キーワード・エリア
検索条件選択
オンラインサービス / 種別
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
/市区町村の選択
ジャンル
大阪

【大阪・難波】南海電鉄なんば駅から徒歩1分に『焼肉バル炎家 なんば店』がOPEN!2名以上で電話予約を頂いた方は、お肉盛り合わせがサービスに!?

大きな窓が特徴的な外観

 赤い看板と大きな窓が特徴の『焼肉バル炎家 なんば店』。南海鉄道なんば駅から徒歩1分と駅近です。今回はマネージャーの吉田さんにお話をお伺いしてきました。

焼肉とバルのコラボ、『焼肉バル炎家 なんば店』が誕生

清潔感のある店内

 この場所は親会社が所有している土地で、もともと駐輪場でした。しかし、駅前の便利なところなので、グループ会社の飲食店部門でお店を運営することになったそうです。奈良の系列店で『焼肉炎家』というお店をしていたので、同じく焼肉屋をすることになりました。店名も同じ“炎家”です。「同じ焼肉屋をしても面白くない。」ということでいろいろ検討したところ、焼肉とバルが一緒に楽しめるお店がないことに気づき“焼肉バル”をすることになりました。

 バルとは、食堂とバーが一緒になったような飲食店です。なので、吉田さんが今まで培ってきたフレンチ・シェフとしてのキャリアも活かしつつ、他にはない焼き肉店にできるということで、マネージャーと料理長を任せられることになりました。

仕入れ先への強いこだわり

厳選されたお肉

 このお店のコンセプトは“低価格、ハイクオリティー”。吉田さんは焼肉をお客さまに出すのが初めてだったので、まず焼肉の勉強をしました。毎日、昼・晩の2食、焼肉店を食べ歩いてお肉を勉強し、メニューの研究・開発に取り組んだそうです。次にお肉の仕入れ先の開拓をしました。自ら全国の生産者をまわり、生産者さんの牛舎と倉庫も確認し、信頼できる生産者を見つけてきました。

 吉田さんは「生産者さんと顔を会わせてからじゃないと、仕入れはできない。」とおっしゃいます。牛舎と倉庫がきちんと管理されていない所では「いいお肉ができるはずがない。」と考えているからだそうです。そうやって生産者から直接仕入れたお肉だからこそ、このお店のコンセプトが実現できるのですね。人と人とのつながりで仕入れ先を開拓してきたので、お肉だけでなく野菜や魚をこだわって作っている生産者さんとも知り合うことができました。多くの方の協力を得て、新鮮で質の良い食材をお客さまに提供することが可能になったのです。

 調味料にも手を抜きません。高知県でお店オリジナルの塩を作ってもらい、例えばサーロイン用の塩、タン用の塩とそれぞれの部位に合わせて甘みや辛みを変えているそうです。こうして生産者さんと顔を会わせ、人と人が繋がって行くことが嬉しいとおしゃっていました。

これだけは食べてほしい!自慢のメニュー

はみだしちゃうかもリブロース

 焼肉のおススメは“はみだしちゃうかも?リブロース”です。リブロースをスライスして、その場で焼いてお出しします。リブロースはブロックのお肉からスライスをするので、名前の通り、お皿からはみだしちゃうくらい大きいのが特徴です。

 バルのおススメは“燻製料理”です。バルでは、ちょっとしたおつまみとお酒を楽しむ方もいらっしゃいます。燻製は吉田さんがお店でイチから作っている、自信の一品です。ワインの種類も豊富なので、燻製と一緒に楽しむのもいいかもしれません。

これからの『焼肉バル炎家 なんば店』

美味しいお肉を焼いてくれそうな店長

 今後は、店舗を増やして行けるように『焼肉バル炎家』にたくさんのお客さまに来てもらいたいと思っています。そして、今このお店で働いているスタッフに成長してもらって、新しく出店したお店で「マネージャーや店長として活躍できるように育てていきたい。」と話してくださいました。吉田さんの思いが詰まった『焼肉バル炎家 なんば店』に、新しい出会いを求めて訪れてみてはいかがでしょうか。
開店ポータル特典
 開店ポータルを見て来店された方に、特典をご用意頂きました。
 入店の際に、「開店ポータルを見てきました」とお声かけ頂ければ、ドリンクをサービス。2名以上で電話予約を頂いた方には、お肉盛り合わせをサービス。(お肉の盛り合わせは通常メニューにはございません。)
 今回は特別メニューでご提供いただきました。ただし、どちらか1つを選択してください(併用はできません)。

店舗名 焼肉バル炎家 なんば店
住所 大阪府大阪市中央区難波1-8-7
電話番号 06-6213-2986
アクセス 各線南海なんば駅から徒歩1分
営業時間 17:00~24:00
定休日 不定休
ホームページ https://yakiniku-enya.owst.jp/
SNS
店舗詳細はこちら