※閉店・非公開【北海道・札幌】新感覚メニュー“汁なしキーマそば”で満腹!国際交流も楽しいお店『まるかま』

すすきの駅から少し離れた場所に、多くの観光客が訪れるゲストハウス“SOCIAL HOSTEL 365”があります。今回紹介する『まるかま』は、その1階に今年7月1日にオープンしたお店です。お腹を満たす食事処、そして寝る前の一杯を楽しめるバーとして、ゲストハウスの宿泊客や地元のお客様に愛されているそうです。ありそうで無かった、オリジナリティあふれる“キーマそば”の魅力とは…?さっそく、店長の鎌上さんにお話を伺いました。

料理の腕を見込まれ、宿泊客から店長に

『まるかま』は“SOCIAL HOSTEL 365”のオーナーと、鎌上さんが共同で運営するお店です。鎌上さん自身は普段、道産食材のネット販売を行う“EZOGIFT合同株式会社”のCEOを務めており、仕事の合間にお店に来て腕をふるっているそうです。
 もともとゲストハウスの宿泊客だった鎌上さんは、オーナーと意気投合し、いつしか、スタッフのまかないを作る料理担当を務めるようになりました。当時、こちらはバーのみの営業でしたが、“食事にも力を入れたい”との意向から、コンセプトを変更することになったそうです。その際、オーナーが鎌上さんの腕を見込んで、店長に任命してくれたのだとか。
「いつか自分のお店を持てたらいいな…と思っていたので、それが実現できてうれしいです。地元で作っている野菜をこちらで料理して食べてもらったり、オーナーが時々開く“肉パーティー”などイベントのお手伝いもしていますよ。」と、笑顔で話します。

あなたは体験しましたか?新感覚のキーマそば

▲キーマそば(750円)

「当時、汁なしタンタン麺が流行っていて、オーナーとよく食べに行ったんです。その時に、“これ、カレーで作っても美味しいんじゃないかな?”とひらめいたのが、キーマそばのヒントになりました。」
 看板メニュー・キーマそばには市販のルーを使わず、カレー粉と調味料をブレンドするところから手作りしています。カロリーが抑えられており、あっさりしていて胃もたれもしません。意外にも軽いので、お酒の〆にもぴったりですよ。温玉を崩して、よく混ぜて味わいましょう。味は辛めですが、甘口の“キーマそば 和み”も用意しているので、辛いのが苦手な方でも安心です。焦がしチーズのトッピングや麺の大盛り、ルーの追加などもできるので、あなた好みのキーマそばにカスタマイズしてみて下さいね。

キーマそばのお供におすすめなのが、こちらのバナナミルク(350円)です。甘さ控えめですっきりとした味わいが、カレーの辛さを和らげてくれます。キーマそばとセットでオーダーすると、よりお得になりますよ。

分かる人には分かる、あの卵かけご飯

▲あの卵かけごはん(350円)

卵に醤油、かつお節、ねぎなど日本人の大好きなものでシンプルに味わうこちらは、キーマそばと並ぶ人気メニューです。こちらの卵はただの生卵ではなく、黄身の醤油漬けを使っています。卵黄を一晩醤油に漬けると少し固まって、箸でつまめるくらいの食感になるのだとか。
 ちなみに、正式名称は“あの日食べた卵かけご飯の味を僕たちはまだ知らない”だそうです。食べ進めていくうちに予期せぬ具材を発見したら、“○○○みーつけた!”と言ってあげて下さいね。この仕掛けに気づいてくれたお客様には、鎌上さんからドリンク1杯のサービスがあるそうですよ。

“ちょっと一杯“だけでも大歓迎!

『まるかま』では、しっかり食事が出来るだけではなく、“ちょっと一杯飲んでから寝たい…”そんなお客様も大歓迎です。キーマそばをはじめとした食事メニューの他、お酒のおつまみも用意しています。
「僕はお店に週1度ほど顔を出すのですが、その時に男爵いもや葉物野菜など、その日採れたての野菜をお土産に持ってきます。その野菜を使った気まぐれ料理も、楽しみにしていて下さいね。」先日は、新鮮な男爵イモを皮のまま素揚げしたフライドポテトが、お客様に大評判だったのだとか。野菜料理の他、サロマ湖から直送のホタテを使った炊き込みご飯や刺身なども登場します。シンプルながら、北海道の恵みを五感で堪能できるメニューに出会えるので、お店に通う楽しみが増えますね。

そして、なんとお酒は全て500円、ソフトドリンクは300円で楽しめます。通常は1杯700~800円ほどする“余市”や“山崎”などの国産ウイスキーも、全て500円というから驚きです。リーズナブルに味わえるお酒と、北海道の恵みが詰まった料理で、ゆったりと旅の余韻に浸りましょう。

国際交流もできるんです

同店に訪れるお客様は、ゲストハウスに宿泊している方が多く、海外の方もたくさんいるそうです。そのため、日本語と英語のメニューを用意し、スムーズに注文が出来るよう心配りがされています。地元の方や、バー時代からの常連の方もいらっしゃるそうですよ。
食事を楽しむのはもちろん、外で北海道のグルメを満喫した後、宿に戻ってきて一杯飲んでから寝る…そんな使い方もできるのが、『まるかま』のいいところです。日本人と外国人のお客様が、美味しいものを通じてコミュニケーションを取り、仲良くなる場面もたくさん見られるのだとか。イギリス出身の奥様も店内のPOPを書いてくれたり、壁を塗るなど開店に協力してくれたのだそうです。オーナー手作りのローテーブルにも、注目してみて下さいね。

まずは食べてみて下さい!

「この間、全国を旅している韓国の男の子が来てくれたんですよ。“九州から日本全国の麺を食べてきたけど、ここのが一番美味しかったです!”と言ってくれて嬉しかったですね。キーマカレーと中華そばって、合うの?という方も、まずは一度食べてみてください!ゲストハウスの皆さんにも近所の方にも、“なんだかんだでいつも食べてるなぁ…”と言われる、一度食べればやみつきになる味ですよ。」

札幌に観光の際は、ぜひ『まるかま』に立ち寄り、キーマそばを食べてみてください。北海道旅行の美味しい思い出として、あなたの心に刻まれること間違いありません。

店舗情報

店名 まるかま
住所 北海道札幌市中央区南5条西9丁目1019-16 SOCIAL HOSTEL365 1F
電話番号 090-2875-8083
営業時間 18:00~24:00(LO23:30)
定休日 月曜、第2・第4日曜
URL https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1056158/

関連記事