、着実な集客へと繋がっています。
 そんなこだわり抜いたパンの香りに包まれながら、その日その時にぴったりのパンを選びましょう。今回は純子さんのベストセレクションを教えてもらいました。


▲角食 250円

 北海道の“穂香”をベースに仕上げた国産小麦100%の食パンです。適度にもちもちした食感と、小麦そのものの素朴な味わいが楽しめます。隠し味のはちみつが食パンにほどよい甘みを加え、バターの豊かな風味を口いっぱいに感じられます。


▲ノア・レザンくるみとレーズン 380円/カンパーニュ380円

 くるみとレーズンがたっぷり練り込まれた、ノア・レザンくるみとレーズンは、噛めば噛むほど素材感溢れるフルーティーな味わいが楽しめます。小麦・ライ麦・塩水のみで焼き上げたカンパーニュは、人気メニューのひとつ。外はバリバリ、中はふわふわの食感に仕上がっています。


▲サミットさくらんぼとデニッシュで 190円

 デニッシュ生地が香ばしい、こちらの“サミットさくらんぼとデニッシュで”はサクサクの軽い食感が病みつきになりますよ。3時のおやつにもピッタリです。ドリンクを注文してイートインスペースでゆっくりカフェタイムはいかがでしょうか。

人と人が繋がる場所を目指して

 「食を通して人と人が繋がれるようなお店にするのが目標です。パンを食べるということはその人の身体を作ることだと思うので、責任を持ってやり遂げたいと思います。最終的にはパンを買う場所というだけではなく、人と人が繫がれるような環境を作っていきたいです。ぜひ足を運んで一度食べていただきたいです。」と純子さん。

 人々の心と暮らしを支える『Pu Pu Pu Petit a Petit』のパン。ぜひ召し上がってみてくださいね。

店舗名 Pu Pu Pu Petit a Petit
住所 大阪府大阪市此花区伝法6-2-12
電話番号 06-7506-8603
アクセス 阪神なんば線伝法駅から徒歩5分
営業時間 7:00~18:00
定休日 月曜日、第2・第4火曜日
ホームページ https://tabelog.com/osaka/A2701/A270401/27100689/
店舗詳細はこちら