【福岡・久留米】海のない久留米で”うまい魚”を!店主の目利きがひかる魚専門居酒屋『OSAKANA DINING OBANA』

 海に面した地域では常に新鮮で美味しい魚を食べられます。では、海のない地域では食べられないのか?2017年7月28日、福岡県・久留米市に「海のない久留米でも”うまい魚”を!」とオープンしたのが魚専門居酒屋『OSAKANA DINING OBANA』さんです。魚専門だけあり刺身から塩焼き、煮付けと魚好きにはたまらない魚料理の数々を楽しめます。今回は、代表の尾花さんにお話を伺ってきました。

商店街でもひときわ目立つ店構え

 福岡県・久留米市の商店街”久留米一番街”の中央付近、一見するとイタリアの港町にあるような店構えなのが『OSAKANA DINING OBANA』さんです。店内に一歩足を踏み入れると、魚専門や居酒屋とは思えない木を基調としたおしゃれで温かみのあるインテリアが出迎えてくれます。
 尾花さん曰く「女性でも1人で入りやすい内装に」とのことです。一般席(4席ごと)の他に、1人でも安心なカウンターもあります。また、奥にはカーテンで仕切れる”ソファーシート”や子連れに嬉しい”キッズスペース”も。カップルで2人の空間を楽しむのも、子どもを遊ばせつつママ会をするのも良いでしょう。

海のない久留米で”うまい魚”を食べさせたい


▲海鮮丼定食

 「海のない久留米でも”うまい魚”を食べさせたい」と尾花さんの強い思いから誕生したのが『OSAKANA DINING OBANA』。居酒屋では珍しく、代表自ら”競り権”を取得し毎朝5時から市場で競りに参加しているそうです。前職(飲食関係)で培った知識と経験を生かし、その日で1番うまい魚を仕入れています。
 魚は季節によって”旬”が違うもの。当然、『OSAKANA DINING OBANA』さんで提供される魚やメニューはその日の仕入れ具合によって変わります。また、”100%市場直送”なので海のない久留米でも鮮度が落ちる心配はありません。海に面した地域にいるかのように新鮮な魚をいただけるわけです。

”まるごと1匹”を選べるランチ


▲まるごと鮮魚定食

 『OSAKANA DINING OBANA』さんのランチの一押しは”まるごと鮮魚定食(1,000円)”です。その日に仕入れた新鮮な魚から好きな1匹を選び、塩焼き・煮付け・唐揚げの3つの調理法から選べます。この他には、”お刺身定食(1,200円)”や”海鮮丼定食(1,100円)”など新鮮な魚を使った定 食が人気です。
 また、尾花さんのオリジナルメニュー(魚を使った)もおすすめ!例えば”OBANAの気まぐれ PASTA(1,100円)”はもちもちの生パスタを使用し、その日の仕入れ具合に合わせて魚介を取り入れたパスタを楽しめます。店内のおしゃれな雰囲気に気まぐれパスタの組み合わせ、まるで海辺のレストランにいるような気分です。

夜は新鮮な魚料理の楽しめる居酒屋に


▲お刺身の盛り合わせ

 昼間はおしゃれなカフェ風の『OSAKANA DINING OBANA』さんも、夜には新鮮な魚料理の楽しめる居酒屋に。お刺身だけで10種類前後、全20種類ほどの魚を使った料理が楽しめます。その上、日本酒からワインと魚に合うお酒の数々が提供されています。仕事帰りに新鮮な魚料理で1杯というのもおすすめです。
 取材時に提供されていた一押しは”瞬間燻製マグロ藁焼き(950円)”です。厨房には専用の”藁焼き スペース”があり、新鮮な魚の表面だけを藁で軽く炙れば香ばしさが引き立ちます。また、アヒージョ(オイル煮)やアラカルト(一品料理)のようなおつまみとして最適な料理も。”日替わりデザート”は最後のお楽しみです。

美味しい魚で”笑顔”になってほしい

 尾花さん曰く「お店に1回足を運んでもらって”笑顔”になってください」とのこと。食の欧米化が進む現代、若い世代を中心に魚の消費量は減少しているのが現実です。だからこそ、海のない久留米で”うまい魚”だけを提供する尾花さんには強い思いを感じます。皆さんは最近、いつ”うまい!” と思える魚を食べましたか?ぜひ、魚専門居酒屋『OSAKANA DINING OBANA』さんで魚の魅力を再発見してみてください。

■文、写真・堀本 一徳

店舗情報

店名 OSAKANA DINING OBANA(おさかな だいにんぐ おばな)
住所 福岡県久留米市東町25-28
電話番号 094-265-7840
アクセス 西鉄天神大牟田線西鉄久留米駅出口2より徒歩4分
営業時間 11:30〜22:30
定休日 木曜日
URL https://www.facebook.com/OSAKANA-DINING-OBANA-407159099680502/