キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・ひばりが丘】あなたの心に緑の庭を。ほっこり優しい洋菓子店『パティスリー ジャルダンヴェール』

 西東京市、ひばりが丘駅の北口にある『パティスリー ジャルダンヴェール』は、“緑の庭”をコンセプトにした可愛らしいお店です。卵、牛乳、フルーツ…一つひとつの素材と向き合い、繊細な技で作り上げるケーキが地域の方の注目を集めています。街の名前を冠した“ひばりが丘ロール”は、手土産にも大人気とのこと。続々と登場する新作から目が離せない、今一番気になるケーキ屋さんです。

のどかな街にオープンしたケーキ屋さん

 ガーデニングショップのような可愛らしい外観。どこか外国の片田舎からやってきたようなこちらのお店が、『パティスリー ジャルダンヴェール』です。オーナーの植木さんが自身の名前からイメージした“Jardin Vert”=フランス語で“緑の庭”の名前の通り、花壇には季節の草花が植えられ、太陽の光を浴びながらキラキラと葉を繁らせています。

 「昔見ていた料理番組に憧れて、飲食の世界に入ったんです。その中で“料理もいいけど、お菓子も面白いよなぁ”と思うようになって。いつの間にかケーキの世界にどっぷりハマっていました。」と微笑む植木オーナー。ショーケースに並んだ時の華やかさ、特別な日やいつものティータイムに与えてくれる癒し…そういったケーキに惹かれ、本格的にパティシエを志すようになりました。その後、都内のパティスリーでの修業を経て独立、2017年7月1日に『パティスリー ジャルダンヴェール』をオープンしました。

可愛らしい店内にも季節の便りが

 店内に入ると、デザイナーが手がけたナチュラルな空間が迎えてくれます。さりげなくグリーンが取り入れられ、植木オーナーの言う“可愛過ぎないけれど可愛い”という言葉がぴったり嵌ります。
「前に働いていたお店にはテラスがあったんです。空いた時間にそこで庭いじりをするのが好きで。自分のお店も、ちょっと目を移した時にホッとできるような、緑のある空間にしたいと思っていました。」

 クリスマスが近づけば、松ぼっくりや組み木のツリーが飾られ、春や夏とは違った温かみのある雰囲気に変わります。花壇の植物、店内の飾りつけ、そしてショーケースに並ぶ季節の素材を使ったケーキ。五感で季節の便りを感じられる素敵な空間も、同店の自慢です。

無限のアイディアから生まれる季節のケーキ


▲甘酸っぱい苺チョコがあしらわれた“苺のミルフィーユ”

 『ジャルダンヴェール』では、添加物の使用を極限まで抑え、安心して食べられるケーキを提供しています。生地の焼き上げ、クリームの撹拌、フルーツの飾り切りと一つひとつの作業に心を込め、個人店ならではの素朴で繊細なケーキを作り上げています。ミルフィーユなら苺、マンゴー、黄金桃、シブーストならキウイ、洋ナシというようにその時期に一番美味しいフルーツを使った新商品が登場します。


▲爽やかな甘さの“キウイのシブースト”

 旅行が好きな植木オーナーは、旅先の料理や街で見かけた風景の中からイメージを膨らませ、新しいケーキを考えることもあるのだとか。頭の中で先にビジュアルが形になり、どんな素材でそれを実現するか考えることもあれば、“こんな味にしたい”というイメージから入り、そこから素材やビジュアルを決めていくこともあるそうです。色々な構想によって、同店のショーケースには新商品が加わっていきます。

▲パンプキンシードの食感がアクセント。ほくほく甘い“かぼちゃのタルト”

 店名を冠したケーキ“ジャルダンヴェール”は、淡い緑と赤の対比が美しい、ピスタチオと森いちごのケーキです。ボトムのチョコレート生地とも相性抜群で、お店に来たら真っ先に味わってほしいおすすめの逸品です。

地域住民に愛されてやまないお店

 この周辺には洋菓子店がほとんどなかったため、オープンするやいなや“待ってました!”と言わんばかりに地域の方が押し寄せたのだとか。常連のママさんグループは、“私たちが定期的に通って、お店を支えるからね!”と根強いファンになってくれているそうです。
 「家族連れから年配の方まで、色々な年代のお客さまにご贔屓にしていただいています。」と笑顔の植木オーナー。米粉入りのスポンジで、北海道産生クリームとカスタードをふわっと巻いた“ひばりが丘ロール”は、混じりっ気なしの優しい味わいで親しまれています。

お客様に“思い出を届ける”

 同店の営業スタイルの根幹は、“お客様に、大切な日の思い出を届ける”という想いです。誕生日や記念日など、“おめでとう”や“ありがとう”が溢れる大切な日を彩るケーキ。だからこそ、承りから製作、お客様が自宅でケーキを囲む嬉しさいっぱいのシーンまで、トータルでイメージしながら製菓に携わろうと考えているのだとか。当たり前のことだけれど、作って売るに完結しない、お客様との温かい関わりを大切に経営しているそうです。

 「場所が分かりづらいから、周知をもっと頑張ってより多くの方に当店のケーキを食べてもらいたいですね。紅茶と焼き菓子のギフトセットを作ったり、将来的にはカフェもやってみたいな…なんて考えています。」と植木オーナーの夢は尽きません。

 丁寧な手作業で作られる『パティスリー ジャルダンヴェール』のケーキ。一口食べれば、きっとあなたも温かい気持ちになれるはずです。

店舗名 パティスリー ジャルダンヴェール
住所 東京都西東京市ひばりが丘北3-7-14 メゾンウィステリア1F
電話番号 042-439-8039
アクセス 西武池袋線ひばりが丘駅北口から徒歩4分
営業時間 10:00~19:30
定休日 水曜日
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1328/A132801/13210492/
店舗詳細はこちら