キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
沖縄

【沖縄・那覇】非日常空間で味わう絶品ステーキ!『STEAK HOUSE DAY’S』ならではのこだわりメニューで地元民の心を鷲掴み!

 ゆいレール・小禄駅より徒歩7分の場所に、新しくステーキハウスがオープンしました。名前は『STEAK HOUSE DAY’S(ステーキハウス デイズ)』。
 「地元の方に来てもらえるような店を作ろう!」という想いを胸に、店長の新堀さんがオープンしたお店です。厳選した素材をこだわりの調理法で仕上げる絶品ステーキは、感動もの。連日、多くのお客様で賑わいを見せています。

地元に愛される究極のステーキハウスを

 熊本出身の新堀さんはホテルに就職したことをきっかけに沖縄へ移り住み、30年以上になるそうです。ホテルマンとして接客スキルなどを学んだあとは、ステーキ店のフランチャイズ店舗の立ち上げや運営に携わってきました。何店舗も手掛けていく中である疑問が…「なぜ観光客ばかりをターゲットにする必要があるのか。」と。
 そこで新堀さんは、地元の方をメインターゲットとしたステーキハウスを作ろうと思い立ちました。極力手作りにこだわり、素材には地場野菜を使うなど、地元に根付くような店づくりを心掛けました。こうして、2018年12月『STEAK HOUSE DAY’S』は誕生したのです。

非日常を味わえるモダンな空間

 同店は店名に“DAY’S(日々)”を掲げ、“来てくださったお客さまが日々楽しめる店”を目指しています。それは、店全体の空間づくりからも感じることができます。
 店舗は、外装から内装、飾り付けにいたるまで、新堀さんが一から作り上げました。資材は、建築業を営んでいる実家から船便で調達し、大まかなデザインを考え、あとは作りながら理想の店舗に仕上げていったそうです。こだわったのは、席数を確保すること。多くのお客さまに来ていただけるようにと、天井が高い設計であることから思い切って中2階を作りました。

 木材を使ったモダンな雰囲気の店内は、日常から解放され、落ち着いて食事を楽しめる空間です。
 そんな同店には、食事をメインに来られる年配の方や女性のお客さま、ステーキをつまみにお酒を楽しむ若い男性のグループなど多くの地元の方が訪れています。

 「開店して嬉しかったことは、本当に多くの地元の方が来てくれたことです。やっぱり、観光客だけじゃなくて地元の方にも目線を向けた店が求められていたんだなと実感しています。」と笑顔で話す新堀さん。さらに地元のお客さまへのサービス向上に努めたいと、ポイントカードなどのサービスもはじめたそうです。

自家製ソースで味わう厳選素材を使った絶品ステーキ!

 同店の魅力のひとつは、ステーキの種類の豊富さです。ブランド肉だけでも、繊維質が豊富で甘みのある肉質が特徴の“本部牛リブステーキ”や“石垣牛ランプステーキ、まろやかな肉汁と肉質を楽しめる“キビまる豚ステーキ”、そして新堀さんの地元・熊本の“あか牛ステーキ”と贅沢なラインナップです。

 「当店のステーキは、200gや300gは当たり前です。大きいステーキほどおいしさを感じるんです。」こう語る新堀さんのおすすめは“1kgステーキ”です。ほかのステーキと比べても、その量の差は一目瞭然!ボーリブアイステーキ、サーロインステーキ、ランプステーキの3種から選べます。味もボリュームもトップクラスの、同店最高の逸品を味わってみてください。

 肉の焼き方ひとつとっても、同店のこだわりが光ります。焼く前に肉に振りかける塩コショウには、“バガス”と呼ばれるサトウキビの搾りかすと、醤油の搾りかすが混ぜられているのだとか。バガスは、物繊維が多く含まれており、“沖縄のスーパーフード”と注目を集めています。バガスを入れることで表面がカリッと焼き上がり、肉汁に旨味を閉じ込める役割もあるそうです。
 醤油の旨味とバガスの焦げのおいしさをまとった絶品ステーキに華を添えるのが、自家製ソースです。バナナやリンゴ、ワインや味噌など23種類もの原料を使い丁寧に作り上げたソースは、癖がなく肉との相性も抜群です。

 また、新鮮な野菜を楽しめる“サラダビュッフェ”もおすすめです。こちらはこだわりの地場野菜を、5種の自家製ドレッシングでおいしくいただけます。サラダ以外にも、スープ、カレーライス、ドリンクが食べ飲み放題に。お昼時には、ステーキとセットになったお得なランチメニューもあります。

ドリンク&食後のデザートも手づくり尽くし!

 「食後の時間も楽しんでもらいたくて、ドリンクやデザートにもこだわりました。ゆっくりとこの非日常空間を味わってもらいたいです。」という新堀さんが自信を持っておすすめする2品をご紹介します。

 ぜひ飲んでいただきたいドリンクが、“シークワーサーのフレッシュジュース(100%)”。なんとシークワーサーを丸ごとミキサーにかけ冷凍し、新鮮さを保ちながら保存します。それを解凍し、シロップや水で甘みを調整したジュースは栄養価が非常に高く、果実本来のさわやかな酸味を味わうことができます。

 

 食後のデザートには、自家製“カタラーナ”が待っています。カタラーナは、クレームブリュレの原型ともいわれています。凍らせたプリンのような食感だそうで、アイスのようなケーキのような…食べてみてのお楽しみです。

沖縄から全国へ…ステーキに込めた想い

 「今後、お店を県外にも展開していきたいですね。安心安全で、どこよりも質の良いものを提供している自信があるので、この魅力をどんどん発信していこうと思っています。」と話す新堀さん。
 『STEAK HOUSE DAY’S』ならではの最高のサービスを生み出していく姿勢に、ますます期待が高まります。皆さんも絶品ステーキを味わいながら非日常を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【オープン特典!】
食事をご注文をされた方には、“アイスクリームひとつ”をサービスいたします。このページをスタッフにお見せください。この機会にぜひご利用ください!

店舗名 STEAK HOUSE DAY'S 
住所 沖縄県那覇市田原2-2-4 
電話番号 098-857-4129 
アクセス ゆいレール 小禄駅 徒歩7分 
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:30) 
定休日 不定休 
ホームページ https://www.facebook.com/steakhousedays/
店舗詳細はこちら