【東京・用賀】しっとりした音楽の中で温かい肉料理が楽しめる隠れ家的カジュアルバー『Pink Pepper Bar』

 東急田園都市線・用賀駅より徒歩5分のところに、2017年12月4日、隠れ家的カジュアルバーがオープンしました。バーでありながらたっぷりお食事がいただける『Pink Pepper Bar(ピンクペッパーバー)』です。月に一回、音楽のライブを催している同店は、音楽を通してお客様との距離が近いのも魅力のひとつ。今回は店長の伊藤さんにお話を伺ってきました。

タイ料理店から一転、お洒落なバーへ

 2017年12月4日にオープンした『Pink Pepper Bar』。同店がオープンする以前、こちらの店舗には、タイ料理店が入っていました。内装はすべて伊藤さんに任され、タイ料理店のイメージを一新すべく、大幅にお店の雰囲気を変えたそうです。上品で、落ち着いた雰囲気の店内では、ワインもお料理も進みそうです。席数はテーブルが14席、カウンターが8席の全22席。広々空間で、大人の時間を楽しめるバーに生まれ変わっています。

 この壁一面の黒板に飾られているのは、本物のワインボトルです。その日のおすすめワインをイラストや写真ではなく、本物を展示することでわかりやすくアピールしています。この斬新なメニュー表記の仕方は、同店ならではですね。

豊富な種類のお酒とドリンク

 開店のきっかけは“ワインバーを作ること”から始まったので、もちろん美味しいワインを豊富に取り揃えています。しかし、お客様の中にはワインがあまり得意ではないという方もいらっしゃるそう。そんな方には、このコーディアルスパークリングがおすすめです。これはオーガニックのフルーツやハーブを漬け込んだシロップで、お酒に弱い方には炭酸水で割ったノンアルコールドリンクを、お酒が好きな方にはスパークリングワインで割ったカクテルをお作りします。とても甘くて飲みやすいので、ワインの渋さが苦手な方に喜んでもらえるドリンクです。他にもハイボールやレモンサワーなど、飲みやすいアルコールもそろっています。ワインが苦手だからと気後れせずに、まずはその豊富なドリンクメニューを楽しんでください。

温かいお食事もご用意

 バーというと、おつまみにはナッツやクラッカーのような軽いものしか揃っていないイメージがありませんか?同店はちゃんとお腹がいっぱいになる食事メニューがあります。キーマカレー、ビーフシチュー、チキンのクリーム煮など、体の芯から温まるメニューをお出ししています。

 お店の一押しはシュークルート。豚肉のブロックとソーセージとキャベツの漬物を煮込んだスープで、肉の旨味がじゅわっと広がる旨味たっぷりのメニューです。特にこの寒い時季は温かい煮込み料理が身に染みますよね。同店は、2、3軒目にシメとして利用されることが多いとのことですが、美味しいご飯を食べられるので、1軒目としてのご利用もおすすめです。

音楽バーとしての楽しみ方

 『Pink Pepper Bar』のもう一つのアピールポイントは、お客様をおもてなしする店内に流れるムーディーな音楽です。ソウル、R&B、カントリーなど、大人の雰囲気溢れる音楽がゆったりとした時間を演出してくれます。この店内BGMがきっかけで仲良くなった常連さんが、今や同店のスタッフとして働いているのだとか。さらに、ミュージシャンとして月に一回、店内でライブを開催。お客様との距離が近いので、音楽の話で盛り上がることも多いそうですよ。音楽がお好きな方はぜひ足を運んでみてください。

 看板を見ただけではわからない、魅力たっぷりの『Pink Pepper Bar』。チャージ料金なしで午前3時までゆっくりできます。用賀にお立ち寄りの際は、是非同店でお食事とお酒、そして音楽を楽しんでみてください。

店舗情報

店名 Pink Pepper Bar 
住所 東京都世田谷区用賀4-13-12 2F 
電話番号 03-6805-6264 
アクセス 東急田園都市線 用賀駅より徒歩5分
営業時間 19:00~翌3:00
定休日 日曜
URL http://pink-pepper-bar.business.site/