キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
沖縄

【沖縄・名護】セラードコーヒーが飲めるカフェ『SUNNY CLAP』の手づくりサンドイッチでブレイクタイムを

 山と海に囲まれた自然豊かな街・名護市に、2019年2月、素敵なカフェがオープンしました。ご紹介するのは、名護バスターミナルの裏手にある『SUNNY CLAP(サニークラップ)』。浦添の珈琲豆専門店『沖縄セラードコーヒー』の豆で淹れるコーヒーと、手づくりサンドイッチが味わえるお店です。
 オーナーの石原さんが、オープンのきっかけやおすすめのドリンクなどを教えてくださいました。

何もかもがはじめてのカフェ開業

 お菓子づくりが好きだった石原オーナーは、「お店をやってみたら?」という知人のひとことをきっかけに、飲食店の開業を決めました。
 「お菓子づくりといっても趣味程度で、甥っ子たちとつくって食べて、おいしいね~なんて笑ってたくらいですけど…。」と、石原オーナー。

 しかしながら、この業界での経験といえば、高校時代のアルバイトくらい。石原オーナーにとっては、経営もメニューづくりも、自分が淹れたコーヒーをお客さまに飲んでもらうのも、すべてが初めてのことでした。最初はうまくお店をやっていけるか、とても不安だったそうです。

手をたたいて笑える、楽しい空間に

 晴れのお天気を意味するsunnyには、陽気、楽しいといった意味もあります。いるだけで楽しくなる、手をたたいて(clap)笑えるようなカフェになりたい。そう願い、お店に『SUNNY CLAP』と名づけたそうです。

 「物件探しにはけっこう時間をかけました。駐車場のあるところじゃないと、お客さまに不便な思いをさせちゃいますからね。」
 もともと居酒屋だったこちらの店舗には窓がなく、薄暗かったのだとか。天井まで白く塗り、ナチュラルで明るい雰囲気の空間につくり変えました。

 店内は禁煙ですが、お店の前に喫煙所を設けています。一服したい方もたばこが苦手な方も、気持ちよく過ごすことができますね。

 珪藻土とサンゴの化石を混ぜたしっくいの壁は、湿気防止の効果があるのだそう。弧を描くような塗り方が、波や雲のようなかわいい模様をつくっています。

 「職人さんにお願いしたら、“こんな風に塗るのは初めてだよ、なかなか難しいね”って言われました。でもなんとか、私がやりたかったかたちに仕上げてもらえて安心しています。」

 「“インスタグラムを見てきました!”って来店してくれるお客さまが増えてきて。お店のことをみんなに知ってもらうために、SNSってやっぱり大事だなぁと感じてます。」

 コーヒーにしてもサンドイッチにしても、お客さまに「おいしい」と言ってもらえることがなによりうれしいと、石原オーナーは話します。オープン当初は、どう宣伝していくか悩みながらも、お店のSNSをこまめに更新して情報発信に励んでいたそうです。

おいしいコーヒーとサンドイッチがあれば…

 『SUNNY CLAP』では、一杯一杯丁寧に淹れたハンドドリップコーヒーを提供しています。豆は、浦添の名店『沖縄セラードコーヒー』のもの。石原オーナーはお店を開くにあたって、『沖縄セラードコーヒー』の店舗に淹れ方などを習いに行ったそうですよ。

 おすすめは、“氷コーヒーミルク”。アイスのセラードコーヒーに牛乳を加えた、ひんやり冷たい一杯です。

 「カフェに行ったとき、氷でドリンクが薄まるのがイヤだったんです。家でインスタントコーヒーで氷をつくって、アイスコーヒーに入れてみたら“これいいな!”って思って(笑)。メニューづくりのヒントになりました。」

 氷コーヒーミルクには、氷ではなく、凍らせたコーヒーが入っています。そのため、溶けてもコーヒーが薄まらず、濃さを増しておいしくなります。黒糖を溶かして飲めば、ほろ苦さに甘味とコクが加わってさらにおいしくなりますよ。


▲だし巻き玉子サンド

 サンドイッチは、ポテト付きで600円と手頃なお値段です。+150円で、スープもしくはソフトドリンクがセットに。遅めの朝ごはんやランチにうれしいですね。
 一番人気のだし巻き玉子サンドは、優しい味の自家製たまご焼きと、ふわふわのパンが相性抜群です。どんな世代にも愛される定番のおいしさを、コーヒーと一緒に楽しみましょう。


▲チキンから揚げサンド

 食べごたえのあるチキンから揚げサンドは、男性に人気のメニューです。ジューシーなチキンとたまご焼き、シャキシャキのきゅうりのハーモニーは「これぞサンドイッチ!」なおいしさ。思い切りかぶりつきたいですね。
 沖縄のソウルフード・ポークたまごを挟んだ“玉子ポークサンド”は、スパムのピンク、きゅうりの緑、たまごの黄色の組み合わせがカラフルなサンドイッチです。
 サンドイッチやドリンクは、テイクアウトもできますよ。


▲プレートランチ(単品850円、スープ&ソフトドリンクつき1,000円)

 「どのメニューにも、必ずたまごを入れるのが私のこだわりです(笑)。コーヒーにしてもそうだけど、自分が好きなものを出すと、お客さまにも喜んでもらえるんですよね。これからは、デザート系をもっと増やしていきたいです。」と石原オーナー。

次なる目標は一軒家カフェ!?

 『SUNNY CLAP』が目指すのは、外国人観光客にも注目されるカフェ。韓国や台湾にはコーヒーを飲む方が多く、セラードコーヒーは現地でも話題となっているそうです。

 石原オーナーの夢は、一軒家を建てて、自宅の1階をお店にすることなのだとか。お客さまの笑い声を聞きながら、おいしいコーヒーを淹れて、料理をして…。うれしさいっぱいの毎日を思い浮かべて、わくわくしているそうです。

 まず取り組むべきは、『SUNNY CLAP』をもっともっと素敵なお店にして、繁盛させること。「お昼も夜も満席のお店にしたいですね!」と意気込みます。

 「お客さまが楽しそうに笑いながら食べてると、ああ、いいなぁ…ってしあわせな気持ちになるんです。ぜひ当店に来て、お食事やティータイムをゆっくり楽しんでほしいです。」と石原オーナー。
 制服で来店した学生さんは、サンドイッチをオーダーすると、ソフトドリンクが100円になりますよ。

 オーナーおすすめのセラードコーヒーと、手づくりサンドイッチが楽しめる『SUNNY CLAP』。地元の人にも観光客にも愛される、笑顔いっぱいのカフェに訪れてみてください。

店舗名 SUNNY CLAP(サニークラップ)
住所 沖縄県名護市宇茂佐914-3 盛アパート101号
電話番号 080-4276-3665
アクセス 那覇空港から車で75分
営業時間 11:00~18:00
定休日 月曜
SNS
店舗詳細はこちら