【愛知・名古屋】本格インド・ネパール料理をリーズナブルに!『Sun Light』でご褒美ランチやパーティーを楽しもう♪

 2015年12月、地下鉄鶴舞線・大須観音駅のそばにオープンした『Sun Light』。ネパール出身のオーナーが腕をふるう、インド・ネパールレストランです。

 注目すべき、ランチセットは750円から、ディナーセットは2,000円以下というコストパフォーマンス。本場ネパールのスパイスを使ったカレーや一品料理など、お財布を気にせずに満腹になれるメニューがいっぱいです。
 日本人のみならず、近所に住むインドやネパールの方々にも愛される同店の魅力に迫りました。

ふるさとの両親と居酒屋が教えてくれた、飲食店の楽しさ

 取材にご協力いただいたのは、オーナーのマガルさん。学生のころに留学で日本にやってきた、ネパール出身の男性です。

 「ネパールの実家で、両親が飲食店をやっているんです。小さいころから、忙しく働く父や母の背中を見て育ちました。大変そうだけど、ふたりとも毎日すごく生き生きしていて。お店をやるって楽しいことなんだなぁ、と思っていました。」

 マガルさんにとって転機となったのは、日本ではじめた居酒屋のアルバイトでした。
 お客さまに「おいしかったよ!」と感謝されたり、「また来るね!」と喜ばれたり…。そんな日々の中でご両親を思い出し、いつしか“自分でお店を切り盛りしてみたい”と思うようになったそうです。

 月日は流れて2015年、マガルさんは念願のインド・ネパールレストランをオープン。祖国の味で、たくさんの日本人のお客さまを笑顔にしたい。その一心で、お店づくりに情熱を注いできました。

大須観音駅からすぐ!アクセス抜群のおしゃれなレストラン

 駅や観光スポットが近いこと。そして、アジアの方が多く住む街であるにも関わらず、本場の味を再現しているお店がないこと。それが、こちらに出店した理由だといいます。

 お客さまには、学生やOLなど、若い女性が多いそう。でもターゲットは絞っておらず、どんな方でも大歓迎!老若男女を問わず、気軽に足を運んでほしいとマガルさんは話します。

 『Sun Light』の魅力のひとつは、アジア料理店の入りにくいイメージを一新する空間です。
 店内は広々としていて、カフェのように明るく開放的。デートでも利用できそうですね。

 色とりどりの糸で編まれたタペストリー、荘厳な山脈や遺跡の写真など、店内にはネパールならではの品々が飾られています。
 料理を待ちながら、異国情緒に浸るのも楽しいですね。

 お店は大須観音駅のすぐ近くにあり、通いやすさも抜群です。うっかり飲みすぎてしまっても、駅はすぐそこ。呑んべえさんも安心ですね。
 お祭りやフリーマーケットが開かれる大須観音からも近いので、観光帰りにふらりと立ち寄ることもできますよ。

名古屋ならではのナンも!?本格料理をお手頃価格で

 同店では、オーナーが手がける本場のインド・ネパール料理を、リーズナブルに楽しむことができます。
 おすすめメニューをうかがうと、しばらく考え込むマガルさん。そして、「どれもおすすめだから、選べないですね!」と笑顔で答えてくださいました。

 ちなみに一番人気は、旨味たっぷりの“バターチキンカレー”(880円)。クリーミーで濃厚な味わいは、ナンともライスとも相性抜群です。

 カレーの種類は、野菜、マトン、ひよこ豆、シーフードなど20種類近くあります。アピールポイントは、本場ネパールのスパイスを使っていること。たくさんあるスパイスの中から、『Sun Light』のカレーに合わせて厳選しているのだとか。

 ちょっと耳慣れない“アルゴビカレー”(780円)は、じゃがいも(アル)とカリフラワー(ゴビ)を使った北インドのドライカレー。ぜひ試してみてください。

 プレーンも含めて9種類の味から選べるナンは、ふっくら厚みがあってパリパリ、もちもち。どんなカレーの味も引き立てる名脇役です。

 珍しい “キーマポテトナン”(460円)には、ひき肉と、マッシュされたじゃがいもが入っています。いつものプレーンナンから離れて、ちょっと冒険してみましょう。

 食後のお楽しみは、粒あんたっぷりのあんこナン(420円)!
 あんこが大好きな名古屋市民が待ち望んだ、とっておきのデザートナンです。


▲ドリンクメニュー

 一品料理は、生春巻きやモモ(ネパール風餃子)などの軽いおつまみ、タンドール料理、揚げ物など、目移りしてしまうラインナップです。

 迷ったときには、セットメニューがおすすめ。タンドリーチキンとシークカバブ(つくねに近い串焼き料理)がメインの“タンドリーセット”(1,680円)、生春巻きやチキンティッカがつく“レディースセット”(1,480円)など、6種類から選べます。2名用のペアセット(3,580円)は、ディナーデートにぴったりですよ。


▲ランチメニュー

 「どのメニューも、前は今より少し安かったんです。でも味に妥協はしたくないと思って、食材の原価を上げてでもこだわっていくことにしました。」

 お店には、近くに住むインドやネパールの方も訪れます。常連さんの笑顔があふれる『Sun Light』は、今や地域の憩いのレストラン。これからもその名にふさわしく、大須の街を明るく照らしてくれることでしょう。

お客さまを大切に、まっすぐにお店を続けていきたい

 2019年11月、『Sun Light』はオープン4周年を迎えます。お店の今後について、マガルさんはどうお考えなのでしょうか?

 返ってきた答えは、“このままが一番”。店舗展開に手を広げることも、奇をてらったメニューを作ることもせず、まっすぐな気持ちでお店を続けていくつもりなのだとか。
 これからも、お店を通して祖国の味を紹介し、たくさんの人に「おいしい!」と笑顔になってもらいたいのだといいます。

 最後に、お店に訪れるお客さまへ、メッセージをいただきました。

 「たくさんあるレストランの中から私のお店を選んでくれて、ありがとうございます。ここまでお店を続けてこられたのは、足を運んでくれる皆さんのおかげですよ。これからも引きつづき、よろしくお願いしますね!」

 ネパール人オーナーのふるさとの味を、リーズナブルに楽しめる『Sun Light』。名古屋でスパイシーな料理が食べたくなったときは、同店を思い出してくださいね。

店舗情報

店名 Sun Light
住所 愛知県名古屋市中区大須2-23-34 大須ゲートビル2F
電話番号 052-232-1137
アクセス 名古屋市営地下鉄鶴舞線大須観音駅(2番出口)から徒歩1分
営業時間 ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:00~22:00
定休日 無休
URL https://tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23058454/