キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
北海道

【北海道・石狩】住宅街に誕生したおやつスポット!『Cafeタルト香房』の身体に優しいタルトでほっとひと息♪

 観光スポットも多く、緑豊かな石狩。緑苑台のイオンの近くに、2018年10月15日、小さなタルト屋さん『Cafeタルト香房』がオープンしました。
 「身体が喜ぶタルトカフェ」をコンセプトにしたこちらのお店では、厳選素材を使った優しい味の手作りタルトがいただけます。ショコラやレアチーズなどの甘いタルトはもちろん、地元産の野菜を使い、あつあつのスキレットで焼き上げる食事系タルトも大人気。今回は、店長の阿部さんにお話をうかがいました。

人気レストラン『野菜香房』の新たな姿はタルトカフェ

 お菓子の専門学校で学び、製菓工場で働いた経験もある阿部店長は、昔からお菓子づくりが大好きでした。お店を開く以前は、クッキーやマフィンなどの手作りスイーツを、なじみのお店に卸していたこともあるそうです。
 そんな阿部店長が『Cafeタルト香房』をオープンしたきっかけは、同店のもととなるレストラン『野菜香房』との出会いでした。

 「前に働いていた会社の先輩が『野菜香房』のファンで、オーナーと仲が良かったんですよ。その先輩が、“お店でパーティーがあるから”って誘ってくれて。そこでオーナーが、“もう少しでお店を閉めちゃうんだけど、ここで何かやってみないかい?”って声をかけてくれたんです。」
 前のオーナーから店舗を借り受けた阿部店長は、お菓子づくりの腕を活かしてタルトカフェを開くことを決意。こうして、地元民が愛するレストラン『野菜香房』は8年の歴史に幕を下ろし、『Cafeタルト香房』として生まれ変わったのです。

試行錯誤から生まれたメニューの数々

 お店づくりで苦労したことを尋ねると、阿部店長はこう話してくださいました。
 「一番はメニューづくりです。ある程度“こんなタルトを出したい”というイメージはあったんですけどね。こだわりたいところがたくさんあって、納得のいくものを完成させるのに苦労しました。」
 タルトは何度も試作を繰り返し、「これだ!」と思ったものだけを出しているそう。経験豊富な『野菜香房』のオーナーも尽力してくだささったのだとか。おふたりの試行錯誤から生まれたメニューもあるのですね。

 同店はテイクアウトがメインですが、テーブル8席とカウンター4席のイートインもあります。木をふんだんに使った、ぬくもりのある雰囲気が素敵ですね。大きな道路に面しているため、ドライブ中にお店を見つけて入ってくれるお客さまも多いのだとか。

デザート系も食事系も!身体に優しい手作りタルト

 『Cafeタルト香房』のコンセプトは、「身体が喜ぶタルトカフェ」。タルトに使う野菜は、道の駅や産直市場に足を運び、阿部店長が自ら選んだものです。牛乳ではなく無調整豆乳を使うなど、ヘルシーさを意識したタルトづくりをしています。

 お店には、デザート系タルトが4種類と、食事系タルトが2種類並びます。デザート系タルトの生地には北海道の小麦粉「きたほなみ」が使われており、サクッと軽い歯ざわりが楽しめます。爽やかな口当たりのレアチーズ(230円)、とろける食感と濃厚な味がたまらない焼きチーズ(230円)など、どれもひとつ、またひとつと手が伸びるおいしさです。

 パンプキン(250円)は秋限定の商品かと思いきや、通年販売のタルト。阿部店長がかぼちゃ好きなことから、レギュラーメニューにしているのだとか。
 お店一押しのキャラメルショコラ(右下、300円)は、タルト生地に、ガトーショコラ生地とキャラメルムースを入れてチョコレートをかけ、アーモンドを散らしたタルト。チョコレート好き必食の、濃厚な大人の味わいです。

 食事系タルトの生地には米粉が使われていて、しっかりした食感です。オーダーが入ってからスキレットで焼き上げるので、あつあつをいただけるのがうれしいですね。
 ラタトゥイユのタルトは、柔らかく煮込まれたトマトやパプリカ、ズッキーニの彩りが楽しい一品。おしゃれなビジュアルと力強いトマトの味が人気です。
 「タルトをスキレットで出すアイデアは、『野菜香房』で使っていたスキレットを何かに活かせないかな、と考えていて思いつきました。そうだ、スキレットをタルトの型にしちゃおうって。」

 優しい味が好きな方には、こちらのキッシュがおすすめです。タバスコをたらしてアクセントをつけてもいいですね。クリーミーで滑らかなアパレイユと、サクッとしたタルト生地のハーモニーがたまりません。

 食事系タルトは単品780円、サラダとスープをつけると1,000円でいただけます。直径13㎝ほどでボリュームがあるので、食べ応えも抜群。テイクアウト用のミニサイズもありますよ。
 レタスやベビーリーフを使ったサラダは、みずみずしくてシャキシャキ。スープはポタージュ風で、かぼちゃ、玉ねぎ、にんじん、キャベツを煮込んだピューレが使われています。タルト以外も決して手抜きをしないのが、『Cafeタルト香房』流です。

地域の憩いのタルトカフェとして

 同店の周辺には、個人経営のお菓子屋さんはほとんど見当たりません。気軽に通えるおやつスポットとして、これからますます地域の方に愛されていきそうです。
 「このお店が、地域の皆さんの憩いのタルト屋さんになればと思っています。」と阿部店長。うまくいけばぜひ2号店を出したい、との意気込みも聞かせてくださいました。

 さっくり、とろ~り、ひとつ食べれば止まらない『Cafeタルト香房』の手作りタルト。おやつにも、ちょっとした手土産にもぴったりですよ。

店舗名 Cafeタルト香房
住所 北海道石狩市緑苑台東1条2-79
電話番号 013-377-8811
アクセス JR学園都市線篠路駅から徒歩42分、北海道中央バス緑苑台小学校前から徒歩1分
営業時間 10:00~15:00、17:00~21:00
定休日 水曜日(その他不定休はSNSでお知らせします)
ホームページ https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010702/1059955/
店舗詳細はこちら