【北海道・札幌】大通りの狸小路1丁目にある隠れ家、本場のアジアン料理を楽しめる『Resort Restaurant Asian Village』にいってきた

札幌大通りにある、狸小路1丁目のサンクスと山岡家さん間のL字街を進み、米風亭アマノさんが入っている建物の2階にある『Resort Restaurant Asian Village(アジアン・ヴィレッジ』。アジアンな雰囲気を味わいながら、現地仕込みの本格料理を堪能できるお店です。

お店のこだわり

従業員の皆さんは、マレーシア、バリ島、ロンボク島など、実際にアジア各国を訪れ、料理などの研修を積んできました。現地で食したさまざまなローカル料理の中で、特に美味しいと思った味に近付けられるように試作を重ね、お店のメニューに。日本人の口に合った、本格的なアジア料理を堪能できます。

アジアン・ヴィレッジ

店内は、現地で見てきたリゾートの風景をそのまま再現するようにこだわったんだそう。

アジアン・ヴィレッジ

テーブルや椅子など、ほとんどがオーナーの手作りです。置かれているアジアンな小物は現地で購入し集めました。中でも目立つのが、バリのリゾート感を再現したというカウンターのやぐら。こちらも、バナナの木の葉を刈り長さを調整した手作りなんだそうです。一気にリゾート気分になりますね。オレンジ色の温かい明かりや、ほのかに揺れるろうそくの火が、ゆっくりと寛げる空間を創りだします。

アジアン・ヴィレッジ

大人気メニュー『ラクサ』

中でも人気なのが、マレーシアやシンガポールで見られる一般的な麺料理の一つである「ラクサ」。日本で言う、ラーメンに札幌ラーメンや佐野ラーメンなどさまざまな味があるように、ラクサもそれぞれの地域ごとで違う味を楽しめるのだそう。

アジアン・ヴィレッジでは、その中でもマレーシアと中華を合わせたような「ニョニャ料理」というカテゴリーのラクサがいただけます。そしてなんと、ニョニャラクサを提供しているのは札幌でここだけ!ココナッツベースでピリ辛な風味がやみつきになる絶品スープに、フォーに使われるライスヌードルを使い現地の味を再現したそうです。最後にご飯を入れておじや風にしてもまた美味しいんだとか。飲んだ後の〆にもいいですね♪
お客様から「現地のものよりもおいしい!」という声もいただいた、自信を持ってオススメできる一品です。

アジアン・ヴィレッジ

もう一つのオススメは空芯菜炒め

茎の部分が空洞になっていることから名前がついた「空芯菜」という野菜。特製のタレでサッと炒めて、シャキシャキとした食感が楽しめます。こちらのメニューは、ビールとの相性が抜群!ついついお酒が進みます。

アジアン・ヴィレッジでは、ビールの種類も豊富に取り揃えています。アジアのビールを中心に、常時40種類ほど用意しているそう。世界のさまざまな国のビールを飲み比べるのも楽しみの一つですね!

アジアン・ヴィレッジ

一度食べたら忘れられない味

アジアン・ヴィレッジ

「一度食べたらはまっちゃいますよ。いえ、絶対にはめてみせます!」と、笑顔で取材を受けてくれた、ホールスタッフの中西さん。

実は「アジアン・ヴィレッジ」の姉妹店、「アメリカン・ヴィレッジ」という今度はアメリカ中心の料理を楽しめる系列店も狸小路8丁目にて営業中!こちらには歩いて10分ほどで行ける距離なので、アジアからアメリカへと、札幌にいながら旅行気分が味わえちゃいますね。

「次はヨーロッパヴィレッジをやってみたい!」「昭和風の『江戸ヴィレッジ』もいいな♪」と、次々と素敵なアイデアが飛び出します。今後の展開がとても楽しみですね!

アジアン・ヴィレッジ

本格アジア料理にハマること間違いなしのアジアン・ヴィレッジで、リゾート気分を味わいながら美味しいお料理とお酒を堪能してみてはいかがでしょうか。
ノーチャージなので、おひとり様でもお気軽にどうぞ!。

店舗情報

店名 Resort Restaurant Asian Village
住所 北海道札幌市中央区南2条西1丁目6-1第3広和ビル2F
電話番号 011-522-9699
アクセス 札幌市電狸小路駅から305m
営業時間 月~日・祝日・祝前日17:00~翌1:00(料理L.O.翌0:00 ドリンクL.O.翌0:30)※営業時間外の貸切等もお気軽にご相談下さい!
定休日 不定休
URL https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1054920/