キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【北海道・札幌】食材にこだわったカルボナーラとトマトのパスタが絶品!『せたカフェキッチンぷらす』

 国道12号線・札幌江別通のほど近く、地下鉄東西線南郷18丁目駅から徒歩7分のところに、2013年6月から地域に愛されているカフェがあります。『せたカフェキッチンぷらす』です。食への安心感をモットーに、化学調味料不使用、産地の厳選、作った工程が把握できる手作りにこだわった優しい料理が自慢です。今回はオーナーの杉山さんにお話を伺ってきました。

世田谷にオープンしたから『せたカフェキッチン』

 同店は、2007年4月に東京の世田谷で『せたカフェキッチン』としてオープンしたのが前身です。杉山さんが大学在学中、カフェをオープンしたいと願い続けていたところ、ちょうど世田谷に空き物件が見つかったため、24歳の時に勢いでオープンしたのがきっかけだったそうです。店名もそのまま、“世田谷のカフェで料理も提供するキッチンだから『せたカフェキッチン』”なのだとか。
 元々関東にお住まいだった杉山さんご夫婦は、東日本大震災を機に、食への安全について考えるようになりました。「太平洋で獲れる魚介や、関東で採れる野菜は安全ではないかもしれない。北か、南か、どこか遠くへ行かなくては。」と考えるようになり、杉山さんご夫婦は北海道に移住することを決意。しばらく会社勤めをして開業資金を貯めた後、現在の場所に『せたカフェキッチンぷらす』をオープンしたのです。

できるところはDIYで!図面も引いてピッタリのサイズ感

 世田谷時代は、ピンクや薄紫の奥様好みの可愛い店舗だったという同店。今回のリニューアルで、可愛らしいポップさは残しつつも、落ち着いた色調のお店に生まれ変わりました。内装は杉山さんたちで図面を引き、インフラ周り以外はDIYで作り上げ、家具は業者さんがサービスで作ってくれたのだそう。席数は20席ほど。駐車場は4台分ありますが、すぐいっぱいになってしまうため、「なるべくお友達は相乗りで来ていただけるとありがたいです!」とお願いしています。

今も進化を続ける『せたカフェキッチンぷらす』

 今まで営業してきて嬉しかったことは「世田谷時代のお客様が、北海道旅行の際にお店に来てくれたことです。」と杉山さん。店名を変えない理由も、かつてのお客様が分かりやすいようにするためなのだとか。以前は和食や定食をメインに提供していましたが、現在は洋食がメインとなっているので、世田谷時代にお店にきていたお客様は驚かれるそうですよ。
 現在も進化を続け、昨年のリニューアルを機にハンドメイドの委託販売も開始しました。ボックス貸しの場所代のみで、売り上げマージンはナシ。作家さんによっては飛ぶように売れるのだとか。ハンドメイド雑貨を目当てに来店する方も多く、良い風が吹いているようです。

食材を厳選したパスタが看板メニュー

 同店の看板メニューは“カルボナーラ”です。北海道産純生クリームとイタリアの最高級のグラナ・パダーノチーズ、北海道産“平飼い卵”を使用した絶品のカルボナーラです。グラナ・パダーノというチーズはパルミジャーノ・レッジャーノに似た粉状になるチーズで、塩気がマイルドで優しい味わいが特徴。“平飼い卵”は近年注目を集めている農場で生産された卵で、のびのびと飼育したニワトリの健康な卵なのです。同店のこだわりがつまった一皿です。

 杉山さんの一押しはトマトソースのパスタ“ポモドーロ”。これはイタリアのオーガニックのトマトを使用し、既製品の調味料を一切使用しないこだわりのトマトソースです。「まずはトマトソースを味わってみてください。トマトソースが美味しいお店に間違いはありません。」と、杉山さんは太鼓判を押しています。
 常連さんのお決まりは“前菜の盛り合わせ”。サラダ、スペインオムレツ、ポテトサラダなど、6種類入ってワンコインで食べられます。ランチはアラカルトが豊富に用意されており、ディナーはお酒の進むメニューが充実しています。ランチもディナーも、道産食材をたっぷり使用した美味しいメニューが目白押しです。

ケータリングも受け付けています!

 ランチやディナー、カフェ、時にはお気に入りの雑貨と出会える場として人気の同店ですが、ケータリングサービスも行っています。いつものランチやディナーメニューを詰めたお弁当のほかにも、オーダーメイドのお弁当も受け付けています。前日までにメールで予約をすることでオーダーすることができるそうですよ。詳しくはHPをご確認ください。

 「お店の雰囲気が好き、料理をしているところが見られて楽しい、そんなふうに思ってもらえると嬉しいです。お店として叶えたい夢は、沢山あるんですよ。たとえばテントを張るとか…とにかく、お客様が“楽しい”と感じられるようなお店をつくっていきたいですね。」と、杉山さんは楽しそうに語ってくれました。美味しい料理と楽しいお店作りが魅力の『せたカフェキッチンぷらす』。明るい笑顔の中で食事を楽しみたい方はぜひ足を運んでみてください。

店舗名 せたカフェキッチンぷらす 
住所 北海道札幌市白石区本通17丁目南5-36 三晃ハイツ 1F 
電話番号 011-861-5070 
アクセス 地下鉄東西線 南郷18丁目駅から徒歩7分
営業時間 ★毎月のカレンダーはHP記載
定休日 ★毎月のカレンダーはHP記載
ホームページ http://setacafekitchen.web.fc2.com/index.html