キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・渋谷】一日の終わりにパフェを♪幸せな時間をお届けする『夜パフェ専門店Parfaiteria beL』

 2017年9月30日、札幌で人気の“夜パフェ専門店”がついに渋谷へ上陸しました!お酒を飲んだ後のパフェはいかがでしょうか?『夜パフェ専門店Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)』の魅力について、東京支部担当の河口さんにお話しを伺いました。

札幌の“夜パフェ”文化を広めたい

 今、札幌では空前の“夜パフェ”ブームが到来!お酒を飲んだ後の〆や、夜にパフェを食べるというお客様のニーズが高まり、“夜パフェ専門店”の人気に火が付きました。しかし東京には、まだ“夜パフェ”の文化が根付いていません。そこに目を付け、札幌仕込みの夜パフェを東京から広めていこうと、眠らない街・渋谷に“夜パフェ専門店”をオープンされました。フルーツを使い、甘さ控えめに仕上げているので〆にも最適な、さっぱりパフェです。

5種類の中から選べるパフェ

 『夜パフェ専門店Parfaiteria beL』では、常に5種類のパフェがラインナップされており、旬のフルーツやナッツを使った、季節のパフェが楽しめます。特に“北海道生まれのお店”ということで、地元の食材を大切にしているそうです。
 使用する食材のバランスも全て計算し尽されているのだとか。甘さと酸味の強弱や、パフェの起承転結など、それぞれの良さを活かしたオリジナルスイーツ。プラス300円でドリンクが付けられます。ウィスキーや、スパークリングワインといったお酒類と一緒に食べるのが粋な楽しみ方です!甘いパフェとウィスキーのロックを、一緒に召し上がる女性のお客様もいらっしゃるのだとか。同店では、甘党の男性も周りの目を気にすることなく、思う存分パフェを食べられますよ。

季節を感じるオトナのパフェをご紹介

 シーズンごとに様々なパフェが登場する同店では、新メニューを逃さないようにしたいところです。Twitterなどで情報を先取りしていただいたお客様には、メニューに載る前のパフェをお出しすることも可能なのだとか。要チェックですね!


▲苺とシャンパーニュのパフェ(2017年11月22日~)

 こちらの苺とシャンパーニュのパフェは“大人のクリスマスプレゼント”を意識したパフェとのこと。この彩りが物語っていますね。チョコレートの赤い羽根や、龍を感じさせるホワイトチョコでプレゼント感を。そして飴やメレンゲでステッキ感を演出。可愛さの中にもオトナを感じる上品なパフェです。これからの時季が旬の味しい苺を堪能できる一品です。クリスマスを前に、一足早い自分へのプレゼントにいかがでしょうか。


▲シンガポールスリングなパフェ 1,400円

 海に沈む夕日をイメージしたと言われている“シンガポールスリング”は、スピリッツにレモンジュースなどを加えて割った、甘い味わいが女性にも人気のカクテルです。
 そんな、シンガポールスリングをイメージして作られたこちらのパフェはシャンパンを使い、ブランデーに漬けたサクランボ“グリオット”のソルベと、ライムソルベをトッピング。酸味のある大人のパフェだそうですよ。

 「一日の終わりに美味しいパフェで〆て、よい夢が見られますように。」と河口さん。夜に食べるパフェだからこそ、生クリームやコーンフレークたっぷりのパフェではなく、生のフルーツをふんだんに使い、ソルベやジェラートでさっぱりさせることを心掛けているそう。お洒落な空間で食べる同店のパフェは、一日の締めに素敵な時間を運んでくれます。

思わず写真に撮りたくなるお洒落な空間

 照明が店内を優しく照らし、バーのような雰囲気が漂うお洒落な店内でパフェと一緒に写真を撮れば“インスタ映え”も抜群です。『夜パフェ専門店Parfaiteria beL』では、あえてパフェの写真はメニューには載せていないそうです。出てきた時の驚きを味わってほしいからなのだとか。まだ食べていない方は、目の前に運ばれてくるパフェを想像しながら、期待に胸を膨らませ、お店へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗名 夜パフェ専門店Parfaiteria beL
住所 東京都渋谷区道玄坂1-7-10 新大宗ソシアルビル3F
電話番号 03-6427-8538
アクセス JR渋谷駅から徒歩3分
営業時間 17:00-24:00、金土祝前日は26:00まで
定休日 月曜
ホームページ http://risotteria-gaku.net/
店舗詳細はこちら