【福岡・西新】串ホルモンと鉄板焼きが旨い!カープファンが集うアットホームなお店『此乃美 西新店』

福岡市営地下鉄・西新駅の近くにある『此乃美(このみ)西新店』は、味噌ベースのスープで煮込む串ホルモンが美味しいお店です。同店は、舞鶴で25年続く『此乃美 舞鶴本店』の2号店として、今年6月24日にオープンしました。地元の野球ファンの憩いの場にもなっており、優勝ともなれば店内がビールかけの熱気に包まれるのだとか!そんなアットホームな同店の魅力を語ってくれたのは、マスターの川田さんです。

2つのお店の味を背負った新店舗

川田さんは、中華以外のオールジャンルを経験してきた、飲食業界30年の大ベテラン。『此乃美 西新店』を開店するまでは、この場所で20年間お好み焼き店を経営してきました。そのお好み焼き店が閉店することになり、お客様に感謝の気持ちを込め、お店をリニューアルオープンすることを決意したそうです。ちょうどその頃、『此乃美 舞鶴本店』の2号店の出店が決まります。こうしてタイミングがぴったりと合い、二つのお店の味を背負った期待の新店舗、『此乃美 西新店』が誕生しました。

力を合わせて2店舗を切り盛り

現在、舞鶴本店の女将と共に力を合わせながら、先代より受け継いだ『此乃美』の味を守る川田さん。「仕入れから仕込みまで、全てにおいてこだわっています。ホルモンは毎日さばきたての新鮮なものを仕入れていますよ。仕込みも、昼過ぎくらいからしなければならない時もあり大変ですが、お客様に喜んでほしくて頑張っています。」
ちなみに店名は、大宰府にある花関酒造が作る日本酒“此乃美”から取ったものだそうです。こちらは酒蔵から直送で仕入れており、『此乃美 舞鶴本店』、そしてこちらの西新店でしか飲めない貴重なお酒なのだとか。

1串で4度美味しい!お得な串ホルモン

看板メニュー・串ホルモンは、日本酒“此乃美”に一番合う料理を先代が開発した味を大切に受け継いだという、川田さんの思い入れの深い一品です。焼くのではなく、“鉄板の上に置かれた鍋のスープで煮込む”という新しいスタイルにも注目です。スープは、数種類をブレンドしたまろやかな味噌ベースのスープで、“これがまた旨い!”とお客様に大評判。カウンターに座って、自由に取ってすぐに食べられるというお手軽さが、お客様の心を掴んでいます。お会計は串の本数をカウントしてくれるそうですよ。

さらに、せんまい(牛の第三胃)、赤せんまい(関東では“ギアラ”と呼ばれる第4胃)、ハツ、小腸の4種類が1串で味わえて200円という、お得で嬉しい仕掛けも用意されています。こりこり、ぷるぷる、色々な食感を起承転結で1串で味わえるのが、ホルモン好きにはたまりません。1串食べたら、もう1串…とついつい手が伸びる美味しさなので、ビールのおかわりが止まらなくなりそうですね。

お酒の〆には、串ホルモンのスープにそうめんを入れて味わうのが“此乃美流”の楽しみ方です。ホルモンから出た味わい深いダシと味噌の優しい味に、食後の胃もほっと落ち着きます。ホルモンを追加して“具入り”にして食べると、さらに美味しいとのこと。

▲せせりの塩焼き(580円)

ぜひ食べてほしいのは、串ホルモンだけではありません。他にも、黒毛和牛のサイコロステーキ(1,180円)や、せせりの塩焼き(580円)など、元気の出る鉄板メニューが、皆さんをお待ちしています。

がっつりご飯もちょい飲みも!おつまみが充実

▲とりの唐揚げ(580円)
▲ポテサラ(480円)

ホルモンの他にも、あごだしベースの特製ダレにしっかり漬け込んだ唐揚げや、手作りのポテトサラダ、インパクト抜群の大手羽の甘辛煮など、お酒にぴったりの一品料理がラインナップしています。しっかりお腹を満たせるボリューム系のメニューも、お酒のつまみにサッと食べられるお手軽メニューも揃っているので、お腹の空き具合に合わせて選べるのが素敵ですね。
「前のお店からずっとあるお好み焼きもおすすめです。20年間通ってくれたお客様が、“やっぱりここのは美味しいね!”と言ってくれるんです。お店は新しくなったけれど、愛されてきたお好み焼きの味は変わらないので、初めての方にもぜひ味わってほしいですね。」

▲大手羽の甘辛煮(350円)
▲酢もつ(480円)

カープファンが集うアットホームなお店

お店の外観を見た時、“あれっ?このロゴ、どこかで見たことあるぞ…”と思った方も多いはず。何を隠そう、川田さんは少年時代から大の野球ファンなのです。なんと、応援している広島カープのロゴをアレンジし、“Conomi(此乃美)”とカッコよく看板にプリントしてしまったのです!ここまでの野球愛を感じるお店は、なかなかありません。

店内をぐるりと見渡しても、タペストリーやユニフォーム、Tシャツなど、カープグッズがあちらこちらに。シーズンともなれば、カープファンのお客様が大勢集まり、みんなで試合の行方を固唾をのんで見守る…という場面が日常茶飯事なのだとか。
「昨年、カープが25年ぶりにリーグ優勝を決めたときは大変でしたよ。お客様みんながビールを持ち寄って、お店の中でビールかけが始まったんです!」お好み焼き店から20年以上、川田さんと常連のお客様が築いてきた絆がうかがえるエピソードですね。

壁には、選手の直筆サインも飾られています。“カープ命!”な川田さんのお店には、またカープファンのお客様が集まり、美味しい串ホルモンで一杯やりながら野球愛を語り合う…そんな場面が、これからもお店を明るく盛り上げていくに違いありません。壁に描かれた見事な昇り鯉も、カープへの愛が転じて開店時に描いてもらったものだそうです。

“いつも常連さんで賑わっていて入りづらい…”そんなイメージを持たれた方も安心です。もちろん、野球ファン以外のお客様も大歓迎です。性別に関わらずたくさんの方が足を運んでくれているそうで、カウンターで一人飲みを楽しんでいく女性のお客様も多いのだとか。

温かい空間でおもてなしします

「カープファンのお客様、ぜひ当店で、わいわい一緒に応援しましょう!そうでないお客様も、気軽にいらしてくださいね。舞鶴でずっと提供してきた自慢の串ホルモンと、広島の方にも“地元より旨い!”と言っていただけるお好み焼きを用意して待っています!」と笑顔の川田さん。もう少し寒くなってきたら、熱々のもつ鍋が始まるそうなので、ますます楽しみですね。

お客様との距離が近く、いつでも笑い声が絶えない『此乃美 西新店』。野球ファンではないあなたも、一度来れば、その温かさに足しげく通いたくなりますよ。

【店舗情報】