キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
北海道

【北海道・札幌】ブルターニュ地方の風そよぐ“海の国”『Armor』へ ようこそ!ワインと共においしいガレットを召し上がれ!

 フランスの伝統料理として親しまれている“ガレット”。そば粉を使ったガレットは、どこか日本の郷土料理に似ているところもあるように思えませんか。かしこまったフランス料理というイメージよりも、ブルターニュの奥深く親しみやすい料理を提供する『Armor』のオーナー・堀池さんにお話を伺ってきました。

ブルターニュ地方の伝統食を広めたい

 『Armor』は堀池さんご夫婦で経営しています。店名である『Armor』も堀池さんご夫婦の思い入れのある名前なんだとか。

 Armorはフランスのブルターニュ地方の方言で“海の国”という意味。堀池さんご夫婦は独身時代、お互いに仕事で渡仏し、ブルターニュ地方で働いていたときに出会ったそうです。そんな希望に満ちた甘い思い出を共に過ごした場所と、青い海に囲まれた自然豊かな街と、そしてフランスの伝統食のおいしさを広めていきたいという想いが込められています。

店内に生け簀!?

 同店は青を基調とし、“海の国”をイメージした雰囲気のお店です。開放的な大きな窓からは外の景色を眺めながらランチを楽しめ、夜はぬくもりある間接照明の明かりの中でゆったりとディナーを楽しめます。

 初めて訪れた誰もが驚くのは、店内を入ると生け簀があること。海のない埼玉出身のご主人としては生け簀があるお店に行くとワクワクするという遊び心からなのだとか。インパクトある生け簀のある店内でどんなおいしい料理が出て来るのかワクワクしちゃいますね。
   

本場ブリュターニュの伝統と地元の食材を融合させた“ガレット”

 「まだガレットは食事としてではなく、おやつとして思われがち。ガレットの奥深さをもっと知ってもらいたいですね。」とガレットに対する熱い思いを語ってくれた堀池さん。
 堀池さんは以前、東京の有名なガレット専門店で料理長を務めていたそう。本場フランスでも本場の味を追求し、技術や調理の腕を磨いてきました。そんな堀池さんが作るガレットはどれも絶品です。

 同店でいただけるのは、本場ブリュターニュの調理法を守りつつ、幌加内産のそば粉を使用し、地元の食材をふんだんに取り入れた日本とフランスが融合したガレットです。新鮮な野菜や生ハム、卵をのせた具材とモチサクな食感の生地との相性は抜群。食後には甘いデザートクレープをコーヒーと共にお楽しみいただけます。
 お客さまから注文をいただいてから一枚いちまい丁寧に焼き上げているので、できたてを食べられるのもうれしいところ。注文から焼きあがるまで時間がかからないため、ビジネスマンのランチにもオススメですよ。

   
 ディナーでは海鮮中心のコースメニューを楽しめます。北海道だからこそ提供できる新鮮な魚介類を使ったコース料理は、その日の仕入れ状況によって変わります。新鮮な魚介や食材ほど、そのままの味をいかした調理法にこだわっているのだとか。アラカルトの一つひとつに手間をかけて作られた見た目もあざやかな一品の数々に、心が躍ります。

シードル片手にガレットやアラカルトを

 リンゴのお酒シードルを片手にガレットを味わうのが本場フランス、ブルターニュの楽しみ方だそう。同店では、ブリュターニュ産のシードル5種類を用意しています。女性やお酒が弱い方にもおススメですよ。

 このほか食前酒にワインや食後酒のウィスキー、最後の締めの一杯にシャンパンなど、お客さまのニーズに合わせて応えられるよう幅広くアルコールメニューを提供しています。昼の時間帯でもアルコールメニューを用意しているので、ランチどきから贅沢な時間を過ごせますよ。

大切なひとときを彩るお店

 「“いつものあのお店に行って食べよう“そんなお店になるよう広く多くの地元の人に愛されるお店にしていきたいですね。」と堀池さん。
 落ちついた雰囲気の『Armor』の空間は時間をわすれて大切な人とゆったりと語り合えるそんなお店です。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗名 Armor ガレットと生簀のあるフレンチ(アルモール)
住所 北海道札幌市中央区北3条西28-3-10 寺山ビル1F
電話番号 011-213-8074
アクセス 地下鉄東西線西28丁目駅3番出口から徒歩3分
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日 月曜日(祝日は営業)
ホームページ https://armor-sapporo.com/
店舗詳細はこちら