【沖縄・那覇】鶏の旨味たっぷりの『鶏そば 新里』の鶏そばは、店主自身も惚れ込む魅力ある味わい

 沖縄そばやソーキそばがメジャーな那覇の土地で、新たなジャンルである“鶏そば”を広めているラーメン店があります。それが那覇市泉崎の旭橋駅から徒歩5分の場所にある『鶏そば 新里(しんざと)』です。
 2016年1 月のオープン以来、沖縄県民だけでなく、外国から来た観光客までもわざわざ訪れるほどの人気店となっています。店主の新里さんが「鶏そばに出会えてよかった!」と話すほど惚れ込んでいる同店の鶏そばは、鶏白湯スープをベースにした鶏の旨味たっぷりのスープに、全粒粉のコシのある麺。今回は人気店『鶏そば 新里』の魅力をご紹介します!

脱サラして飲食業の道へ

 もともとサラリーマンとして10年ほど働いていたという新里さん。しかし、料理を作ることも食べることも好きで、飲食業への憧れはだんだん強くなっていったのだとか。脱サラして飲食業の道へ進むことを決意したあとは、さまざまなジャンルのお店で働き、自身のお店を持つことを目標に経験を積んだそうです。そして、焼き鳥店とラーメン店で働いた経験から“鶏そば”を思いついたことが、『鶏そば 新里』の開店のきっかけとなりました。

食材にもこだわった鶏そば

 『鶏そば 新里』の鶏そばは、鶏の旨味が濃厚に引き出された鶏白湯スープがベースとなっています。濃厚なのにさっぱりとしていて、最後まで飲み干したくなるようなスープです。麺は全粒粉の生麺を使っているので、小麦の味がしっかりと味わえる上にコシがあります。
 「鶏ベースなのでスープは低カロリー。麺も、全粒粉なのでミネラルがたっぷり入っています。女性にもおすすめできるラーメンですよ。」と新里さん。
 更に、ラーメン自体だけでなく、トッピングにもこだわっているのが同店の特徴。チャーシューは低温調理なので、ローストビーフのようなしっとりとした食感です。また、メンマは天然の生メンマを使っているため、一般的な塩漬けされたメンマとは違った風味と食感を味わうことができます。沖縄県産のあおさや、軸の部分が赤みがかった“さくらかいわれ”など、細かな食材にも手を抜きません。さまざまなトッピングが乗った鶏そばは、ラーメンとは思えないほど彩りがよく、見た目にも楽しい一杯となっています。

シンプルな信念がおいしいものに繋がる

 新里さんの信念をお聞きしたところ、シンプルに「おいしいものを提供すること」だと答えてくれました。
 「人手不足と経験不足のなか、さまざまなことを勉強しながらここまでやってきました。そんな苦労のなかでも大事にしていることは、自分の舌を信じ、自分がおいしいと思っているものを提供すること。私は、当店の鶏そばをとてもおいしいと思っています。開店以来、毎日のように作っているけど飽きることがない。そんな鶏そばを多くの人に知っていただきたいという想いが、一番大事なのだと思います。」と話します。

コンセプトは“飲めるラーメン店”

 木目を基調にした店内と、コの字型のカウンターが印象的な『鶏そば 新里』。
 「ラーメン店っぽさを抑えた、シックでおしゃれな店内にしました。」と新里さんは言います。そんな空間作りと、ラーメン以外の一品メニューを充実させたことで、お酒を飲みにくるお客さまも多いのだとか。沖縄名物のオリオンビールや、ハイボール、日本酒やワインまで揃えています。
 「居酒屋をはしごしてシメのラーメンを食べに来て来る方も多いですが、当店でおつまみを食べながらお酒を飲んでシメの鶏そばを食べて帰る方も増えてきています。移動することなく、当店だけで完結できるところが喜ばれています。」

鶏そばを沖縄県に広めたい

 今や、お客さまの2割ほどが外国人観光客であり、わざわざ訪れたい名店となっている同店。女性一人のお客さまも増えてきており、鶏そばがどんどん広まっていることを実感していると新里さんは言います。
 「“沖縄そばだけでなく、こんなにおいしいラーメンがあるんだよ”ということを、もっと沖縄県に広めたいです。そして、鶏そばを知っていただくだけでなく、食材のこだわりも知って食べていただければ更に嬉しいですね。」と最後に話してくれました。
 これから沖縄の新しい名物が『鶏そば 新里』の鶏そばになる日が来るかもしれません。那覇を訪れた際には、沖縄に新しい風を吹かせている同店に足を運んでみてくださいね。

店舗情報

店名 鶏そば 新里
住所 沖縄県那覇市泉崎1-15-16
電話番号 098-943-7779
アクセス 旭橋駅から徒歩5分
営業時間 11:00~16:00(LO 15:45) 17:30~23:00(LO 22:40)
定休日 日曜日
URL https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47017535/