キーワード・エリア
検索条件選択
オンラインサービス / 種別
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・中野】『中野 Tsukahara』で店主のこだわりが光る絶品和食をご堪能あれ

 今回ご紹介するのは、飲食店が立ち並ぶ中野北口三番街商店会にオープンした『中野 Tsukahara(ツカハラ)』です。厳選した食材でつくるこだわりの和食を提供しています。中野駅から歩いて4分ほどの距離にあるため、用事のついでにも立ち寄りやすいお店です。

お父さまの影響で自身も料理人に

 店主が料理人となった一番のきっかけは、お父さまです。和食の料理人だったそうで、その影響から自身も料理の道へ進むことに決めました。
 最初は地元の山梨のうなぎ屋やホテルで修業を積み、その後銀座の懐石料理屋へ。そこで和の師と呼べる人と出会ったことから、お父さま同様に和食の料理人になることを志します。その後も、居酒屋やそば屋などさまざまなお店で修業と経験を積んで技術を磨いていきました。

 そして、2019年11月8日、ついに念願だった自分のお店をオープン。店名の『中野 Tsukahara』は、地名と自身の名前からとっています。

つい時間を忘れてしまいそうな居心地の良いお店

 店内は、落ち着いた雰囲気がただよう大人の空間となっています。ゆっくりと食事がしたいときやちょっと贅沢したいとき、お祝ごとや記念日などでの利用にぴったりです。

 席数は、カウンター8席のみ。お客さまを大切にしたいという想いから、一人ひとりの顔を見ながらしっかりコミュニケーションをとれるようにと、このスタイルになっています。料理はもちろんのこと、店主との会話も楽しみながらお過ごしください。席からは調理をしている様子を見られるため、ワクワクした待ち時間を過ごせます。

 居心地の良さにも配慮されており、特にイス選びにはこだわりました。お店の雰囲気にあうおしゃれなデザインかつ、長時間座っても疲れないものになっています。「お客さまのために」という、店主のあたたかい想いが感じられますね。

食材の魅力を最大限に引き出した調理法にこだわり

 「良いものをいかによく魅せるか」をテーマに掲げている同店。
 食材は、店主の地元である山梨産のものや、市場や産地直送で仕入れた鮮度の良いもの、四季折々の旬のものにこだわって使用しています。そして、この厳選した食材を、どのように仕上げたらおいしいと喜んでもらえるのか。お客さまの立場になって一品一品丁寧に心を込めて調理しています。

 また、同店の料理は和食でありながら、洋の食材や調理法も取り入れています。固定概念にとらわれることなく、工夫を凝らした料理はどれも絶品。和のなかに感じる洋を楽しみながら味わってみてください。

贅沢なラインナップの料理に舌鼓

 メニューは、コースとアラカルトを用意しています。コースは8,000円と10,000円の2種類があり、予算にあわせて選べます。内容はお任せとなっているため、どのような料理を食べられるかは注文してみてからのお楽しみ。アラカルトは、季節の食材をつかった自慢の料理を提供しています。
 料理の一例をご紹介します。

甲州ワインビーフランプ

 甲州ワインビーフとは、山梨にある牧場で育てられた牛で、甲州ワインをつくるさいに出るブドウの搾りカスを飼料に与えています。
 それによって臭みがなくなるうえに、旨みがぐんと増します。お肉本来の味を楽しむために、味付けは塩やワサビでシンプルにお召し上がりください。

頬落鶏と松茸の炊き込みご飯

 山梨の銘柄鶏・頬落鶏をふんだんにつかった炊き込みご飯です。鶏の旨みがたっぷりで、つい箸が止まらなくなります。ふわっと香る、松茸の良い匂いがたまりません。

八ヶ岳たまごを使った葛ぷりん

 濃厚さが人気の八ヶ岳たまごをつかったプリンです。卵の甘みや旨みを感じられる贅沢な味わいで、食後のデザートにぴったりです。

料理と相性の良いお酒が勢ぞろい

 お酒は、ビールや焼酎、日本酒、果実酒、ワインなどさまざまな種類を用意しています。特に日本酒は銘柄が豊富にあるので、迷ったときにはおすすめを聞いてみてください。どれも自信をもっておすすめできるほどおいしいそうですよ。料理とも良くあいます。ワインは、山梨県の甲州のものをそろえています。


▲山梨県のワイン

ゲリラランチを開催


▲天然生本鮪 刺身

 同店は基本的にはディナーのみの営業ですが、まれにランチ営業をおこなうこともあります。お昼の12時から数量限定での提供となっており、メニュー内容はその時々で変わります。
 過去には、茶わん蒸しや小鉢、土鍋ご飯などとあわせて、メイン料理に「鰤 柚庵焼き」や「天然生本鮪 刺身」などを含んだコースメニューを提供していました。これが、ランチなら1,000円から2,000円くらいとお得な価格で楽しめます。

 ランチ営業は不定期のうえ当日告知です。気になる方は、お店のInstagramをフォローしてこまめにチェックしておきましょう。もしもタイミングが良く行けるチャンスがあったときには、ぜひ行ってみてください。

五感で楽しむ『中野 Tsukahara』

 綺麗な盛り付けやおいしそうな香り、調理中の音など、舌だけでなく目や鼻、耳で料理を堪能できる『中野 Tsukahara』。
 店主のお客さまを想う気持ちと、こだわりのつまった料理を楽しみに、一度訪れてみてはいかがでしょうか。心地良い雰囲気やあたたかい接客、ここでしか味わえないおいしさで、贅沢な食事の時間を過ごせるはずです。

店舗名 中野 Tsukahara
住所 東京都中野区中野5-46-2
電話番号 03-5942-7817
アクセス JR中央線、総武線・中野駅北口から徒歩4分
営業時間 17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日 日曜日
ホームページ https://nakano-tsukahara.com/
SNS