キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・中野】リーズナブル×ボリューミーのWが嬉しい!『唐揚げ なかの』でお腹いっぱいに唐揚げを楽しんで♪

 サクッとした衣とジューシーな肉汁がたまらない唐揚げ。子どもから大人までみんなに人気で、小腹が空いた時のおやつやご飯のおかず、お酒のおつまみなどさまざまなシーンで大活躍です。
 そんなおいしい唐揚げをたっぷりと、リーズナブルに食べられるお店が中野にあります。その名も『唐揚げ なかの』。名物のからあげ丼をはじめとして、人気の牛モモステーキや居酒屋メニューが楽しめます。
 今回は店長・小宮山さんに同店のこだわりやおすすめメニューについてお話を伺ってきました。

わずか一年で多くのお客さまに愛されるお店に

 『唐揚げ なかの』は、店名こそ違いますが同じコンセプトを持つ店舗を浅草橋と御徒町にももっています。機会があって中野にも新店をオープンすることが決まり、小宮山さんが店長となって営業を開始しました。ノウハウがあるとは言え、中野では0からのスタート。まずはお店の存在を知ってもらい、お客さまをつけていくことから始まりました。
 グルメサイトに登録したりSNSによる宣伝をコツコツと続けた甲斐あって、口コミなどで徐々に評判が広まっていきました。オープンして1年経った現在では、ランチの時間帯がほぼ毎日お客さまで賑わう人気店となっています。

価格とボリュームにこだわって“せんべろ”を実現!

 「おいしいものをリーズナブルに提供したい!」との思いがある小宮山さん。価格が高くならないよう、あえて高級な食材は使用していません。その分、しっかりと下ごしらえをして丁寧に調理しています。そうすることで、高級な食材を使わずともおいしい唐揚げや料理を提供することができるのです。
 そして、価格に続いて重視しているのがボリューム。いくら安くても量が少なければお客さまにも喜んでもらえないと考え、太っ腹な量で提供しています。たくさん食べたい方やお腹が空いている時には嬉しいサービスですよね。
 また、1,000円で酔える“せんべろ”を楽しんでほしいとの思いから、焼酎やウイスキーなどのお酒と氷と炭酸水がセットになった”せんべろセット”を用意しています。お酒は500mlとたっぷりあるので、ロックやソーダ割り、水割りとさまざまな飲み方で堪能してください。

お腹にあわせて選べるのが嬉しい!名物からあげ丼

 特製の唐揚げがこれでもか!と乗ったこちらが、『唐揚げ なかの』名物のからあげ丼。見た目からもボリューミーさが伝わってくるインパクト大な一品です。唐揚げ自体にしっかりと味がついているため、そのままではもちろん、ご飯との相性もばっちり。揚げたてのサクサク感がたまらず、何個でも食べられますよ。スタンダードなもの以外に、マヨネーズと卵の風味が食欲をそそるからあげ南蛮丼や辛いものが好きな方におすすめの”からあげ赤から丼”など、ちょっと違った味を楽しんでみるのもおすすめです。
 人気の理由はおいしさだけではありません。500円というお財布に優しい価格、そして、唐揚げの個数が5~15個まで自由に選べるのが、お客さまからとても好評なのです。何個を選んでも価格が変わらないため、つい頼みすぎてしまう方もいるのだそう。また、ご飯の量も小、中、大から選ぶことができます。ワンコインでそれだけ楽しめるなんて驚きですね。唐揚げが大好きな方やお腹に自信のある方は、ぜひ15個にチャレンジしてみてください!
 

味も種類も満足間違いないしのラインナップ

 からあげ丼と並ぶほど人気で、小宮山さんもおすすめしているのが牛モモステーキ。オージービーフのモモ肉をたっぷりと200g使ったこちらも、なんと価格はワンコイン。柔らかい食感と、旨味たっぷりの肉汁が絶品の一皿です。モモ肉は脂質が少なく栄養価は高いので、カロリーを気にしている方でも安心ですよ。おすすめのおろしポン酢をかけて食べてみてください。
 そのほかミックスフライプレートや、夜には枝豆やキムチ、冷奴など居酒屋定番のおつまみに、牛すじ煮込みやチャーシュー、カキフライなどお酒がすすむメニュー、カレーライスや焼そばといったお腹がしっかり満たされるものまで用意しています。
 テイクアウトもおこなっているので、自宅でもおいしい唐揚げを楽しむことができますよ。

自信を持っておすすめする唐揚げを是非一度!

 「まずは、今お越しいただいている方々にこれからも通いたいと思ってもらえるよう、お客さまを一番に考えたお店づくりをしていきます。そして、もっと多くの方に愛されるお店を目指して、これからもおいしい唐揚げをたっぷりと、安く、提供していきたいです。当店自慢の唐揚げは一度食べればきっと気に入っていただけると思います。是非お気軽にお越しください!」
 そう笑顔で話してくれた小宮山さん。現在はおひとりでお店をまわしているため大変なこともありますが、お客さまにおいしい唐揚げを食べてもらいたいとの思いが原動力となっているそうです。
 他にはないリーズナブルさとボリュームで唐揚げが楽しめる『唐揚げ なかの』。近くに立ち寄った際は足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗名 唐揚げ なかの
住所 東京都中野区中央5-48-5 シャンボール中野 1F
電話番号 03-3383-1600
アクセス JR中野駅から徒歩5分
営業時間 11:30~15:00、17:00~23:00
定休日 日曜日
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13211626/
店舗詳細はこちら

関連するタグ: