キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【沖縄・那覇】アットホームな雰囲気が魅力の小料理屋さん『ごはんや うらら』で素材にこだわった料理を堪能

 ゆいレール・牧志駅より徒歩3分、国際通り近くに2015年開店した小料理屋『ごはんや うらら』をご紹介します。
 ご飯を土鍋で提供したり、店主・前盛さんがかっぽう着姿で接客したり…懐かしい空気が流れている同店。
 思わず、「ただいま!」と言いたくなるような、アットホームな雰囲気のお店です。

 前盛さんに、お店を出したきっかけや料理にこめたこだわりをうかがってきました。

2015年にオープンした『ごはんや うらら』

 前盛さんは元々バスの添乗員として活躍しており、飲食業は未経験のフィールドでした。そんな彼女がこの業界での開業を目指したきっかけは2つあります。ひとつは食べることが好きで、その楽しさを分かち合いたいと思ったこと。そしてもうひとつは、バスの添乗員の仕事を通じて、サービス業が素晴らしいと思えたことです。

 決意を固めた前盛さんは、飲食店での修業を開始。2015年に『ごはんや うらら』をオープンしました。
 店名の“うらら”は、フランス語でワクワクする気分を表す言葉なのだそう。食堂らしい店名にするために“ごはんや”を冠したのだとか。和食屋は敷居が高いイメージですが、店名のおかげでとても親しみやすくなっていますよね。

ぬくもりあふれる店内

 店内は落ち着いた雰囲気を出せるよう、テーブルや椅子は木を基調としたぬくもりあふれる装いに。壁紙は白で統一されていて、清潔感が溢れています。
 
 席数は12席のみ。まるで隠れ家のような雰囲気です。貸し切りにも対応してくれますよ。

食材にこだわった料理の数々

 『ごはんや うらら』の料理は全てコース料理です。
 3,500円のコースではサラダや揚げ物、煮物、新鮮なマグロのお造りをはじめとした前菜の盛り合わせ8品に、ご飯、みそ汁がついてきます。

 中でもイチオシなのが“伊勢海老のウニソース焼き”。伊勢海老のぷりぷり食感と豊かな風味、そして濃厚でリッチなウニの味がマッチした贅沢な一品です。
 “てびち(豚足)の唐揚げ” にも注目。コラーゲンがたっぷりで、特に女性に好評です。外はカリカリで中はとろけるようなトロトロの食感にハマる方も続出なのだとか!ぜひご自身の舌で体感してみてくださいね。


▲いくら丼

 ご飯には“ゆうだい21”という銘柄を使用。コシヒカリ以上のしっかりとした食感と強い甘みのあるお米です。これを土鍋で時間をかけてじっくり炊くことで、さらに旨みがパワーアップ。同店ではいくらご飯やお赤飯から、“北海道産トウモロコシのご飯”まで、さまざまなものを日替わりで楽しめます。


▲北海道産トウモロコシご飯

 みそ汁に使う味噌は、久米島に代々伝わる“久米島たいらの味噌”を使用。無添加にこだわっている上に、塩もほとんど使用していません。そのため、味噌本来の味と香りがダイレクトに楽しめます。素朴だからこそおいしい、和食の神髄とも言えそうですね。

 5,500円のコースでは3,500円のメニューに加えて、“パイナップルアグーのしゃぶしゃぶ”と“石垣牛のタタキ”がプラスされます。
 パイナップルアグーのしゃぶしゃぶは、牛肉と間違えるほどの高級感あふれる肉質が最大の持ち味です。甘味のある脂身と肉の味がしっかりした赤身は、付けタレがいらないと思えるほど濃厚な味わいなのだとか。
 大自然の恵みをたっぷり受けて育った石垣牛のタタキは、さっぱりながらも味わい深いテイストに仕上がっています。

お酒好きは必飲!

 コースとは別料金で提供しているドリンクメニューも豊富なラインナップ。日本酒やオリオンビール、6種類の泡盛のほか、各地の名産物を使用したリキュールもあります。

 特筆すべきは、“片浦レモンのサワー”です。片浦レモンは、神奈川・小田原の名産で香りの強さは群を抜いています。さらに安心安全の無農薬で、皮までまるごと味わえるのだとか。同店では、これを“キンミヤ焼酎”と合わせて、刺激的な酸味とさっぱりとした口当たりのサワーとして提供しています。

 このほか“五島麦”や“五島芋”も一飲の価値ありな銘柄。長崎の五島列島酒造でつくられているプレミアムな焼酎です。五島麦はマイルドで優しい口当たりを、五島芋は上品な香りを感じられます。県内でこちらが飲める料理屋は同店だけ!料理とあわせて味わってみてはいかがでしょうか。


▲キンミヤ焼酎(左)と片浦レモン(右)

『ごはんや うらら』で、至福のひと時を

 「これからは当店を、“自分たちらしいことを表現するお店”にしていきたいですね。最近では“ゴーヤの佃煮”っていう商品も考案し、東京のイベントで販売したりもしました。これからもより多くの地域の方々と関わりを持てたらなぁと思っているので、気軽に来ていただけたらうれしいです!」と、前盛さん。もしかすると、あなたの住む街に前盛さんが訪れる日もそう遠くはないかもしれませんね。

 今後は季節ごとに子ども向けのテーブルマナー教室を実施したり、おにぎり屋さんを開いたりすることも考えているそう。
 明確なビジョンとお客さまへの思いやりを忘れない姿勢が、同店の人気の秘訣と言えそうです。

 前盛さんの優しさあふれる手づくり料理と、心を込めたサービスが自慢の『ごはんや うらら』で、至福のひと時を過ごしてみませんか?

店舗名 ごはんや うらら
住所 沖縄県那覇市牧志3-10-3 山城ビル3F
電話番号 090-2519-1763
アクセス ゆいレール牧志駅から徒歩3分
営業時間 18:00~23:00
定休日 火曜日、水曜日、第3日曜日
ホームページ https://tabelog.com/osaka/A2701/A270305/27059115/
SNS
店舗詳細はこちら