【東京・荻窪】5つ星ホテルで10年勤めあげたシェフが腕を振るう『多国籍バル DESPACITO Dining荻窪』

 東京都杉並区。荻窪駅から徒歩1分のところに、本格多国籍料理が楽しめるバルが誕生しました。2017年9月24日オープンの『多国籍バル DESPACITO Dining(デスパシートダイニング)荻窪』です。世界中の料理の良いところをチョイスして提供されるその料理は、5つ星ホテルのシェフが腕を振るっています。今回はマネージングディレクターのマニッシュさんにお話を伺ってきました。

一流シェフの料理の腕を日本へ

 まずはマネージングディレクターのマニッシュさんについてご紹介しましょう。マニッシュさんは家族が日本で働いていた時に一緒に来日し、語学を勉強しました。その後アメリカの大学に入り、卒業後はニュージーランドの会社に就職。長年の経験から、英語・日本語・ヒンディー語・スペイン語の4カ国語を話せるマニッシュさんは日本で会社を立ち上げ、来日した外国人の飲食店経営のコンサルティング業を始めました。その中でこの『DESPACITO Dining』のシェフとなる方と出会いました。
 同店のシェフは、ロシア・モスクワの5つ星ホテルで10年間腕を振るってきた一流の料理人。マニッシュさんは、シェフの日本出店を後押ししました。シェフが手がける料理は、ヨーロッパ・ロシア・アジアと幅広いジャンルをカバーしており、その中から選りすぐりの“美味しいもの”をピックアップしたという、多国籍料理が自慢。9割のお客様が「美味しい。」と満足して帰られていることが、経営者であるマニッシュさんにとっても嬉しく、励みになっているそうです。

ゆっくりとくつろげるお洒落な空間

 この店舗に決めた理由は「中央線沿いに店を作りたかったから。」とのこと。一軒家を丸ごと改装し、2階建ての広々としたお店に仕上げました。この店名の『DESPACITO(デスパシート)』とは、スペイン語で“ゆっくりと”という意味だそうです。その名の通り、店内はゆっくりとくつろげるお洒落な空間となっています。1階は大きな窓から光が入る明るい店内。外からも中の様子が分かるような作りになっています。2階は完全個室となっており、ワンランク上のラグジュアリーな空間です。まさに“DESPACITO”な時間が流れるアットホームな雰囲気を味わえます。通常は8名からご利用可能(最大18名)ですが、テーブルチャージ料(1,000円/人)を払えば4名からもご利用できます。宴会や女子会、合コンや接待など、様々なシーンでご利用いただけます。

魅力的な料理の数々に驚き

 同店のおすすめ料理は “ロシアンサラダ”。こちらのサラダ、生野菜ではなくサッと茹でてあるのだそうです。そこにマヨネーズベースで下味を付け、優しい味わいに仕上げました。お客様がイメージするサラダと違うので、よく驚かれるそうです。また、スペインの小皿料理・タパスが充実しており、その価格も150円~とリーズナブル。色々な種類の料理を少しずつ食べることができますよ。

 “ラムチョップ”は、ニュージーランドのスプリングラムを使用。肉はほぼニュージーランドから取り寄せているそうです。ラム独特の臭みがなく、とても食べやすい一品。是非お試しください。そして肉料理によく合う、世界各国のクラフトビールや、ワインも揃っています。料理にあうお酒をスタッフが教えてくれるそうなので、お気軽にお尋ねくださいとのこと。

 他にも世界各地の様々な料理が目白押しの『多国籍バル DESPACITO Dining荻窪』。駅前で気軽に世界旅行ができてしまいますね。「まずは一度来ていただいて、シェフの10年の経験から生まれる料理の数々を味わってみてください。」とマニッシュさん。折り紙付きの料理の数々をぜひ堪能してみてください。

▲ピンチョス150~180円

店舗情報

店名 多国籍バル DESPACITO Dining荻窪
住所 東京都杉並区荻窪5-24-5
電話番号 03-6338-7790
アクセス JR中央線 荻窪駅から徒歩1分
営業時間 ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナー17:00~24:00(L.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
定休日 不定休
URL https://despacito-dining.tokyo/