キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・中野】海鮮のおいしさがきらりと光る!『なかの中華!Sai』の広東料理は何度でも食べたくなる味♪

 香港や広州、福建など主に中国南部の暖かい地域で食べられている、四大中華料理の一つ”広東料理”。鶏肉や魚、野菜など、幅広い食材を使っているのが特徴で、料理の種類はさまざまです。素材を活かした味付けが多く、日本でも親しまれています。
 今回ご紹介するのは、そんな広東料理が楽しめる中華料理屋『なかの中華!Sai』。産地から取り寄せている魚を使った海鮮料理を自慢としています。2013年に中野でオープンして以来、地域の方から愛され続けている人気店です。
 中華料理人の宮田さん夫婦が営む同店。今回は奥さまにお話を伺ってきました。

中華料理に魅了されてはや20年

 夫婦そろって関西出身の宮田さんは、料理を始めてもう20年ほどになります。当時は関西に中華料理屋があまりなく、専門にやっている人も少なかったそう。その現状を見て周りと違うことがやりたい思いと、中華料理のダイナミックさに魅力を感じたことから、中華料理人を志しました。
 卒業後はそれぞれ働いていましたが、ご主人さまがお店を辞めるタイミングで「せっかくの機会だから独立して一緒にお店をやろう!」と、『なかの中華Sai』をオープン。自宅に近い今の場所で始めることにしました。駅から少し離れた場所で周りは住宅街ということもあり、開店当初は立地に多少の不安もあったそうです。
 しかし、思いの外近隣の方々が多く訪れ、店内は毎日お客さまで賑わっています。「正直立地は賭けでした。けれどおかげで今のお客さまと出会えたので、ここでお店を開いて良かったと思っています。」と笑顔で話してくれました。

まるでカフェのようなおしゃれなデザイン

 中華料理屋というと、赤や金色の少し派手なイメージがある方も多いのではないでしょうか。同店はそんなイメージを覆し、あえて中華料理屋らしくないデザインにしています。
 あたたかみのある赤レンガの壁にモノトーンの看板がおしゃれな外観は、まるでカフェのような雰囲気。扉に続く道は隠れ家レストランみたいでワクワクしますね。中華料理屋だということをつい忘れてしまいそうです。

 店内は白や茶色など落ち着いた色合いで統一されており、静かで清潔感のある空間となっています。各テーブルに置いてある赤いクッションがアクセントになっていて素敵ですね。女性やおひとりさま、初めての方でも居心地良く過ごすことができます。

本当においしいと思える料理を提供するために

 宮田さんが特にこだわっているのが、海鮮。長崎の五島列島にある魚屋から仕入れており、鮮度や品質にはとてもこだわっています。きんきやカサゴ、エビやカニ、アワビなどさまざま扱っている中でも、特に多いのがアカハタやクエなどハタ科の魚。現地でも食べられるもので、とても脂がのっています。
 サイズは、7~8kgもある大きなものから数名で食べられるほどの小さなものまでさまざまです。大きい魚の場合、採れたてだと旨味がまわりきっていないこともあるため、少し寝かせたものを提供しているのだとか。お客さまに一番おいしい状態で食べてもらうためにぬかりはありません。

魚の旨味が存分に味わえる絶品料理の数々

 おすすめはもちろん海鮮料理。特に、本来のおいしさを最大限に活かした魚の姿蒸しは絶品です。しっかり蒸すことで身がふっくらし、旨味が凝縮されます。魚との相性を考えて作られたタレに、たっぷり浸して食べるのがおすすめですよ。
 熟成魚の刺身を豪快に乗せたサラダも人気の一品。そのままでも十分おいしい魚をゆっくり熟成することで、旨味がぐんと増してさらにおいしくなります。普段はすすんで野菜を食べない方でも、つい注文したくなってしまう贅沢なサラダです。

 ランチでは自家製の辣油を使った担々麺が大人気。さまざまな唐辛子を入れることで風味が豊かになり、ピリッとした辛さが食欲をそそります。そしてポイントは本場・四川から仕入れた山椒。日本のものとは痺れや香りが別格なので、その違いを是非体感してみてください。
 もちろん海鮮だけではなく、肉や野菜を使った料理も用意しています。どれも一手間かかったおいしいものばかりで、お客さまに喜んでほしいという宮田さんの愛情がたっぷり感じられますよ。

迷った時にはご相談ください!

 「今いるお客さまを大切にして、長く愛されるお店にしていきたいですね。今後も末永く営業を続けていけたらと思います。
 注文に迷った時には相談してもらえたら嬉しいです。予算や量などできるだけお客さまの要望にあわせて、その日のおすすめをご提案させていただきます。きっと気に入っていただけると思うので、是非お任せください!」
 こだわりの食材を使った料理と、お客さまに寄り添ったサービスを提供している『なかの中華!Sai』。食べる機会も多い広東料理ですが、想像の上をいくおいしさにきっと驚きますよ。お近くにお住まいの方はもちろん、遠方からでも十分に訪れる価値があるので一度足を運んでみてください。

店舗名 なかの中華!Sai
住所 東京都中野区野方1-6-1 カサフェリス 1F
電話番号 03-6454-0925
アクセス JR中央線中野駅北口から徒歩12分
営業時間 【火~金】11:30~14:00 (無くなり次第終了)、18:00~22:00(L.O.21:30)【土】12:00~14:00(無くなり次第終了)、18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 日曜日、月曜日(祝日の場合も休業)
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13159163/