【北海道・札幌】ワンランク上の味にきっと驚く!就労支援事業所『たい焼・たこ焼ホープ』

 地下鉄東西線琴似駅から徒歩10分のところに『たい焼・たこ焼ホープ』があります。同店は、就労支援事業所として障がい者に働く場を提供しています。それだけではなく、たい焼きやたこ焼きにもしっかりとこだわった本格的な味が楽しめるお店です。今回は、店長の小野さんにお話を伺いました。

様々な支援活動

 『たい焼・たこ焼ホープ』を運営している生活相談サポートセンターは、NPO法人として障がい者や社会的に弱い立場の方、悩みを抱えている方のために支援活動を行っています。例えば、困っている方からの相談を受ける相談サポートや、同店のような就労支援事業所の運営、ひきこもりがちな方のための集いの開催やアフリカ太鼓を使ったドラムサークルなど、その活動は多岐にわたります。

充実感を持てるような仕事を

 障がいのある方でも地域社会の力になることができる仕事を提供したい、地域の人々とのふれあいを通してやりがいや充実感を体感できる場所を作りたいという同法人の考えのもと、たい焼やたこ焼の販売店として同店が開かれました。

0からのスタート

 オープンのきっかけは、当時スタッフの中にたい焼きの製造・販売経験を持つ方がいて、導入のノウハウがあったことから。小野さんが参加したころにはお店の味やオペレーションなどしっかりとした基盤ができあがっていたそうです。しかし、より良いものを提供しようとすると奥が深く、とても難しいもの。技術の鍛錬や研究が必要となってきます。製造・販売経験があっても0からのスタートだったので、どこにオープンするのか、たい焼きやたこ焼きに使う生地・具材は何にするか、どう調理するのが適切なのか、どのような職場環境が理想的なのか…など考えることはとても多かったそうです。

生地や具材に徹底的にこだわった自慢の味

 そんな同店のたい焼きはあんことクリームの2種類があります。試行錯誤したうえに、出来あがった自慢のたい焼きの餡には、北海道産の粒あんを使用されており、甘さは控えめになっています。外がカリッと中はもちっとしているので、食感を楽しむことができます。頭からしっぽまで中身がつまっているのも嬉しいポイントです。

 たこ焼きは大阪風に作っており、とろとろの柔らかい生地が人気です。特に大阪出身のお客様にはとても喜んでもらえるそうです。中にはプリプリのたこがしっかりと入っているので食べごたえも抜群。生地や具材にしっかりとこだわり、多少コストがかかってもも質の良いものを厳選しています。実際に食べてくれたお客様からは、他のお店と比べてもここが一番おいしいとのお声をいただけることが多いそうですよ。

社会参画することが目的

 『たい焼・たこ焼ホープ』は障がい者就労支援事業所が運営するお店として、障がいをお持ちの方の社会参画が一番の目的です。どのようにしたら技術が上達するのか、お客様に喜んでもらえるのかを考えながら働くことで、仕事をする喜びや楽しさを感じてもらおうとしています。しかしただ営業していても、お店としての一定の評価が無ければ仕事のそれも充分には感じられないのではないかと同店は考え、良い食材を使っておいしいたい焼きやたこ焼の提供をしています。利益を得るためにコストをかけているわけではないことが、一般企業とは違うところですね。

小物の販売や自転車のリサイクル販売も

 店内の一角では、犬用のクッキーやオリジナルのアクセサリーなど手工芸品の販売も行っています。
 他にも、中古自転車のリサイクル販売店も運営しています。2017年には年間1,100台以上販売し、取り組みの素晴らしさや高品質が認められて、マスコミに取り上げられたこともあるそうですよ。
 「中古の自転車をリサイクルしたとは思えない品質の良さで、新しい自転車市場を創造していますね。」と賞賛の言葉をもらったと言います。
 また、同店ならではの特別キャンペーンとして、自転車を1台買うとたい焼き1枚プレゼントしてくれるとのこと。甘いものが好きで自転車の購入をお考えの方は同時に楽しめるチャンスです。是非チェックしてみてください。

差別や偏見のない世の中へ

 「温かい人間関係を札幌市内に広げていき、差別や偏見のない世の中にしていきたいと思っています。それに少しでも貢献できるように今後も力強く、きめ細やかな支援活動を続けていきます。」と、小野さんは語ってくれました。いずれは飲食店を開くことも考えられているそうなので、今後の展開も楽しみですね。
 過剰な広告を出すことなく、お客様の口コミで知名度が広がってきているという同店。小腹が空いた時やおやつには、ぜひ同店のたい焼きやたこ焼きを召し上がってみてください。想像以上のおいしさと明るく元気な店内の雰囲気に、元気をもらえますよ。
 そして現在、同店では毎週水曜日にポイントが2倍、毎週金曜日にたこ焼きが1個増量のサービスを行っているそうなので、是非この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 たい焼・たこ焼ホープ
住所 北海道札幌市西区山の手4条1丁目1-25
電話番号 070-5610-2499
アクセス 地下鉄東西線琴似駅から徒歩10分
営業時間 11:00~17:30
定休日 月・日・祝
URL http://www.seikatusoudan.or.jp/taitakohope/index.html