【北海道・札幌】自家焙煎コーヒーと本のカフェ『LUKEA! coffee』で時間を忘れて“本に没頭する幸せ”を知る

 みなさんは最近、どんな本を読みましたか?普段からあまり本を読まない方や読書が趣味という方にもお勧めのお店が、札幌市南区にある『LUKEA! coffee』です。こちらは、2016年にオープンして以来、道内外から多くのお客様が訪れる人気のカフェです。店内に置かれた沢山の本は、どれも手に取って読みたくなるような興味深いものばかり。また、提供しているコーヒーやケーキは“自家製”にこだわっています。時の流れを忘れて本に没頭することの幸福感を教えてくれる同店で、みなさんもゆったり過ごしてみませんか?

豊富な本に出会えるカフェ

 藻岩山や豊平川に囲まれた自然豊かな札幌市南区で、2016年4月にオープンした人気のカフェが『LUKEA! coffee』です。店名のLUKEA(ルケア)とは、フィンランド語で“読む”という意味。もともと書店で10年ほど働いていた経験のある中井さんがオーナーを務めています。中井オーナーは“本を読む人を増やしたい”と、初めはカフェを併設した書店を思い描いていたそうです。しかし、本の販売には人手も労力もかかるため飲食に集中し、お客様が自由に本を手にとって見られる現在のカフェのスタイルにしたといいます。
 「売り上げに関係なく、フラットな気持ちでお勧めの本を置けますし、良かったです。カフェなら、本が好きな方だけでなく普段はあまり読書をしない方も来店しやすいですよね。この店をきっかけに本を読む方が増えてくれれば嬉しいです。」と中井オーナーは話します。

北欧風の店内には立派な本棚!

 店名もフィンランド語なだけあって、店内も“北欧”を感じる、爽やかで優しい雰囲気の空間が広がっています。中井オーナーが現地へ出向いて買い付けてきた食器や雑貨も、北欧ならではのデザインで可愛らしい印象です。店内で目を引くのは、やはり本棚!小説・エッセイ・ビジネス書・雑誌に絵本まで…多種多様な本が壁一面に並べられています。これらの本はどれでも自由に閲覧してOKです。気になったものは是非時間を忘れて、読破してみてくださいね。

直焙煎の新鮮なコーヒーを提供

 “コーヒーを飲みながら、ゆっくり本を読める店”がコンセプトの同店。コーヒーにも相当なこだわりがあります。コーヒー豆は、全て“自家焙煎”です。さらに、焙煎して10日以内のものしか提供しないのが、お店のルールです。
 「実はコーヒーって生鮮食品なんですよ。新鮮な方が美味しいので、必ず焙煎して間もない豆を使用しています。」

 オリジナルブレンドやスペシャリティーコーヒーなど、豆の特徴に合わせて深煎りや中煎りに仕上げています。中でも、中井オーナーのおすすめは“エチオピア・イルガチェフェ”とのこと。オーナーご自身も“コレを飲んでコーヒーの概念が変わった”と話すこのコーヒーは、フレッシュな爽やかさと甘さが際立ち、コーヒーが苦手な方でも飲みやすい味わいです。店内でドリップしたコーヒーをいただけるほか、豆の購入もできますよ。

“ここでしか食べられない味を”

 お店では、コーヒーと相性抜群のケーキも食べられます。ガトーショコラやチーズケーキなど、スイーツはどれも中井オーナーの手作りです。出来合いのものを仕入れるよりも手間はかかりますが、“ここでしか食べられない味”を楽しんで欲しいと、手作りを守っているそうです。

今の自分にぴったりな本を探しに…

 本のソムリエこと“ヨムリエ”として地域の講座で講師を務めている中井オーナーは、本の選び方やお勧めの本の相談にも乗ってくださいます。
 「その人のその時の状況によって“必要な本”は様々。少しお話しさせていただいた中で、コレはどうかなと思う本をお勧めしています。やっぱり、ご紹介した本が気に入ってもらえた時や、普段読まない方が興味を持ってくださった時はとても嬉しいですね。」

 今後は、本屋さんとコラボレーションした取り組みも考えているそうです。お客様の中からは“本の販売もして欲しい”といった要望もあるのだとか。これからの『LUKEA! coffee』から益々目が離せませんね。

 北欧の風を感じるお洒落な店内で、新鮮なコーヒーを片手にゆっくりと読書を楽しめる同店。みなさんも、本の世界でつかの間の“非日常”を感じに訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 LUKEA! coffee
住所 〒005-0032 北海道札幌市南区南32条西10-4-3 サンスプリング 1F
電話番号 011-839-2390
アクセス 地下鉄南北線・澄川駅から車で8分
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日(加えて不定休あり)
URL https://www.facebook.com/lukea.coffee/