【東京・三鷹】日本のお客様の“おいしい!”が聞きたくて。『アジアンカレー スパシュー』は本格カレーが絶品のアットホームなレストラン♪

 三鷹市の東八道路沿いにある『アジアンカレー スパシュー』は、2016年1月にオープンしたインド・ネパールレストランです。オーダーが入ってから焼き上げるチーズナンは、塩気と、もっちりした甘い生地の組み合わせがたまりません。優しい味のバターチキンカレーをはじめ、本場の風味を守りつつ、日本人が親しめる味に仕上げた料理が揃っています。
 同店のもうひとつの魅力は、外国人スタッフのあたたかい接客と居心地のよさ。地域の家族連れの団らんに欠かせない、アットホームなお店として愛されています。

笑顔のスタッフが迎えてくれるあたたかいレストラン

 “外国人の店員さんって、何だか話しづらい…”。インド・ネパールレストランと聞くと、そんな抵抗を感じる方も多いですよね。しかし『スパシュー』で働く3人の外国人スタッフは、気さくで優しい方ばかりです。
 「前は、調布にある知人のカレー屋さんで働いていたんです。確か5年くらい勤めていたかな。誰かと一緒に働くのも楽しいけど、僕の料理を喜んでくれるお客様の存在を、いつも身近に感じたくて独立しました。」と、代表のケムラジュ・バンダリさん。流ちょうな日本語で、取材に応じてくださいました。

気兼ねなく過ごせる店内でゆっくりとお食事を

 店内は、どんな世代の方も気兼ねなく過ごせる雰囲気です。インテリアはケムラジュさんが祖国で調達したものと、日本で選んだものを置いているそうですよ。
 「カウンター以外の設備は足りない部分が多かったので、僕たちで頑張りました。オープンまでは、のぼりを出したり、一生懸命チラシを配ったり、忙しかったですね。」


 調理が始まると、スパイスの香りがお店にただよいます。カウンターには、世界遺産のタージ・マハルやヒンドゥー教の神様のタペストリーが。ちょっとしたインド旅行気分を味わえますね。

 ふと目をやると、金魚の泳ぐ水槽が。異国情緒の中にも、日本人がホッとする生活感を見せてくれます。土日は奥様や子どもと、平日は仕事帰りに一人でふらっと。そんな風に、家族ぐるみで常連になってくれている方も多いのだとか。
 「土日はランチもディナーも大忙しですね。最初は“生活できる分のお金が入ればいいかな”と思ってたのに、それ以上に繁盛して驚いています。あまりにも忙しいから、スタッフを増やしちゃいました。」と、ケムラジュさんは嬉しそうに話します。

日本人の舌をうならせる本場の味に感動!

 『アジアンカレー スパシュー』が掲げるコンセプトは、“本場の味でありながら、日本人がおいしく食べられるインド・ネパール料理”。スパイスを効かせつつ、甘めでまろやかな味になるよう、創意工夫を重ねています。


▲ランチメニュー

 ランチタイムには、選べるカレーのランチセットが登場します。カレーは、ダル(豆)、野菜、チキン、キーマ、海老、マトンの6種類から選べますよ。本場のカレーはルーがサラサラしており、具材でコクを出したり、あっさり味に仕上げたりと、表現の幅が広いのだとか。
 野菜カレーは、カリフラワーやいんげん、にんじんがたっぷり。牛乳が加えられ、まろやかで優しい味わいです。海老やチキンも新鮮で臭みがなく、ルーによく絡みます。
 そしてうれしいことに、ランチはナンとライスのおかわりが自由!40cm近くある焼きたてのナンが、あつあつで運ばれてきます。ターメリックライスのスパイシーな香りを吸い込めば、インドの市場にいるようなわくわく感が味わえますよ。

 グランドメニューのカレーはチキン、マトン、野菜、シーフードを合わせて30種類以上という、驚きのラインナップです。迷ったら、お店イチオシの“バターチキンカレー”(950円)を選んでみてください。濃厚なバタークリームとトマトソースのハーモニーが、多くのファンに愛されている一品です。辛味が苦手な方やお子様でも、ぺろりと食べられますよ。
 カシューナッツ仕立てのルーや、チリソースを使ったルー、野菜をとろとろに煮込んだルーなど種類もさまざま。具とルーの組み合わせで、おいしさが無限大に広がります。
 ランチ、ディナーともに、辛さはマイルド、普通、中辛、辛口、激辛から選べます。+100円で激辛よりも辛くできるので、チャレンジャーは試してみてくださいね。

 カレーの相棒・ナンの種類も豊富で、プレーンの他にチーズ、ガーリック、キーマ(ひき肉入り)、オニオンなどがあります。おすすめは“チーズナン”(450円)。ふかふかの生地と、とろりとしたチーズ、はちみつが相性抜群です。甘さと塩気の絶妙なバランスが癖になりますよ。
 定番のタンドリーチキンをはじめ、ビリヤニ(インド風チャーハン)、チャウミン(ネパール風焼きそば)、スクティ(ネパール風スパイシー肉野菜炒め)など、お酒にも合うインド・ネパール料理が他にもたくさん。分からないことがあれば、本場出身のスタッフが丁寧に教えてくれます。気軽に尋ねてみてくださいね。

常連さんを増やしながら、地域を見守り続けたい

 ケムラジュさんの悩みは、お店が駅から離れているため、なかなか新規のお客様に来ていただけないこと。それでも、少しずつ口コミが広まり、常連さんが増え続けているそうです。
 「お客様が後日、知り合いを連れてまた食べに来てくれたときはうれしいです。これからも少しずつ常連さんを増やして、2号店、3号店を作っていけたらいいですね。」と、意気込みを語ってくださいました。
 3,000円~4,000円のちょっと贅沢なコースメニューもあります。大切な人を誘って、アジアンテイストのパーティーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 “祖国の料理のおいしさを、日本人のお客様にも伝えたい”。『アジアンカレー スパシュー』は、そんなケムラジュさんの想いから生まれたお店です。スパイスの香りと楽しい笑い声でいっぱいの同店に、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

店舗情報

店名 アジアンカレー スパシュー
住所 東京都三鷹市野崎2-8-1 クラウンビル1F
電話番号 042-233-1809
アクセス JR中央線武蔵境駅から車で約10分
営業時間 11:00~23:00(L.O 22:30)
定休日 無休
URL http://asiancurrysparsh.wixsite.com/sparsh/party