【東京・渋谷】渋谷駅から徒歩10分 都会の喧騒の中にある癒し空間『CHAKAS』にいってきた

渋谷駅から徒歩10分、都会の喧騒の中にある癒し空間。日本茶の良さを味わえるカフェ『CHAKAS』の染谷さんにお話をお伺いしてきました。

おにぎりとお茶が楽しめる空間

もともと大手IT系商社に勤めていたオーナーの染谷さん。ITという仮想空間上の取引からリアルの現場というものに興味が湧き、デイリーユースで利用ができるお茶屋さんに注目したことが新規事業立ち上げのきっかけだそうです。

日本茶のカフェ

日本茶

通勤や休憩時間など、普段コーヒーを飲む方も多いかと思いますが、コーヒーというと眠気を覚ましたり、気合いを入れるなど、どちらかというとエナジードリンク的な意味で飲まれる場合が多いかと思います。そうすると飲んだら頑張らなきゃいけないというスイッチを入れてしまって心が疲れてしまうのではないか?そんな現代人の悩みに着目した染谷さんは、スイッチ“オン”ではなく“オフ”にする日本茶がいいのではないかと考えたそうです。お茶には“テアニン”という旨味、甘味を含む成分が入っており、緊張緩和や興奮を抑える効果があると医学的にも認められています。また、コーヒーと同様にカフェインも同じくらい含まれている為、スイッチオフのあとに効率的に集中力が高まり、勉強や仕事にも集中が出来ます。

福岡県産八女茶

事業を構想する3年前までお茶のことは何もわからなかった、という染谷さん。あるきっかけから日本に30人程しかいないといわれる日本茶鑑定士の木屋さんと出会い、色々なアドバイスをいただきながらお茶、そしてそれに合うおにぎりの具材などを選び抜いたそうです。テーマは、日本茶の既存のイメージを変えて、みんなが毎日飲んで当たり前のお茶にしたい。そんな思いからプロモーション、カップ、原料など、ひとつひとつにこだわりを持って選ばれました。茶葉は福岡県名産の八女茶(ヤメチャ)。八女の土地で収穫された茶葉は、コク、甘みを強く感じるものが多いといわれていて、ペットボトルで普段飲んでいるお茶との違いが一番わかりやすかったのが選んだ決め手だそうです。

おにぎり

想いは世界へ

「将来的には世界中の人々の日常生活に日本茶を提供していければ」と染谷さん。流行の最先端としてのイメージが強い渋谷ですが、そんな環境に疲れてしまった方にこそ、一度心をリセットして切り替えてもらうきっかけにしてもらいたい。その想いを実現するために用意された、素材選びからこだわり抜いた、お茶とおにぎりが用意されております。皆様も是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

店舗情報

店名 Japanese tea & Onigiri CHAKAS(チャカス)
住所 東京都渋谷区東1-3-1カミニートビル1F
電話番号 03-6427-3059
アクセス JR山手線渋谷駅から徒歩10分
営業時間 平日8:00~20:00、土日祝9:00~18:00
定休日 不定休
URL http://chakas.tokyo/