【東京・高田馬場】カラオケ付きベトナム料理『アンエム』に行って来た

 JR山手線の高田馬場駅。飲食店超激戦区として知られるこの地だが、中でもエスニック料理やアジア料理は突出して激戦しているエリアである。そんな多国籍な地に新たにベトナム料理屋さんができたと聞いたので行って来ました。

小さなベトナムがそこにはある

 海外渡航数76ヶ国、グルメと同じくらい旅が生活の中心である筆者は、もちろんベトナムに何度も足を運んでいます。そんな私でも目隠しをされてここに来たら間違いなく「ベトナムに連れてこられた」と錯覚するようなお店がここアンエムです。内観や外観はもちろん、店員さんは全員ベトナムの方で、お客様も私が行った時は全員ベトナム人、店の中で飛び交う声はベトナム語のみで、おまけに匂いもベトナムで感じたものそのままでした。

 店内上部のメニューにはこだわりがあって、ベトナムでよく見る屋台を彷彿させる外観で、「ベトナムを感じることができる上、店内のどこからでもメニューが見ることができる」オーナーのマックさんは言います。

店内でカラオケを楽しむことができる!?

 こちらのお店、他のお店との一番の違いは、なんと店内にカラオケ個室が2つもあるのです。しかもその個室おの値段が2000円と非常にリーズナブルなのです。マックさん曰く、「カラオケがあれば店を変える必要がないからお客様は楽です」と確かにごもっともな意見だと私も納得してしまいました。美味しいベトナム料理を食べながら店内でワイワイカラオケができるなんて最高以外の何者でもないですね。カラオケはインターナショナル機を使用しているようなので日本語、英語はもちろん、ベトナム語の歌もカバーされているようです。

こだわりのベトナム料理

 今回取材するにあたって、マックさんが人気メニューのブンチャー980円を食べさせてくれました。ブンチャーはベトナムの都市「ダナン」の名物で、米粉で作られた麺を、特製ソースに絡めて食べる伝統料理です。日本ではあまり知られていませんが、現地では非常に人気で、私もダナンに行くときは必ずと行って食べるほどの大好物です。アンエムの料理長はダナン出身のため味も本格的で、現地で食べたものよりも美味しく感じるほどでした。付け合わせの揚げ物も美味しく、非常にオススメです。

ベトナム料理を日本の皆様にもっと知ってもらいたい

 「最近ようやく生春巻きやフォーなどは有名になって来ているが他の料理はまだまだ全然知られていない」というマックさん。もっともっと日本の人達にベトナム料理を知ってもらいたいため、年末までにもう一店舗出すことが今の目標のようです。基本的にはどのメニューも野菜がふんだんに入っているので、美味しいだけではなく非常に健康的なことでも知られるベトナム料理。筆者である私も、もっともっと普及してほしいと思うばかりです。

■文、写真・片岡力也

店舗情報

店名 ベトナム料理アンエム
住所 東京都新宿区高田馬場3-12-5 セブンビル B1F
電話番号 03-6279-1919
アクセス JR山手線高田馬場駅から徒歩5分
営業時間 11:30~15:00 18:00-21:00
定休日 日曜
URL https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13208824/