【北海道・発寒】こだわりぬいたスープカレーで地域活性化の貢献を目指す『AJITO Hacham』

 札幌市の発寒にあるハツキタ商店街の中心に、2017年4月27日、スープカレーのお店『AJITO Hacham』がオープンしました。店名は、発寒の語源であるアイヌ語の“ハチャム”と“隠れ家”を意味する“アジト”が由来となっており、“発寒で、人々が集まれる場所になるように”との思いがこめられています。

念願の地元での出店

 今回お話を伺ったのはオーナーの佐々木さんです。佐々木オーナーは、幼少のころから発寒で過ごしてきました。当時はにぎやかだったハツキタ商店街も、時代の流れとともに少し寂しくなってきてしまったそうです。そこで現在ハツキタ商店街では、再度商店街を盛り上げるべく、地元住人が力をあわせてイベントを開催するなどの取り組みを精力的に行っているのだとか。そこに佐々木オーナーも加わり、“商店街を盛り上げていきたい”との思いから、『AJITO Hacham』の出店に至ったのだそうです。

水からこだわることがおいしさの秘訣

 『AJITO Hacham』では、身体に優しくておいしいスープカレーを作ることを第一に考え、食材や調味料だけではなく、水にもこだわりをもっています。野菜を洗う水やお米を炊く水、スープに使う水、お客様に出す水など全てに“活性水素水”を使用しています。それにより、スープがまろやかになり、野菜のシャキシャキ感を損なうことなく調理することができるのだとか。

 同店1番人気のメニューは 13種類の野菜とチキンが入った“チキンべジタブルカリー”です。濃厚でどろっとしたスープに、ピーマンやナス、きのこなどの他にカレーの具材としては珍しい厚揚げも入っています。チキンの皮は焼いているのでパリっとしており、身はほろほろと柔らかくなっています。
 ほかにも数量限定のラムステーキカリーやラム丼、パイクー(豚肉)を使ったカレー、季節限定カレーもとても人気があるそうですよ。

 同店は深夜帯まで営業しており、バーとして日本酒や焼酎の提供もしています。発寒には夜遅くまで営業しているお店が少ないこともあり、深夜帯の常連さんもつくほど、お客様からは喜ばれているそうです。

前職の経験を活かして

 佐々木さんは『AJITO Hacham』とは別に、行っている活動が2つあります。1つ目はギター教室です。以前に楽器屋で働いていた経験を活かして、お店の空いている時間に子どもたちにギターを教えています。自分が子どもの頃に、通いやすい場所に習い事の教室がなく、離れたところまでいかなければならなかった経験から思いたったそうです。練習した曲は夏に行われるお祭りのステージで発表会として披露しています。
 2つ目はスノーボードに関するアフターサポートです。佐々木さんはスノーボード歴が35年でインストラクターや、プロショップの立ち上げに携わった経験もあるそうです。道具を買ってもセッティングやすべり方を自己流でやっている人たちを見て、サポート側にまわって教えていきたいと思ったことがきっかけとなったそうですよ。

育った町を誇りに思えるように

 『AJITO Hacham』をオープンしたことで、地域の人たちとハツキタ商店街を盛り上げるために活動できていることに大きな喜びを感じているそうです。大好きなこの町を、今の子どもたちにも同じように思ってほしいと言います。育った町を誇りに思い、その時に同店を思い出してもらえるようなお店を目指して、今後も活動を続けていくそうです。
 「一度来ただけでは伝わりきらない魅力がたくさんあるので、是非何度でも来ていただきたいです。そして、当店のスープカレーもですが、ハツキタ商店街やこの地域も好きになっていただけたら嬉しいですね。」と佐々木さん。こだわりがたっぷりつまったスープカレーを是非一度、味わいにきてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 AJITO Hacham
住所 北海道札幌市西区発寒12条3丁目4-13 あずみビル 1F ハツキタminiマルシェ内
電話番号 011-663-8363
アクセス JR発寒中央駅から488m
営業時間 11:30~25:00
定休日 火曜日
URL https://www.facebook.com/AJITO-Hacham-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%88-%E3%83%8F%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%A0-640063079514736/