キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・代官山】無添加にとことんこだわったおむすびや甘味を提供する和食カフェ『OMUSUBI CAFE』

 今回ご紹介するのは、東横線・代官山駅より徒歩6分の好立地に2017年12月にオープンした和食カフェ『OMUSUBI CAFE』です。こちらは、和食の世界で豊富な経験を積んできた店主の矢澤さんによって提供される、体にも心にも優しい和食料理の数々がいただけるカフェです。
 今回は、矢澤さんが“和食カフェ”を出店したきっかけやお店に込めたこだわりなどを伺ってきました!

日本人の体と心に合った、故郷の料理

 長年、和食料理人として腕をふるってきた矢澤さんは、“いつか独立して自分のお店を持つ”という夢を持つように。国産で無添加の食材にこだわった無添加素材を扱う和食カフェ『OMUSUBI CAFE』を出店されました。無添加素材を扱うことにこだわったのには、ある嬉しい出来事がきっかけだったといいます。それは、矢澤さんのご家庭にお子さまが生まれたこと。“ちいさな子どもにも、安心して食べさせられるような、からだに優しい料理を提供したい”と考えるようになったそうです。そうして、ご自身の和食の腕と、安心安全の無添加素材をかけあわせ、大人も子どもも手軽に食べられるおむすびを提供する和食カフェとしてお店をオープンすることになりました。
 そんな家族想いの矢澤さんが営業する同店のコンセプトは“故郷”。木目調があたたかい印象を与えてくれる店内は、上品でありながらも居心地の良い雰囲気です。素朴な味わいだからこそ感じられる、素材本来の旨味や匂いが楽しめます。
 

昔懐かしい雰囲気の中で頂く本格派おむすび


▲おむすび(150~250円)

 こちらは『OMUSUBI CAFE』の看板メニュー“おむすび”。南部鉄器の釜で炊かれたお米をふんわりと握ったこだわりの逸品です。中の具は塩、鮭、たらこ、豚の味噌漬けなど14種類ほどあります。おむすびをはじめ、殆どのメニューはテイクアウトも可能です。
 「当店のおむすびは、沢山あって選ぶのが難しいかもしれません(笑)。ご飯の旨味が最大限引き立つように、米を研ぐ時に使用する水や炊く際の水にもこだわっているんですよ。ほどけるような優しい食感が人気の秘訣で、“ふっくらしていて美味しい”、“食べるたびに旨味が広がる”と好評の声も沢山いただいています。」

こだわりの素材を使ったメニューの数々


▲一汁三菜せっと(1,200円)

 看板メニューのおむすびに加え、“一汁三菜せっと”もこだわりの素材を使った和惣菜とみそ汁が楽しめる人気メニューです。
「定食メニューにもこだわっていて一汁三菜せっとは、味はもちろんのこと栄養バランスもしっかり考えているので、健康的で一石二鳥なんですよ。そうそう、最近ではカリサクっとした食感がウリの“丸揚げ味噌おむすび”も始めました。こだわりのフライヤーを使い、サクッとジューシーかつ、ヘルシーに仕上げた一品です。また、甘味では、甘さ控えめの“白玉田舎汁粉”もおすすめですよ。あらゆるところに“和”が感じられるようなこんだてが揃っていますよ。」
 北海道産の大納言小豆を使用した優しい甘さのお汁粉は、+200円(一部メニューは+300円)で飲み物が付けられるとのこと。

▲丸揚げ味噌おむすび(200円)


▲白玉田舎汁粉(650円)

 

これからも“和の心”を大切に

 矢澤さんの“和”に対するこだわりが強く伝わる同店のメニュー。最後に、今後のお店のビジョンを伺いました。
 「お店を成長させながら、より多くの人におむすびをはじめとした和食の素晴らしさを伝えていきたいと考えていきたいですね。この地域には添加素材を使った料理が楽しめるお店はなかなかないと思うんです。だから、当店を“唯一無二の健康的な和食カフェ”として認知度をあげていきたいと思っています。安心安全の大切さを皆様に伝えていけたらなと思いますね。」
 長年和食料理の世界で腕を磨いてきた矢澤さんがにぎるおむすびが食べられる和食カフェ『OMUSUBI CAFE』。皆さんも是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗名 OMUSUBI CAFE
住所 東京都渋谷区猿楽町3-7 ヘーベルSTAY代官山1F
電話番号 03-6321-0168
アクセス 東急東横線代官山駅より徒歩6分
営業時間 11:00~21:00(L.O 20:00)
定休日 火曜日
ホームページ http://omusubi-cafe.jp/
店舗詳細はこちら