【北海道・札幌】笑い声の響く和やかな場所『フランス酒場Teuf(トゥフ)』でフレンチを“つまみ”に乾杯!

 気取らないフレンチを肴においしいお酒がいただける、大人のためのディープな隠れ家が札幌市に誕生しました。それが2018年にオープンした『フランス酒場Teuf(トゥフ)』です。
 「食べるのも作るのも大好き!」と話すオーナーの阪本さんは狸小路の人気店で腕を磨いた実力派の料理人です。笑い声の響く居心地のいい同店で過ごす、とっておきの時間の楽しみ方をご紹介します!

人気店で修行した実力派オーナー

 地下鉄・すすきの駅から徒歩5分、東本願寺駅から徒歩4分ほどで見えてくるレトロな雰囲気の建物・ススキノ会館。個性的な飲食店が集うこのビルの2階にあるのが『フランス酒場Teuf』です。
 こちらは、料理人でもある阪本オーナーが2018年6月に開店したフランス料理のいただける居酒屋です。もともと食べるのも料理をするのも好きだった阪本オーナーは、専門学校を卒業後、飲食の道へと進みました。さまざまなお店で修業する中で、転機となったのは狸小路にある人気店『オステリア クロッキオ』との出会いだったそう。この厨房でシェフの片腕として約4年間腕をふるってきた経験が、現在のスタイルを作り上げる原型となっています。

 「クロッキオはイタリアンでしたが、もともと好きだったフレンチの要素にも挑戦させてもらったのが今に繋がっています。フランス料理と聞くと敷居が高く感じてしまいますが、当店ではお酒に合わせて“つまめる”フレンチを提供しています。」と阪本オーナーは微笑みます。

お酒に合う!カジュアルフレンチ

 阪本オーナーの手がけるフレンチは、決して気取ったものではなく、お酒と相性がいいものばかり。フランス南西部で親しまれている腸詰肉や羊肉などと白インゲン豆を煮込んだ“カスレ”や、自家製の生地にチーズが玉ねぎなどを乗せて焼き上げるピザのような“タルトフランベ”をはじめ、フランスの郷土料理を提供しています。
 お肉料理も好評で、テリーヌやムースといった前菜から、豚肉やラム肉のローストのボリューム満点のメイン料理まで充実しています。さらに、ガトーショコラやキャラメルチーズケーキのデザートもあり、女性客を中心に厚い支持を受けています。

 メニューは、その美味しさはさることながら良心的な値段もうれしいポイントです。もっとも安い自家製パンは200円、一番リッチなラム肩ロースや鴨肉のローストでも1,800円とリーズナブルな価格設定です。パンも含め全てが手作りでクオリティが高く、どれも値段以上の満足感を得られますよ。

気軽に飲める“価格”にも注目

 ドリンクメニューも手頃なお値段です。ワインボトルは3,000〜4,000円がほとんどで、中には通常サイズの750mlよりも大きい1,000mlサイズのボトルもあるそうです。グラスは、その日のおすすめの赤・白・シャンパンを一杯550円でいただけます。ワインのほかにも、ビールやシードル、カクテル、日本酒など豊富なラインナップです。

居心地のいい空気感が魅力

 同店のもう一つの魅力が、阪本オーナーとお客さまの織り成す和やかな雰囲気です。カウンター席がメインの店内では、お一人で来店したお客さま同士が会話を楽しむ様子も見られます。料理もサービスも全てをこなす阪本オーナーを気づかって、ワインセラーまでご自身で足を運んでボトルを選ぶ常連さんもいらっしゃるのだとか。
 「優しいお客さまに恵まれて日々嬉しく感じています。お一人の方も多いので、前菜の盛り合わせやハーフサイズなど…できる限りでその方に合わせた提供を心がけていますね。」
 深夜2時半までと遅くまでの営業も苦ではないそうで、同業の方がお店を閉めてから来店してくれるため、当分はこの営業時間を貫きたいとしています。今後は、末長く愛される店として続けて行くことを目標としているそうですよ。

 皆さんも、お酒と相性抜群の本格フレンチがいただける『フランス酒場Teuf』へ足を運んでみてくださいね。ゆったりした空間と絶品の料理、コスパのいいお酒で、とっておきの時間が過ごせますよ!

店舗情報

店名 フランス酒場Teuf(トゥフ)
住所 〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西4丁目 ススキノ会館2F
電話番号 011-596-0576
アクセス すすきの駅から徒歩5分、東本願寺駅から徒歩4分
営業時間 18:00〜翌2:30 【日曜日】18:00〜0:00
定休日 不定休
URL https://teuf.business.site