キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【沖縄・宜野湾】眠れぬ夜の行きつけにしたい『Bar Barrique』路地裏の隠れ家で、おいしいカクテルとおつまみを。

 おいしいお酒が飲めるバーで、とことん自分を癒したい…今回は、そんな日にぴったりのお店をご紹介します。
 取材に訪れたのは、美しいビーチや家具屋通りで有名な宜野湾。国道58号線そばの路地裏にある『Bar Barrique(バー バリック)』です。季節のフルーツを使ったカクテルや、マスターお手製のスモーク料理は絶品!眠れない夜にこっそりと家を抜け出してくる常連さんも多いのだとか。

熟成するワインのように味わいを増して

 『Bar Barrique』がオープンしたのは、2011年4月のこと。同店のマスター・田崎さんは、高校を卒業して以来、長く飲食の現場に携わってきたベテランです。
 ずっと雇われの身で働いてきた田崎さんが、なぜ自分のバーを持とうと考えたのか。それは、個人経営のお店で働き始めたことがきっかけでした。

 「ホテルのレストランから宴会場、個人店とだんだん小さくなって、バーに行き着いたんです。お客さまとカウンター越しにお話ししていたら、“自分のお店を持つって、いいな”と思うようになって。もともと僕が、おいしいものを食べたりお酒を飲んだり、人と話すのが好きだったのも大きいですけどね。」
 店名の“Barrique”とは、ワインの熟成に使われる樽のこと。年月をかけてゆっくりとおいしくなっていくワインのように、この街やお客さまと長くお付き合いしていきたい…そんな願いを込めているのだそうです。

お客さまとの絆が育んだ穏やかな空間

 古い街並みを気に入り、こちらへ出店を決めた田崎さん。しかしオープン当初は、それゆえの苦労もありました。
 「周りにスナックが多いから、スナックだと思って来る方も多かったです。“ママはいないのか!”とか、“なんだよ、カラオケはないのか!”とかね(笑)。今はだいぶバーとして認知されたし、常連さんもついてくれたから、そういうことは少なくなりました。」

 店内は落ち着いていながら高級すぎず、誰でも気軽に入ることができます。
 「“堅すぎず、カジュアルすぎず”を目指して、インテリアは僕が自分で選びました。お店に置いてあるピアノは妻の実家にあったものですが、自由に弾いていただいて構いませんよ。調律してないから、音は外れちゃいますけどね…。」

 2018年に7周年を迎えた同店には、田崎さんの古くからのお客さまも多く訪れます。
 「那覇で働いていたときの、15年来のお客さまにも時々お会いしますよ。お店が変わっても会いに来てくれる方がいるのって、幸せですね。“ちょっとコンビニ行ってくる!”なんて、奥さんにナイショでこっそり飲みに来る常連さんも多いです(笑)。」

おいしいお酒とおつまみ、楽しい時間を路地裏で

 那覇まで遠出しなくとも、宜野湾の路地裏でおいしいお酒が飲める。それが、『Bar Barrique』のコンセプトです。
 「お酒といっても星の数ほどあって、混ぜ合わせれば別のお酒になったりします。熟成年数や産地によっても、味は大きく変わるし。そんな奥深さを知って、“お酒って面白い!”と思う人を増やしていけたらいいですね。」
 お酒のおいしさにこれから目覚める若い世代にも、ぜひお店に来てほしいと田崎さんは話します。


▲マスカットマティーニ

 お店のおすすめは、季節の果物を使ったフルーツカクテルです。夏はすいかやパッションフルーツ、冬はいちごなど、色とりどりのカクテルに出会えますよ。
 取材当日のフルーツカクテルは、マスカットマティーニ。マティーニはジンベースの辛口のカクテルですが、マスカットを加えるとフルーティーで飲みやすい味に。淡いエメラルド色が可愛らしい、女性にも人気の一杯です。

 バーのフードメニューというと、ミックスナッツのような簡単なものしかないイメージがありますよね。『Bar Barrique』では、食べごたえのある自家製おつまみがいただけます。身近な食材を使って、家庭では作らないようなおつまみを提供するのがモットーなのだとか。
 特に、チーズ、サーモン、たまごなどの自家製スモークは絶品。香ばしくコクのある味わいが、あらゆるお酒の味を引き立てます。
 サクッとつまめるものもあれば、しっかりお腹を満たせるパスタやピザもあります。注目は、最近始めた〆のラーメン。「バーでラーメン!?」と驚きますが、意外に人気なのだそうですよ。
 「帰りがてらラーメンを食べに行こうとすると、タクシーを2回拾わなきゃならなくて面倒ですよね。だから、〆のラーメンもここで食べていけたら、お客さまも喜ぶんじゃないかと思って。もちろんトッピングも自家製ですよ。」

眠れぬ夜は『Bar Barrique』で夜更かしを

 『Bar Barrique』は、バーとしては珍しい禁煙のお店。バーに来ると、服や髪に煙草の臭いがつくのが嫌だという方も多いでしょう。そんなお客さまの気持ちを汲んだお店づくりが、人気の秘訣なのかもしれません。

 田崎さんの頑張りの素は、ずっと続けてきた飲食の仕事で築いた、たくさんの人との絆です。毎年4月の周年祭にはお客さまや友人を招き、ビーチでバーベキューをするのが楽しみなのだとか。
 「おひとり様ばかりなので、初めての方も気軽にいらしてくださいね。おいしいお酒とおつまみを用意してお待ちしています。これからも、末永く応援していただけたらうれしいです!」と、想いを語ってくださいました。

 おいしいカクテルやおつまみを肴に、マスターとのおしゃべりに花が咲く『Bar Barrique』。眠れない夜の行きつけに加わること、間違いありません。

店舗名 Bar Barrique(バー バリック)
住所 沖縄県宜野湾市大謝名5-2-18
電話番号 098-955-3352
アクセス 那覇市から車で約27分、国道58号線大謝名交差点そば
営業時間 19:00~翌3:00
定休日 不定休
ホームページ https://ja-jp.facebook.com/barbarriquekazu
店舗詳細はこちら

関連するタグ: