【東京・東中野】中野区からも認められた味!『ドーカン』の手作りジェラートやケーキでみんなハッピーに♪

 東京・中野に1990年の創業以来、地域の方々から親しまれている洋菓子店があります。その名も『ドーカン』。中野区に縁の深い室町時代の武将・太田道灌(おおたどうかん)にあやかってつけられました。
 すべて手作りにこだわった、自慢のジェラートやケーキ、焼き菓子の販売をおこなっています。ほかにはないリーズナブルさで気軽に立ち寄りやすく、どこか懐かしい素朴な味わいが人気のお店です。

お菓子作りの道に歩んで40年以上

 店長の植田さんは高校卒業後に製菓学校へ進学し、お菓子作りの道を志しました。15年ほどお菓子屋に勤めて知識を学び、経験を積んだのちに独立。念願かなって『ドーカン』をオープンしたのです。
 いざ独立してみると、勤めている時には経験することのなかった苦労が多くありました。主にスタッフの雇用や教育、売り上げや資金繰りなど、経営者ならではの問題です。
 「自分が経験してみて、毎日お店を開くことや長く続けていくことの大変さを感じました。」と植田さん。
 そんな同店も2018年で28周年です。以前同じお店で修業をしていた仲間が生田と中野島にお店を開いていたため、その2店と姉妹店というかたちで宣伝しながら営業しています。

この場所を選んだ決め手は、桜

 お店の目の前には、東中野でも人気の花見スポットとなっている桜並木が。春になると桜が満開になって、とてもきれいな景色が見られます。近隣の方だけでなくほかの地域からも、桜を見に毎年多くの人が訪れるほどです。これこそ、植田さんが現在の場所にお店を構えた理由となっています。
 以前の職場に勤めていた時、通勤電車の中からその景色をずっと見ていました。あまりのきれいさにすっかり魅了され、いつかここでお店をやれたらいいなと夢を描いていたのです。

グランプリを獲得した人気ジェラート

 

 大人気のジェラートは時期によって提供するフレーバーが異なり、年間で50種類ほどにもなります。
 そのなかで絶対的な人気を誇っているのが、桜塩ミルクジェラート。2008年から中野区にて開催されている“中野の逸品グランプリ”で、初代審査員特別賞を受賞しているものです。ミルクの甘さと塩のしょっぱさがマッチするさっぱりとした味わいに、ほんのり香る桜の風味がポイント。少し強めに効いた塩が、ミルクの優しい甘みを引き立たせます。
 植田さんのおすすめは、バニラです。スタンダードなものだからこそ、他店との味の違いやおいしさがよくわかります。女性からはフルーツ系のフレーバー、男性からはチョコレート系のフレーバーが人気です。

 値段はシングルが250円、ダブルでも300円と、とてもリーズナブル。この手軽さも、人気の理由となっています。店内にはベンチがあるため、イートインも可能です。特に暑い時期は休憩がてらジェラートを食べて涼みに来る方もいらっしゃるのだとか。
 テイクアウト用のアイスも用意してあり、通常1つ250円のところ、10個以上のお買い上げの方はなんと230円になります。たくさん注文したい方にはお得なサービスですね。また、クール便での発送も承っています。遠方にお住いの方でもジェラートを楽しめると、喜ばれているそうですよ。

小ぶりながらもしっかりとした満足感

 ショーウィンドウにはバラエティー豊かなケーキが並んでいます。植田さんのおすすめは、2種類のフレッシュチーズを使ったレアチーズケーキ・クレームアンジュ。ふわふわの軽い口当たりがたまりません。中に入ったチェリーの甘酸っぱさがアクセントになっています。
 栗が存分に楽しめるモンブランも、ファンの多い一品です。ロールケーキの土台にマロンクリームが絞られているため、味はもちろんお腹もしっかり満たされます。同店のケーキのなかでは一番甘いそうなので、モンブラン好きや甘党の方はぜひお試しください。 
 お客さまに選ぶ楽しさを味わってもらうため、種類は豊富に用意しています。どれもおいしそうで、行くたびに悩んでしまいますね。1つ300円前後と、リーズナブルな価格が魅力です。小ぶりのサイズで飽きずに食べられるため、ちょっと甘いものが食べたい気分の時にぴったりですよ。
 ホールケーキの用意もあるので、誕生日やクリスマスといった記念日やイベントの時にも大活躍です。
 焼き菓子も一つひとつ植田さんが心を込めて作っているものばかり。たっぷり使ったバターの風味と、しっとりした食感が楽しめます。小腹が空いた時のおやつやお土産にいかがでしょうか。

お客さまを想ったお菓子作り

 「当店で販売しているジェラートやケーキ、焼き菓子はすべて自家製です。独立してお店を始めたのも、自分が作ったものを並べて、それをお客さまに買ってもらいたいとの思いからきています。そのため、今後も手作りにこだわったお菓子の販売を続けていきたいですね。
 気軽に手を伸ばしやすいよう、お財布に優しい価格にもこだわっています。これからもお客さまに喜んでもらえるお店を目指していくので、是非お越しください。」
 増税や物価の値上がりに伴ってどんどん値上げしていくお店が多いなかで、開店時から価格を変えていないそう。“お客さまに安く提供したい”という、植田さんの強い想いが感じられますね。
 桜の時期や近くにお立ち寄りの際には、『ドーカン』自慢のお菓子を味わいに一度訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 ドーカン
住所 東京都中野区東中野3-2-2
電話番号 03-5386-3666
アクセス JR東中野駅から徒歩3分
営業時間 9:30~20:30
定休日 火曜日
URL https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13004346/