キーワード・エリア
検索条件選択
オンラインサービス / 種別
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・下北沢】創業18年!オーナーの夫婦愛から生まれた老舗食堂『おじゃが』

 東京都世田谷区。下北沢駅北口から徒歩3分のところに、18年前から続く老舗食堂があります。その名も『おじゃが』。少し変わった店名ですが、味は昔ながらの食堂です。その誕生秘話には、オーナー夫婦の愛がありました。

オーナー夫婦の夢が詰まった食堂

 『おじゃが』がオープンしたのは今から18年前。今回インタビューに応えてくださった大橋さんは、創業当時からのメンバーだそうです。『おじゃが』という店名から察するに、ジャガイモ料理がメインのお店かと思いきや、意外な由来があります。お店を開いたマスターが「自分は田舎の出だから、店の名前は田舎者という意味を込めて“いも”。いもと言えばジャガイモだから『おじゃが』にしよう!」と付けられた店名なのだといいます。その響きと、マスターの発想が可愛らしいですね。

 そんなマスターにとって、大好きな土地・下北沢に店を持つことは長年の夢だったそうです。その夢を奥さまが全面的にサポートし、下北沢の人々にとって、なくてはならない名店となりました。実はマスターは、2017年7月にこの世を去られました。この食堂が長年人々に愛され続けてきたのは、二人三脚で頑張ってこられたオーナー夫婦の愛があってこそ。これからは奥さまとスタッフの方々でお店を守っていきます。

重い扉も『おじゃが』の“味”

 まずお店に入ろうとするとき、必ず立ちはだかるのがその扉。重くて力いっぱい開けないと開かない扉だそうです。店員の皆さんが、お客さまの出入りの時に扉を開ける手伝いをしなければならないほどの重さなのだとか。しかし、お年寄りも女性も扉を開けて笑顔でお店に入ってくるので、その重い扉も『おじゃが』ならではのおもてなしなのかもしれません。
 元は喫茶店の店舗を居抜きで使用しているため、最初の頃は厨房も狭く苦労されたそうです。今はだいぶ改装したものの、扉の重さも含めて、隅々まで歴史が染み込んでいるそうで、その古さも“味”となっています。

 店内は分煙されており、手前が禁煙席、奥には喫煙席が約30席あります。また、居心地の良さにもこだわっており、少人数の席でも余裕をもって座れる作りとなっています。この素朴で味のある店内は、ふらりと立ち寄って自由な時間を過ごすにはぴったりの雰囲気ですね。

やっぱりジャガイモ料理は外せない


▲特選 肉じゃが 850円(ハーフ450円・ごはんセット1,090円)

 同店では、マスターの地元・屋久島から新鮮な食材を取り寄せて作ったメニューが並びます。やはり『おじゃが』というからには、ジャガイモ料理をオーダーしないわけにはいきません。おすすめは“肉じゃが”と“コロッケ”です。特に、具沢山の肉じゃがは、味が良くしみていて絶品なのだとか。
 最近特に注文が多いのが、豚ロースのしょうが焼き定食(829円)だそうです。もしかしたら、今一番人気のメニューかもしれないと大橋さん。ご飯としょうが焼きに味噌汁…これは、老若男女問わずに愛されるメニューとなっています。アットホームな空間でいただく家庭料理は、また格別ですね。


▲屋久揚げ650円

▲トビウオ丸揚げ 1,000円

 屋久島のトビウオを使ったさつま揚げや、トビウオの丸揚げも名物メニューです。トビウオの丸揚げはインスタ映え抜群で、写真を撮るお客さまが沢山いるそうです。迫力満点の大きなヒレもトビウオならでは!どこから食べるか迷ってしまいそうですね。

 素朴なメニューながら、その素朴さが愛されている『おじゃが』のメニュー。屋久島の食材を使い、手作りにこだわっています。このメニューの数々、大橋さんをはじめ厨房の3人で考えているとのこと。魚を使った料理が何より自慢だそうですよ。

 『おじゃが』は、昼は食堂ですが、夜は居酒屋になります。おすすめのお酒は芋焼酎、日本酒です。“三岳”や“愛子”など、美味しいお酒を多数取り揃えているので、お刺身をつまみに焼酎をキュッと飲むのもおつですね。

地元を離れても帰って来られる食堂

 長年経営していると常連さんも沢山つきますが、仕事や人生の転機で下北沢を離れていく常連さんも多いものです。しかし、帰って来ると必ずここに立ち寄ってくれるそうで、しばらく見えないと思ったら何年かぶりに来店される常連さんもいるのだとか。
 そんな人の流れを見守り続けてきた大橋さんは言います。
 「一生懸命頑張るので、細く長く愛していただけたら嬉しいです。これからも下北沢の人々に愛される店を続けていきます。」長年、変わらず続けてきたお店だからこそ、お客さまにとっても“帰って来られる場所”になっているのでしょうね。

 まだ『おじゃが』の味と出会っていない方も、是非重い扉を開けて、この素朴で懐かしいメニューを味わってみてください。きっと「また来たい!」と思えるはずです。

店舗名 おじゃが
住所 東京都世田谷区北沢2-35-15 2F
電話番号 03-3460-4188
アクセス 下北沢駅から徒歩3分
営業時間 昼 11:30~16:30(L.O.16:00)/ 夜 17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 水曜日の夜
ホームページ https://www.shimokita-ojaga.com/
SNS
店舗詳細はこちら