【東京・大塚駅】大塚駅南口から徒歩5分のドラフトビールと焼鳥が楽しめる『クロウタドリ』に行ってきた

住宅街に佇む隠れ家レストラン

シンプルで分かりやすく、美味しい焼鳥がずっと好きだったと話す志摩オーナー。
いつかお店を出したいと、六本木の焼鳥屋で修業を積み念願のお店を大塚にオープンしました。

大塚南口

自分の理想のお店をつくるのに一番苦労したそう。
デザイナーさんと建築の方と三人で、試行錯誤しながらこだわりぬいた結果、「理想とは違い、もっといいものができた」と笑顔のご主人。
シックで落ち着く空間で、時間がゆっくり流れる居心地のいいお店に仕上がりました。

カウンター
焼鳥 クロウタドリ

「住宅街に囲まれており、細い路地裏にあるので、開店前はお客さんが来てくれるか不安だった。」とご主人。
「いざお店をオープンしてみると、地元の方が多く訪れてくださり、それが一番嬉しかった。」
前のお店が30年続いたとんかつ屋だったこともあり、訪れるお客様は地元の方がほとんど。
そんなお客様に寄り添ったお店にしたいと、同じ目線で会話ができるハイカウンターにこだわりました。

お酒×焼鳥

ドラフトビールにこだわりなんとビールだけでも7種類!
すべて国産で揃えており、豊富な種類の中でも特におすすめなのは『日の丸ラガー』
備長炭で丁寧に焼き上げる焼鳥と一緒に飲むビールは格別ですよね。

ドラフトビール

保存にもこだわっており、農家の人が使う『玄米保冷庫』と呼ばれる冷蔵庫でビールを保管しています。冷やしすぎてもだめなので、最低温度が3℃に保たれる玄米保冷庫は、
ビールのちょうどいい温度が7-8℃のため、保管するのに最適とのこと。

「焼鳥はどれもおすすめなので選べない。」とご主人。
焼鳥以外で選ぶなら、ぜひ食べてもらいたい一品は『自家製レバーパテ』
レバー独特のくせが殆どなく、まろやかで食べやすい自家製レバーペーストをバケットと一緒にどうぞ。

日本酒

また、日本酒にもこだわっており、茨城県の笠間市でつくっている『稲里純米』が一押し。
顔が見える人にお酒を飲んでもらいたいというモットーがあり、地元の人や知り合いにしか売らないとのこと。
ご主人は、以前修業していた焼鳥屋で取り扱っていたため、蔵の見学で訪れたときに顔見知りなったそうです。
お店をオープンするにあたって茨城まで自ら足を運び仕入れた、大塚ではここでしか味わえない貴重な日本酒です。

地元の方に愛されるお店に

「気取らないお店にしたい。」
オープン当初から心がけてきた、気軽に立ち寄ってもらえるお店にしていきたいとご主人。
地元の方の憩いの場になってもらえたら嬉しいと、熱心に語っていただきました。
仕事帰りや飲み会のあとの2件目・3件目と、気兼ねなく気軽に訪れたいお店です。

南大塚

店舗情報

店名 クロウタドリ
住所 東京都豊島区南大塚1-50-5 コーポ大塚マンション1F
電話番号 03-6902-9695
アクセス JR山手線大塚駅南口から徒歩約5分
営業時間 17:30~23:30
定休日 不定休
URL https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13205750/