キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・押上】ご近所さんも旅人も集まれ!お肉とクラフトビールがおいしい『emishi』は人の縁をつなげるホステル居酒屋♪

 押上駅から徒歩5分のところにあるホステル『O3 inn Tokyo(オースリーイントーキョー)』。その1階にある『emishi』は、近江牛のステーキをはじめとする一品料理や日本酒、個性豊かなクラフトビールが味わえるお店です。
 店内は、老若男女を問わずのびのびと過ごせる空間。組み木をあしらった美しい壁、インテリアショップのように広々としたイベントスペースなど、和と洋が混在した世界観も魅力です。巧みな技が光る食と空間で、訪れる人に感動を運ぶ同店。その魅力を、代表の丁(てい)さんに教えていただきました。

世界中の観光客が訪れるホステル付き居酒屋

 ホステル付き居酒屋『emishi』は、2017年10月、東京スカイツリーをのぞむ押上の住宅街にオープンしました。こちらの建物は居抜きではなく、一から設計して作ったため、丁さんやオーナーの思い入れも深いのだとか。
 「外国には飲食店付きのホステルが多いけど、日本には少ないのでやってみようと思ったんです。押上は成田空港にも羽田空港にも近いので、集客面も期待できるんじゃないかな、と思ってここに決めました。」
 ちなみにホステルとは、2段ベッドが並ぶ相部屋(ドミトリー)が基本となる宿泊施設。共用スペースがあり、宿泊者同士が交流をもてるという楽しみもあります。

奥ゆかしい和とポップな洋が織りなす世界観

 建物の設計から着手したため、オープンまでの苦労は並大抵ではなかったといいます。しかし、のどかな下町に真新しいホステル付き居酒屋ができると、もの珍しさも手伝い、近所の方々はとても喜んでくれたそうです。
 店内に入ると、小料理店のような奥ゆかしいカウンターが迎えてくれます。ひとりでゆっくりと食事を楽しむ時間や、大切な人と語らう旅の夜にぴったりですね。

 壁には、欄間を思わせる美しい組み木が。なんと、こちらにはクラフトビールのタップが設置されています。和の繊細な文様とビールの意外なコラボレーションに、つい見入ってしまいます。こちらの壁は、海外のお客様の記念撮影ポイントとしても喜ばれているそうですよ。

 奥に進むと、雰囲気は一変!ポップで明るい、インテリアショップのような空間が現れます。月1回のペースでおこなうイベントの際に、こちらのスペースを利用しているのだとか。もちろん、パーティーでの貸し切り利用も大歓迎です。
 「わけのわからない世界観にしたくて、あえて和と洋をミックスしています。アーティストの作品を展示する一方で、黒電話を置いたり(笑)。日本の方も海外の方も、いるだけでわくわくするような空間を目指しました。」

近江牛の柔らかな赤身ととろける脂を堪能しよう


▲近江牛エミシ風ユッケ(1,200円)

 それでは、『emishi』の自慢の逸品をご紹介しましょう。真っ先に味わってほしいのが、日本三大和牛のひとつ・近江牛を使った料理。お肉やお酒は、ご実家が焼肉店かつ、お酒が大好きなオーナーが厳選したものです。
 近江牛のステーキやユッケは、低温調理にこだわり、旨味を閉じ込めながら火を通しています。口に運べばたちまち、きめ細かい肉質ととろける脂の虜に。新鮮だからこそ楽しめる、力強い味わいを堪能してくださいね。


▲こだわり肉豆腐(600円)

 もうひとつのおすすめが、煮込み料理です。ダシを取るところから丁寧に作った肉豆腐は、お酒の肴に最高の逸品。薄切りの近江牛と、煮汁をたっぷり吸った豆腐が口の中でホロホロとほぐれます。
 そろそろ〆の一品を…というときには、“エミシ風TKG”で決まりです。卵だけでは終わらず、チャンジャ、牛ロース肉、ネギ、海苔がたっぷり。いつもの卵かけご飯をご馳走感覚で楽しめますよ。


▲エミシ風TKG(680円)

知れば知るほど楽しくなるクラフトビールの世界

 『emishi』での時間を楽しみ尽くすなら、クラフトビールは欠かせないアイテムです。その時々で変わる銘柄が常時5種類用意されているので、いろいろな料理とのペアリングを試してみましょう。
 「クラフトビールは個人経営の醸造所で作っているから、一般のビールとは違う個性的な味になるんです。夏はシークワーサーとかパインとか、フルーツの入ったビールがあるので女性にもファンが多いですね。新しいタップの仕入れはお店のSNSでお知らせするので、気になるビールが入ったらぜひ味をチェックしに来てくださいね。」
 同店のクラフトビールは、“分かる人には分かる”ものばかり。一般のビールに比べてメジャーではないぶん奥深く、ハマりだすと本当におもしろいのだとか。「人生の楽しみが増えますよ!」と丁さんは生き生きと語ってくださいました。

 日本酒は全国の蔵元から選りすぐりの銘柄を仕入れており、常時7~10種類ほどが揃います。通向けの銘柄が多いので、ラベルを写真におさめていく方も多いのだとか。自家製のレモンサワーや梅サワーも気になりますね。
 そして注目すべきは、スペインの高級ボトルビール“イネディット”。こちらは、現地の有名レストランのシェフが、“セレブをおもてなしするビールを”との想いで開発したものです。そのコンセプト通り、ワインのように優雅な佇まいのボトルが印象的。シャンパングラスに注ぎ、香りを十分に楽しんでからいただくのが上手なたしなみ方です。

言葉の壁を越えて酌み交わせる憩いの空間


▲2階のホステル『O3 inn Tokyo』

 同店の2階は、8名限定のホステル『O3 inn Tokyo』となっています。しかし『emishi』に訪れるお客様は、ホステルの宿泊客だけではありません。住宅街ということもあり、家族連れから単身者まで、幅広いお客様が顔を見せてくれるのだとか。土日には、スカイツリー観光帰りの人々で賑わうそうですよ。
 

 「来るたびに変わるクラフトビールと、日本三大和牛の近江牛が楽しめるのが強みです!スカイツリーに遊びにいらしたときは、ぜひ当店に寄っていってくださいね。」と笑顔の丁さん。

 年齢、性別、国籍を問わず、手間ひまかけた料理とこだわりのお酒でもてなしてくれる『emishi』。舌の上にもたらされる感動と、あたたかい人の縁が生まれる同店で、旅の疲れをゆっくりと癒してくださいね。

店舗名 emishi
住所 東京都墨田区押上3-25-17 Lohビル1F
電話番号 03-6883-4266
アクセス 東京メトロ半蔵門線押上駅(B3出口)から徒歩5分
営業時間 【月~金】18:00〜24:00(LO.23:30) 【土】17:00〜24:00 【日】17:00〜22:00
定休日 不定休
ホームページ https://www.o3inn.com/