キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・九段下】無添加・無化調・自家製麺!海の幸が旨味を奏でる『ヌードルマイスター源九』の貝だし塩ラーメン!

 多くのラーメンマニアが足を運ぶ激戦区・九段下に、新たなラーメン店がオープンしました。

 ご紹介するのは、2018年5月28日にオープンした『ヌードルマイスター源九(げんく)』。自家製の麺や、添加物や化学調味料を一切使わないスープが自慢です。

 看板商品の貝だし塩ラーメンには、一人前に350gもの貝が使われています。そのほかのラーメンで使われている素材も、国産の丸鶏や煮干し、沖縄の塩、小豆島の有機醤油など、おいしさと安心にこだわったものばかり。優しい味であらゆる世代の人を虜にする同店の魅力をお届けします!

ラーメンと共にあり、これからもラーメンと歩み続ける

 店主は、麺ソムリエ協会の認定校・大和麺学校で学び、7年間の修業を経て『ヌードルマイスター源九』をオープンしました。

 食材の“源”を大切にし、同業者がひしめく“九”段下で長く愛されるお店を作ろう。『源九』という屋号には、そんな決意が込められています。

 「当店のラーメンには、出来合いのものは使いません。調味料だけじゃなく、調味料の原料となる醤油やお酒も無添加かどうかまで、すべてチェックしています。」

 店主の今までの人生はラーメン一色。「本当においしいラーメンとは?お客様を笑顔にするには?」と悩みぬき、ひとつの答えを見つけたといいます。それは、“無添加、無化調、自家製麺”にこだわり、正直な一杯をお客様に届けることでした。

もっちり、つるつる、自家製麺のおいしさには敵わない


▲製麺機

 『ヌードルマイスター源九』の麺には、北海道産の小麦・“春よ恋”が使われています。打ちたての麺をそのまま使わず、一晩寝かせてから使うのがポイント。寝かせることでよりコシが生まれ、しなやかな喉ごしが楽しめるようになります。

 さらなるこだわりは、手間を惜しまず、ラーメンによって麺を使い分けること。同店では、火~土曜日は“貝と丸鶏の日”、日・月曜日は“煮干しの日”と、曜日によって違うラーメンを提供しています。貝と丸鶏にはしなやかで喉ごしのよい麺を、煮干にはもっちりとした弾力のある麺を使っているのだとか。

魚介や丸鶏の素直な味に魅せられる、優しいラーメン

 「もともとは貝、丸鶏、煮干しのラーメンを一度に出していたんですが、貝がすごく人気になってしまって。そうなると仕込みが追いつかないうえ、キッチンのスペース上、他の2つのスープが仕込めなくなってしまうんです。それで、曜日を分けてお出しすることになりました。」と店主。

 ここからは、『ヌードルマイスター源九』の3本柱のラーメンをご紹介します。お気に入りのラーメンが出る日を狙って来店してくださいね。

 初めて訪れる方に味わってほしいのが、火~土曜日にいただける“特製貝だし塩”(1,000円)。一人前に約350gの貝を使った、贅沢なラーメンです。優しい亜麻色のスープに反して、芯の通った貝の味に驚かされますよ。

 レンゲを口に運ぶとまず感じるのは、白はまぐりの旨味。飲み込むと、ホタテやあさり、昆布の後味が広がります。別添えの“岩海苔と柚子酢のジュレ”で爽やかさを加えるのもおすすめです。残ったスープにご飯を入れて“貝だし雑炊”を作れば、一杯で2度楽しめますよ。

 “貝だし塩”と同じ日には、鶏油の芳ばしさが食欲をそそる“丸鶏醤油”(750円)が登場します。国産の丸鶏のみで作った滋味なスープが、お腹に染み渡ります。色は濃い目ながら、素材本来の旨味が生きたあっさり味です。

 貝だし塩と丸鶏醤油の共通の魅力は、低温調理の鶏チャーシュー、豚肩ロースのレアチャーシューの2種類のチャーシューがいただけること。鶏はしっとりと柔らかく、豚は生ハムのようにふんわりした食感と程よい塩気が楽しめます。ほろ苦い刻み玉ねぎ、柔らかく煮込んだ穂先メンマなど、トッピングの一つひとつがラーメンの味を引き立てています。

 日・月曜日限定の“特製煮干醤油”(1,000円)は、国産の有機生醤油をブレンドしたスープが特徴です。丼からふわりと香るのは、ローストした香川県産の息吹いりこ。上品な味の煮干なので、煮干系ラーメン独特の癖がなく、さらりと飲み干せます。

 また、毎日先着40個限定で、ダシに使ったあさりの佃煮のおにぎりをサービスしています。米どころである新潟から仕入れた無化学肥料のお米を使っているというから、こちらも抜かりがありません。ほかほか、もっちりのご飯とあさりの佃煮がマッチした、2つ、3つと欲しくなるおにぎりです。

正直なお店作り、洗練された空間、そして純粋なラーメン

 『ヌードルマイスター源九』があるのは、九段下駅の5番出口から歩いて3分のオフィス街。暖簾やのぼりはなく、一見ラーメン店とは気づかないシックな佇まいです。

 “和モダン”という言葉が似合う店内は、おしゃれなダイニングバーのよう。シンプルで飾らない空間は、澄み切った味わいのラーメンを楽しむにはもってこいです。
 添加物や化学調味料を使って、万人受けする味に調えられたラーメンも多い世の中。だからこそ、お客様の喜ぶ顔を想い、純粋な素材のみで作る同店のラーメンは愛されているのです。

 「ラーメンって、脂っこくて重い食べ物だと思われがちですよね。くどかったり、舌がピリピリしたりするスープには、余計なものが入っていることが多いんです。たくさんのお客様が当店のラーメンに出会って、“あ、おいしい”ってホッとしたり、“こういうラーメンもあるんだな”って知って喜んでくれたらうれしいですね。」と店主。

 ただひたすら素材と向き合い、まっすぐな一杯を届ける『ヌードルマイスター源九』。あなたの行きつけのお店に加えてみてくださいね。

店舗名 ヌードルマイスター源九
住所 東京都千代田区九段北1-8-3 カサイビルⅡ 1F
電話番号 03-6265-6513
アクセス 東京メトロ東西線、半蔵門線九段下駅(5番出口)から徒歩3分
営業時間 【月~金】11:00〜22:00(LO21:30)、【土日】11:00~15:00(LO14:30)
定休日 祝日
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130906/13221885/
店舗詳細はこちら