キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【沖縄・那覇】『kuma cafe』にはいろんなところに“くま”がいる♪ 探しででも行きたい隠れ家カフェ

 美栄橋の近くにある席数10席ほどの小さなカフェ『kuma cafe』。2008年の7月にオープンし、2018年に10周年を迎えました。
 今回はオーナーの森さんにお店のこだわりや魅力についてお話をうかがいました。

カフェを開くために大阪から移住

 もともと大阪の飲食店で働いていた森さん。沖縄で小さなお店をやりたくて、大阪から移住をしたそうです。
 「沖縄に来て空き店舗を探して半年。なかなかいい物件が見つからなかったんですが、知り合いからここがテナント募集しているのを教えてもらって、一度見てすぐに気に入りました。特に窓に惚れました。」

 国際通りから少し離れた、隠れ家のような場所。十貫瀬と呼ばれ、今なお古い建物が残っているエリアの一角です。

絵画のようにベアブリックを飾りたい

 店名の由来は、沖縄の方言の“くま(ここ・こっち)”と、Be@rbrick(ベアブリック)のくまを合わせてつけられたそう。店内にはオーナーが趣味で集めたというBE@RBRICK(ベアブリック)がたくさん飾られています。その数300体以上!どんなデザインのものがあるのか、眺めているだけで楽しくなります。

 「ベアブリックを絵画を飾るような感覚で飾りたかったんです。定期的にディスプレイを変えているんですが、好きな人じゃないと気づかないかもしれません(笑)。」

 外観、内観ともに好きな色である白と青を基調とし、店の前を通ったときに目を引くように1点だけ赤を入れるのがこだわりだそう。いまはテラス席の椅子に赤を使っています。

 開店した当初、沖縄にはほとんどカフェがなく、沖縄の人にとってのカフェの認識が自分と違っていて驚いたそうです。
 「カフェというと、メインはコーヒーなどのドリンクという頭でしたが、沖縄の人はドリンクを注文せず、フードだけを注文するんです。“おしゃれな食堂”という感覚。今はカフェの数も増えてだいぶ浸透しましたが、最初は驚きました。」

ホットコーヒーはポット、アイスコーヒーはボトルで提供

 オリジナルの珈琲(500円)は濃いめなのが特徴。2種類の豆をブレンドし、しっかりとした珈琲の風味を感じられます。ポットで提供され、たっぷり2杯分入っています。

 アイスコーヒー(500円)はボトルで提供されます。珍しいですね! 
 これには森さんのこだわりがありました。
 「最初からコーヒーと氷が入っていると、最後の方が水っぽくなってしまい、おいしくないですよね。自分がほかの店に行ったときに、それが嫌だと感じたので、自分が店をやるときはコーヒーと氷の入ったグラスを別に出して、最後までおいしく飲んでほしいと思ったんです。アイスティーは茶葉から淹れているので無理ですが、ジュースなど、別出しが可能なものはすべてそうしています。」
 自家製のケーキ(450円)は、タルトやムースケーキなど、日替わりで2~3種類置いてあります。来るたびに違うケーキが味わえるのはうれしいですね。

那覇では珍しいモーニングも

 ランチは、平日は2種類。メイン(肉or魚)に小鉢が3品。さらにサラダ、ご飯、味噌汁、ドリンク付きで980円。日曜日ランチプレートはドリンク付きで950円。キッシュプレート(1,000円)があります。ほかにも、オムライスやミックスサンドイッチなど、一日を通して食べられるメニューもあります。

 また、朝遅い沖縄には珍しくモーニングメニューがあります。ドリンクを注文したら、なんとトーストが無料!そこにお好みで玉子やサラダを付けることもできます。ラストオーダーもあるとのことなので、ご利用のさいは早めの時間の来店をおすすめします。

 お客さまの年齢層は幅広く、学生さんから70代ぐらいの方まで。野菜がたくさん食べられる平日のランチは年配の方に人気があるそうです。
 「ありがたいことに、リピーターの方が多いです。他県の方で、旅行のたびに必ず寄ってくださる方もいるんです。」

隠れ家カフェで素敵なひとときを

 同店は、2016年に「第19回 那覇の景観賞」にて屋外広告物部門を受賞。この賞は、市内において優れた都市景観の形成に大きく寄与している建築物、工作物、屋外広告物などを表彰するものです。
 「たくさんの建物や看板ある中から選んでいただけて嬉しいです。人通りが少ない場所なので、人目を引くようにと考えました。今では道行く人が写真を撮っていくことも多いです。」
 10年の積み重ねによって、徐々にお客さまが増え、最近ではオープン前から行列ができることも。今後は多店舗展開を目指したいそうです。

 「夢はありますが、でもまずは目の前のことから。たくさんの方に来ていただき、このカフェの良さを感じてほしいですね。」

 那覇に訪れたさいは、とってもキュートな『kuma cafe』で、カフェタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗名 kuma cafe
住所 沖縄県那覇市牧志2-21-1
電話番号 098-862-3395
アクセス ゆいレール美栄橋駅から徒歩5分
営業時間 平日 8:00〜18:00 日曜日 12:00〜18:00
定休日 水曜日、第2・第4木曜日
ホームページ http://www.kuma-cafe.com/